2010年11月19日

日大三が初優勝!

第41回明治神宮野球大会は日大三が鹿児島実をに勝って初優勝しました。
東京地区が優勝したのは帝京以来15年ぶりになりますね。
来春のセンバツの東京地区の枠が一つ増えたので国学院久我山が2校目になるのかな。
しかしこれで関東地区に恩恵がくるような(笑)。
3校選出はないんですよね。
全体的には中国、四国が揉めそうな感じもします。

北信越地区代表の金沢は残念ながら初戦で東北に敗退。
でも釜田投手は光ってたのかな。
文理も含めて打線強化でしょうか。

◇決勝
鹿児島実 000 010 000=1 (鹿)野田、砂田−黒木
日大三高 100 300 00X=4 (日)吉永−鈴木


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年11月19日

大垣日大が初優勝!明治神宮大会

大垣日大が東海大相模を雨中の熱戦の末、逆転で下し初優勝!
岐阜県勢の優勝は02年の中京以来、7年ぶり2度目。

双方共に本塁打が出てましたね。
雨の中の乱戦でしたが最後まで諦めず粘りの勝利でした。
決勝点はボークだったようですね(^^;

これにより東海地区は来春の選抜大会で1増となる「神宮枠」を獲得。

▽決勝
大垣日大 010 030 141=10 (大)葛西、阿知羅−時本
東海相模 006 000 300= 9 (相)江川、一二三−染谷
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年12月21日

鵡川戦

遅ばせながら明治神宮大会での映像を少し見れました。

伊藤投手は甘い所をボコスカ打たれてましたね。
鵡川打線振りが鋭い!
それでもいいコースの球は空振とったりしてましたので安心っと(笑)。

守りでは序盤の2塁→1塁エラーは暴投じゃなくて普通の送球を後ろに逸らして…(^^;
それから不運な内野安打も続いたりして失点を重ねてました。
リズムに乗れずに残念な場面だったなー。

投手を含めた守りの向上が課題と監督談。
あとは正攻法ばかりじゃない野球も見に付けて欲しいなー。
でも少しずつレベルアップしてる感じはするので面白いですけどね(笑)。

それにしても鵡川の森選手はホームランで巨体を揺らして全力疾走!
いいです(笑)。
最終回だったかフライを落としてハニかんでましたがムードメーカーっぽいのかな。
面白いチームだ。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年11月19日

慶応が初優勝!明治神宮大会

第39回明治神宮野球大会高校の部は慶応が8−6で天理を下し初優勝しました!
人工芝はバウンドや打球の速さが違うので慣れてない高校生は難しいようです。
ココシミュにも球場の特徴があったら面白そうでしたね(笑)。

今年の大会は前評判の高かった2校同士の決勝になりました。
最終日に白村投手が登板しましたがさすがに層が厚い…。
これで神宮枠は関東に行きました。
ということはあの高校がくるのかな?(^^;

どこからでも点が取れる天理打線。
1年生左腕の沼田投手も中京大中京戦で好投。
田渕、中山投手と3枚擁して勝ち上がる巧さはさすがに揉まれてます。

この2校と引けを取らないと思われる西条。
天理戦ではリードしていただけに継投の失敗が残念。
それでも四国王者の実力はみせたと思います。

光星学院はプロ注目の下沖投手がいるので攻撃力アップが課題か。
下沖投手はちょっと見てみたいですね。

県大会4位ながら中国大会を制した倉敷工も何かありそうですね。
西条戦は抑えられましたが選抜では楽しみです。

国士舘は終盤追い上げましたが序盤の乱調が響きました。
中京大中京は主戦が出なかったが残念。どうしたんだろ…。
清峰も今村投手が打ち込まれちゃいましたが実力十分。

鵡川のバントをしない攻撃(笑)。
西藤、石井投手と140キロ超えがいるので面白そうです。

文理は鵡川との初戦でしたが先手を取ったものの伊藤投手が打ち込まれてKO。
守備面含めてやはり上に行くと弱い部分が露骨に出ちゃいますね。
それでも打線のほうはいい感じ。
打線の核でもあった3番の高橋選手が怪我で出なかったですが、期待が持てます。
全国レベルで勝つにはまだまだレベルアップが必要と思うので、
一冬越して成長してほしいですね。

