2012年01月27日

春の選抜出場校

第84回選抜高校野球大会の出場32校が決まりました。
組み合わせ抽選は3月15日。大会は3月21日から12日間、阪神甲子園球場で開催されます。

北海道は北照。
東北は光星学院(青森)、花巻東(岩手)、聖光学院(福島)。
関東・東京は浦和学院(埼玉)、作新学院(栃木)、健大高崎(群馬)、高崎(同)、関東一(東京)、横浜(神奈川)。
北信越は敦賀気比(福井)、地球環境(長野)。
東海は愛工大名電(愛知)と三重。
近畿は智弁学園(奈良)、天理(同)、履正社(大阪)、大阪桐蔭、近江(滋賀)、鳥羽(京都)。
中国・四国は鳥取城北、倉敷商(岡山)、早鞆(山口)、鳴門(徳島)、高知。
九州は神村学園(鹿児島)、九州学院(熊本)、別府青山(大分)、宮崎西。

21世紀枠で女満別(北海道)、石巻工(宮城)、洲本(兵庫)の3校。


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2011年04月03日

東海大相模、センバツ優勝

第83回選抜高校野球大会は東海大相模が九州国際大付を破り、72回大会以来、11年ぶり2度目の優勝を飾りました。

東海大相模は圧倒的な打力でしたね。
昨夏の準優勝メンバーが残ってましたが、それにしても光ってました。
投手も今大会は継投したりと3人使ったんですね。
九国大付も迫力ある打線でしたが、決勝では三好投手を援護できず惜しくも準優勝。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2011年03月28日

文理、夏に向けて

文理は九国大付と対戦しましたが、2-4で準々決勝進出ならず。
まだダイジェスト動画しか見てませんが残念。。。
あとで詳しく見たいです。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2011年03月26日

佐渡の甲子園

センバツ大会、佐渡は智弁和歌山に挑みました。

鎌田投手が内角を上手く使ったピッチングで智弁打線を手こずらせた前半。
そして実力と経験を見せつけられた中盤以降。
1点差のまま終盤までいって8回裏に逆転が思い描いていた展開だったんですけどね。

何と言っても6回が悔やまれます。
この回から捉え始めた強い打球が出てきて、2アウトを取った後にランナーを出したのが何とも嫌な感じでしたね。
タイムでも取って一息ついて欲しかったなぁ。。。
そこから一気に畳み掛けた智弁の凄みの一端を垣間見たような気がしました。

ほぼ試合は決まってましたが、9回ノーアウト1、2塁の場面で、牽制で飛び出したのはもったいなかった。。。

本気で勝ちにいった深井監督と佐渡ナイン。
そしてアルプスの大応援団、島で応援してた人たち。。。
初めての甲子園は敗れはしましたが、肌で感じた経験は大きな財産となったことでしょう。

智弁和歌山・高嶋監督はこの勝利で甲子園通産60勝目。
posted by カミュ | Comment(5) | TrackBack(0)

2011年03月23日

センバツ開幕

第83回選抜高校野球大会が開幕しました。
いつもとは違う雰囲気の中での開会式でしたが、創志学園の野山主将が心を込めた力強い選手宣誓。
開幕試合は、日本文理が香川西に快勝でした。

試合中継はMBSでも見られるようです。
http://www.mbs.jp/senbatsu/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(1)

2011年01月28日

センバツ出場校決定!

第83回選抜高校野球大会の出場校が決まりました。

北海道地区は準々決勝、準決勝といずれも僅差のゲームをモノにしてきた北海。

東北地区はそれぞれ青森山田、仙台育英を下して決勝進出した東北と光星学院。

関東地区は神奈川2校に勝って優勝した浦和学院に準優勝の東海大相模、そして横浜、水城、前橋育英。
水城は昨夏も出場しましたが水戸商の元監督さんなんですよね。
前橋育英も初出場になります。

東京地区は神宮で優勝した日大三と国学院久我山。
3校目はなかったですね(^^;
日大三は投打共に充実し総合力が抜群です。

北信越地区は金沢と日本文理。
金沢の釜田投手は大会でも注目の投手になりそうです。

東海地区は甲子園の経験者も多い大垣日大と静清。
静清は昨年、静清工から校名変更しましたが野村投手が良さそうです。

近畿地区は大会では県1位校が初戦で敗退する波乱の展開でしたが結局、経験ある高校が上位に。
上位4校は御なじみでいずれも実力校です。
京都成章は98年以来の甲子園出場になりますね。
大阪桐蔭に勝利した加古川北は初出場です。

中国地区は関西と創志学園の岡山勢と力を付けてきてる総合技術。
関西はセンバツでも投げた左腕の堅田投手がいます。
創志学園は創部1年目での最速出場です。
総合技術は本郷工、尾道工らを統合して05年に開校した高校です。

四国地区は明徳義塾と香川西。
決勝は大差がついたので内容を考慮したと思いますが、寒川が初戦敗退だったのと高知に勝ったのが大きかったですかね。

九州地区は夏の甲子園を経験した選手が多い鹿児島実。
1年生が多い九国大付、興南を下した九州学院と長崎を制した波佐見です。

同一都道府県からの複数校は神奈川、東京、新潟、兵庫、岡山です。
新潟からは日本文理と佐渡が選ばれ悲願の2校同時出場♪
初めてセンバツに2校選出されました。

文理はこの冬に課題だった打撃を鍛えたみたいなので楽しみです。
是非とも上位進出、そして悲願の初優勝を!