▽決勝
慶  応 310 020 020=8 (慶)明、瀧本、白村−植田
天  理 022 001 100=6 (天)沼田、田渕、中山−大西

▽準決勝
西  条 000 300 000 000=3 (西)秋山、徳永、秋山−森
天  理 001 000 002 001=4 (天)中山、沼田、田渕−大西

鵡  川 000 000 000=0 (鵡)西藤、柳田、石井−岩谷
慶  応 011 030 10X=6 (慶)瀧本−植田

▽2回戦
天  理    001 710 0=9 (天)沼田−大西
中京大中京 001 000 0=1 (中)山田、宗雲−柴田

西  条 000 051 006=12 (西)秋山、徳永、秋山−森
清  峰 050 001 002= 8 (清)今村、中野、戸邉−川本

鵡  川 320 010 000=6 (鵡)西藤、石井−岩谷、森
国士舘 000 000 102=3 (国)荷川取、高野、菅谷−原島

光星学院 001 000 010=2 (光)下沖−荒井
慶応義塾 022 000 00X=4 (慶)明−植田

▽1回戦
倉敷工 000 000 000=0 (倉工)山崎−頼
西  条 010 000 01X=2 (西条)秋山−森

日本文理 030 000 201= 6 (文)伊藤、本間−若林
鵡  川  052 301 00X=11 (鵡)西藤、石井−岩谷

http://www.student-baseball.or.jp/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年11月15日

常葉菊川が秋の日本一

第38回明治神宮野球大会高校の部は常葉菊川が5−4で横浜を降して初優勝。

横浜も最後3ランで追い上げましたが後一歩及ばず…。
この借りはセンバツでって感じでしょうか(笑)。
それにしても常葉菊川は新チームも強いな。

人工芝でなかなか不慣れだったと思いますが4強は完成度高そうですね。
戸狩、土屋選手はじめ注目の左腕が多そうで楽しみです♪

これで今季の日程は全て終了。
後は来年になります。

▽決勝
横浜高校 010 000 003=4 (横)土屋−小田
常葉菊川 001 100 03X=5 (菊)戸狩−石川

http://www.student-baseball.or.jp/index.html
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年11月13日

関東&東海枠+

明治神宮野球大会はは東北を下した横浜と明徳を下した菊川が決勝進出。

東北惜しかったなー。
若生監督の時とは違った東北は楽しみ。
別に前が嫌いだったわけじゃないけど(笑)。

これで神宮枠は関東と東海に決定!
関東は水戸商、経大付で決まるかな。
東海は難しそうだ(笑)。
常葉橘で静岡2校か市岐阜商か三重…。
宇治山田商のほうを評価するかどうか…。

http://www.student-baseball.or.jp/index.html
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年11月11日

横浜、快勝スタート

第38回明治神宮野球大会、高校の部が開幕。

第1試合の長野日大は逆転負け。
リードしてただけに終盤残念だったなー。
でも課題は見えたと思うので春はやってくれると期待♪

明豊は序盤から打線爆発(^^;
19安打14得点で快勝。
下関商は持ち前の粘り強さは発揮できず…。

横浜も関東一に圧勝。
やっぱり強いな…横浜野球炸裂か(笑)。
招待試合で見た選手も多いので想像しやすいです。
関東一は東京大会で見せた打線が振るわず残念…。
打撃戦期待してたのに(^^;

▽1回戦
長野日大 200 010 020=5 (長)上村−石川
東北高校 100 011 05X=8 (東)萩野−関口

明豊高校 313 500 02=14 (明)今宮、野口、今宮−阿部
下関商業 001 010 40= 6 (下)島田、濱崎、亀永−岡田

▽2回戦
横浜高校 201 650 0=14 (横)土屋、近江−小田
関東第一 010 001 0= 2 (関)松本、大木、押久保−中村

http://www.student-baseball.or.jp/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年11月18日

明治神宮大会、高知が初優勝!