佐渡の深井監督は21世紀枠で柏崎がセンバツに出場した時は柏崎の部長でした。
佐渡旋風巻き起こして欲しいなー。

第83回選抜高校野球大会出場校
【北海道】北海
【東  北】東北、光星学院
【関  東】浦和学院、東海大相模、横浜、水城、前橋育英
【東  京】日大三、国学院久我山
【北信越】金沢、日本文理
【東  海】大垣日大、静清
【近  畿】天理、履正社、智弁和歌山、報徳学園、京都成章、加古川北
【中  国】関西、創志学園、総合技術
【四  国】明徳義塾、香川西
【九  州】鹿児島実、九州国際大付、九州学院、波佐見
【21世紀枠】佐渡(新潟)、城南(徳島)、大館鳳鳴(秋田)
posted by カミュ | Comment(6) | TrackBack(0)

2010年04月03日

興南、日大三降し初優勝!

今年のセンバツは興南が延長12回に5点を奪って日大三を降し、春夏通じて初めての栄冠。
沖縄勢としては08年春の沖縄尚学以来3回目の優勝。

流れが行ったりきたりで面白かったですね(笑)。
やはり高校野球は守備の乱れや四球など精神的な部分が大きいな。

序盤は島袋投手にキレもなくて守備に乱れもあって一方的な試合になりそうな感じでしたが、
同点、逆転してから徐々に本来の投球を取り戻しましたね。
たたみかける攻撃も面白かったなー。

まぁしかし島袋投手は200球近く投げたんですね。
個人的はどうかと思いますが・・・
山崎投手も170球近くですか。
夏に向けて無理はしないで欲しいですね。

日大三は39年ぶりの春の全国制覇はなりませんでしたが持ち前の豪打を発揮。
山崎投手は打つほうでも凄かったですね。
チーム大会通算最多塁打も00年の智弁和歌山を抜いて大会新でした。

応援団賞の最優秀校には21世紀枠で初出場した川島。

第82回 選抜高校野球大会(決勝)
興南高 000 014 000 005=10 (興)島袋−山川
日大三 021 002 000 000= 5 (日)山崎、吉澤−鈴木
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2010年03月31日

センバツ4強決まる!

あっという間に準決勝、決勝ですね。
開星の野々村監督やめちゃったし(^^;

敦賀気比残念。。。
北照もいいチームだったんですけどね。

大垣日大はしっかり振れてるし強いな。
広陵の有原投手は球の質がいい感じがしますね。
4校共に実力があるしいいゲームになりそうだ。

追記・・・
大垣日大と広陵かと思ったのに見事な逆っぷりだった(笑)。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(1)

2010年03月21日

センバツ開幕!

北照・西田主将の選手宣誓ではじまった今年のセンバツ。
黄砂が凄かったですね(^^;

開幕戦の敦賀気比は序盤こそ難しい守備でしたが途中から対応でき逆転もあってのりましたね。
天理はミスの連鎖が響いたかな。
最終回1点返してなお満塁にしましたが・・・
ココシミュの精神力ですね(笑)。

花咲徳栄、日大三と前評判通り打線は良さそうだな。
関東勢は好スタートを切りましたね。

花咲徳栄といえば選抜でベスト8に導いた福本投手は母校のコーチをされてたんですね。
東洋大姫路のアン投手と投げあった試合はセンバツ球春譜の定番ですが(^^;
またこうやって甲子園にかえってくるのはいいですね。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(1)

2010年03月14日

球春到来〜第82回センバツ組み合わせ決まる

選抜の組み合わせが決まりましたね野球

北信越勢は敦賀気比が開幕ゲームで天理と高岡商が智弁。
何れも近畿勢とですね(笑)。

注目の3試合。
前橋工と宮崎工の工業対決。
宮崎工は大型左腕に機動力も持ち味。
前橋工は若い監督に粘りの野球。

東海大望洋と大阪桐蔭のもう一つの東海大。
東海大相模に注目がいくがこっちも2枚の本格派右腕をもついいチーム。
強豪大阪桐蔭との好ゲームを期待。

北照と秋田商の北国対決。
北海道と秋田は甲子園初対戦かな。
北照はバッテリーが投打の柱。
選抜の初戦に強い秋田商がどう攻略するか。

そういえば今季から変更されるカウントコール。
平塚球場では早速表示を「BSO」の順にスコアボードを改修したみたいですね。
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2010年01月30日

今年の選抜出場校決定!