雨で一日延びて開催された第37回明治神宮野球大会。
決勝は打撃に勝る高知が報徳学園を10−5で振り切り初優勝。
國尾、森田と2人の好投手を揃えた高知。
この試合は近田投手は投げませんでしたが報徳相手に10得点。
特に主軸の山本選手は準決勝3ラン、決勝2ランと強烈なインパクト。
前評判の高かった報徳学園もしっかり決勝まで上がって来るところはさすがでした。
これで明治神宮枠は四国へ。
室戸、徳島商が有力ですが、地域性、地力がありそうなのは徳島商か。
でも準決勝の内容が悪いのでどうかな…。
県大会でも、四国大会でも高知にしか負けていない室戸の初選出がくるかどうか。

初戦の好カード、報徳学園と仙台育英は意外に大差がつきましたね。
プロ注目の佐藤由投手ですがこの日は147`をマーク。
配球やコントロールミス、調子でも悪かったのでしょうか...
記事には立ち上がりの悪さが課題とありましたが…。
それでも打ち込む報徳打線は恐ろしい。(^^;

日本文理は千葉経大付との対戦でしたが残念ながら初戦負け。
やはり全国の壁は厚いですね。
特に俊足好打のリードオフマン松本選手には3安打3打点。(T_T)

打撃面、4番の樋口は1打席で交代?したのは怪我でもしてるんでしょうか…。
よく分かりませんが、かなりマイナスになったと思うので残念。
でも全体的に経大付の丸投手相手に8安打とまずまず良かったんじゃないかなー。

投手面ではエース栗山が8回3失点9奪三振。
ただ四球6個とやはり制球力が悪かったみたい。
スライダーは全国でも通用すると思うので課題の制球力に磨きをかければいけるかな?
前澤は制球力は良いほうなのですが1回で4被安打四球2個と厳しい内容。
ちょっと心配です。一年生が台頭してくるかどうか…。

甘いかもしれませんが出場できただけでも大きな事、少しずつ少しずつ。(笑)
色々収穫があった大会だと思うので今後に活かして欲しいです。

これで今年の高校野球も終了。
高校野球ファンには辛い時期ですが、しばらくお休みです。
選手たちが一冬越してどう変わってくるのか楽しみにしています。
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2005年11月16日

駒大苫小牧3冠...

駒苫3冠!
決勝戦は北海道大会でベンチを外されていた奥山選手が2本塁打と大活躍でした。

これで北海道枠が2になりますが旭川実が有力のようですね。
センバツに北海道勢が2校出場するのは03年(駒大苫小牧、旭川実=希望枠)以来。

関連リンク
http://www2.asahi.com/koshien/news/TKY200511160126.html
http://www2.asahi.com/koshien/data/TKY200510130287.html
http://www4.nikkan-kyusyu.com/hi/05aki/
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200511/bt2005111613.html
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/11/16/01.html
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(1)

2005年11月15日

明治神宮大会、駒大苫小牧が初優勝!

明治神宮大会は決勝戦が行われて駒大苫小牧が関西を下し初優勝しました。
1年で3つのタイトルを獲得したのは史上初。(゜o゜)
これで北海道枠が2つになります。

▽決勝
関   西   000 000 000=0 (関)ダース−小原
駒大苫小牧 011 000 30X=5 (駒)田中−小林

◇本塁打 奥山2(駒) ◇二塁打 安井(関)

駒大苫小牧の奥山選手がソロと3ランの2本の本塁打を放ち、
投げてはエースの田中投手が7安打11奪三振0失点で完封勝ち。
関西もエースのダース投手でしたが打線がなかなか繋がらず援護できなかったようです。
うーむ、応援してましたが残念...でも下田選手が今大会初ヒット♪
果たして駒苫の連勝記録がどこまでいくか...

関連リンク
http://www2.asahi.com/koshien/news/TKY200511150169.html
http://www2.asahi.com/koshien/news/TKY200511150363.html
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2005年11月14日

明治神宮大会、駒大苫小牧と関西が決勝へ...

明治神宮大会は準決勝が行われました。
寒いと思いますが選手はがんばっています♪

駒大苫小牧はまた失策で先制されたものの本間選手の本塁打で反撃。
7回に3点入れて逆転勝利ですね。
田中投手は5回2/3を13奪三振で無失点に抑えています。
敗れたものの早稲田実も楽しみなチームです♪

そしてもう一つの試合は履正社が満塁からスクイズで先制。
関西は8回に上田のソロで1点、山本直の3ランで一挙4点とって反撃を抑えて逆転勝利!
関西の中村投手は8安打9四死球ながら2失点に抑える粘りの投球で完投。
履正社の魚谷投手は7回まで6安打0点に抑えていただけに8回が悔やまれます。
しかし打線は他校の脅威になるでしょう。

▽準決勝
早稲田実   200 100 000=3 (早)斎藤−白川
駒大苫小牧 000 002 30X=5 (駒)岡田、田中−小林

◇本塁打 本間(駒) ◇二塁打 奥山、本間、鷲谷(以上駒) 白川、小柳(以上早)

▽準決勝
関 西  000 000 040=4 (関)中村−小原
履正社 100 000 001=2 (履)魚谷−土井

◇本塁打 上田、山本直(以上関) 土井(履) ◇二塁打 安井(関) 内野(履)

http://www.nikkansports.com/ns/baseball/amateur/f-bb-tp5-051114-0021.html

続きを読む
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2005年11月13日

明治神宮大会が開幕!

第36回明治神宮野球大会が開幕しました。

■12日

▽1回戦
清   峰   000 200 000=2 (清)有迫、富尾−田辺
駒大苫小牧 110 110 20X=6 (駒)田中−小林

◇本塁打 田中、中澤(駒) ◇二塁打 本間2(駒)

成 田  001 002 100=4 (成)唐川、川村−古跡
履正社 002 120 21X=8 (履)魚谷−土井

◇二塁打 蛯子、土井、藤井(履)

▽2回戦
早稲田実 211 201 13=11 (早)斎藤−白川
岐阜城北 000 110 10= 3 (城)尾藤、山下−水川

◇三塁打 水川(岐) ◇二塁打 小澤(早) 太田(岐)

駒大苫小牧は田中投手が先発で13奪三振で完投です。
本塁打も2本飛び出してすごい。

履正社はやはり打線が強力なのでしょうか。
共に初出場同士でしたが履正社に軍配。

早稲田実は8回コールドで岐阜城北を下しています。
岐阜城北にとって悔しい敗戦に...

■13日

▽2回戦
関 西  010 002 100=4 (関)ダ−ス−小原
秋田商 000 000 101=2 (秋)佐藤、白旗−鳥井

◇三塁打 安井(関) ◇二塁打 東、ダース、熊代(関) 寺門(秋)

高 岡 商  300 000 000=3 (高)堀岡、細川−森井、清森
駒大苫小牧 100 100 02X=4 (駒)菊地、岡田、田中−小林

◇三塁打 中澤(駒) ◇二塁打 本間(駒)井上、清森(高)

小松島 000 000 102=3 (小)安達、福島−栗田
履正社 120 010 21X=7 (履)北山、魚谷−土井

◇本塁打 今井(履) ◇三塁打 蛯子(履) 尾道(小) 
◇二塁打 小谷(履) 中村2、池内、栗田、安達、尾道(以上、小)

そして今日も3試合で全ての高校が出揃いましたね。
ダース投手は116球、7安打7奪三振で完投。
秋田商もなかなか良かったみたいですよ♪

高岡商は7回まで3-2とリードしていましたが残念…
駒大苫小牧は4番の本間選手が2打点。
夏も2年生ながら4番に座っていましたが秋も主軸として活躍してますね。

履正社は北山投手が12安打されながらも三振2つ、自責点2。
2番手の魚谷投手でしめて準決勝へ。
小松島は相手を上回る安打を放ちましたが残念ながら敗退。

http://www.student-baseball.or.jp/index.html
http://www4.nikkan-kyusyu.com/hi/05aki/index.html
http://www.sponichi.co.jp/baseball/highschool/2005/meiji-jingu/kumiawase.html

CS放送スカイ・Aで放送されています。

大会第3日の日程が変更になったようです。

【明治神宮野球場】
第1試合 早稲田実   対 駒大苫小牧
第2試合 九州産業大 対 愛知学院大
第3試合 法政大    対 東北福祉大

【明治神宮第二球場】
第1試合 履正社 対 関西
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。