あぁ、新潟高選ばれず・・・。
一度出ると全然違うんですけどね(笑)。
こうなったら県央工も文理に勝って夏出たので再現して欲しいですよ。
文理や明訓に勝ったということは何か起こせるはず!
分水もだけど(笑)。
そういう意味でも夏の前哨戦の春は注目かな。

今年のセンバツ出場校です。
21世紀枠は山形中央、川島、向陽。
山形中央は1年生左腕の横山投手が注目なのかな。
川島は少人数で初出場の四国大会でも8強が大きかったですね。
全国制覇の経験もある向陽は36年ぶり。

続いて一般枠。
北海道は北照が10年ぶり出場。
エースで4番の又野投手と主将の西田捕手中心のチームみたいです。
あと1勝で道勢甲子園春夏通算100勝。

東北はエース片岡を中心に接戦を制してきた秋田商。
4強の本荘、聖愛と競り合いましたが総合力で盛岡大付。
花巻東に続きたいですね(笑)。

関東は東海大相模、花咲徳栄、東海大望洋、前橋工の4校。
東海大望洋は初選出。
東京からは2校という事で桐蔭残念(^^;
優勝候補の一角帝京に日大三は8年ぶりか。

北信越は高岡商と復活してきた敦賀気比。
高岡商は打線も良さそうです。

東海は神宮優勝の大垣日大に夏春連覇がかかる中京大中京。
3校目の三重も夏春連続出場と実力校揃い。

近畿もレベルが高そうですね。
神戸国際大付はあの時のベスト4以来か。
天理、智弁は打力が評価されての選出。
智弁は西川選手がいますが昨年の国体では山本選手も光ってましたね。
楽しみです。

中国は好調の開星に左腕堅田投手中心に安定してる関西。
四国は愛媛、高知勢がやはり強いですね。
常連校の今治西、高知に残りは済美と争った広陵は総合力があるのかな。

九州は初出場校が多いです。
中学時代に全国制覇したバッテリーのいる嘉手納に島袋投手ようする興南の沖縄勢。
宮崎工はベスト4の壁を破って一気にきましたね(笑)。
近年安定した実力を発揮してた自由ケ丘。

■第82回選抜高校野球大会出場校一覧
▽北海道
北照(10年ぶり3回目)
▽東北
秋田商(4年ぶり6回目)、盛岡大付(7年ぶり2回目)
▽関東
東海大相模(4年ぶり8回目)、花咲徳栄(7年ぶり2回目)、
東海大望洋(初出場)、前橋工(15年ぶり4回目)
▽東京
帝京(3年ぶり14回目)、日大三(8年ぶり17回目)
▽北信越
高岡商(4年ぶり4回目)、敦賀気比(2年ぶり3回目)
▽東海
大垣日大(3年ぶり2回目)、中京大中京(3年連続30回目)、三重(15年ぶり10回目)
▽近畿
神戸国際大付(5年ぶり3回目)、大阪桐蔭(3年ぶり4回目)、立命館宇治(6年ぶり2回目)、
神港学園(4年ぶり5回目)、天理(3年連続20回目)、智弁和歌山(2年ぶり9回目)
▽中国
開星(2年連続2回目)、関西(3年ぶり10回目)、広陵(3年ぶり22回目)
▽四国
今治西(4年連続12回目)、高知(3年ぶり15回目)
▽九州
嘉手納(初出場)、宮崎工(初出場)、興南(2年連続4回目)、自由ヶ丘(初出場)
▽21世紀枠
山形中央(初出場)、川島(初出場)、向陽(36年ぶり15回目)
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2009年04月02日

清峰が初優勝!春の選抜高校野球

決勝は清峰・今村、花巻東・菊池と大会屈指の好投手同士になりましたね。
どちらが優勝しても初でしたが、紫紺の大旗が渡ったのは長崎県でした!

今村投手のペース配分を考えた投球とキレのあるスライダー。
バントも簡単にさせない投球術は抜けてたかな。
吉田監督曰く「3年前の厳しい経験が生きた」とのこと。
昨年の沖縄尚学に今年の花巻東もそうですが若い世代の監督さんが多く活躍されてますよね。

花巻東、残念でしたが準優勝はすごい!
ベスト4のうち東北勢2校が4強入りしたのは選抜大会では初。
ちなみに夏の甲子園大会は1989年に仙台育英と秋田経法大付(=現明桜)が4強入りしてます。
21世紀枠校のベスト4は、01年の宜野座以来で2度目でした。

清峰は2度目の出場(前回は準優勝)で初優勝。
おめでとうございます♪
そして応援団の最優秀賞は彦根東!

■第81回 選抜高校野球大会・決勝
清  峰 000 000 100=1 (清)今村−川本
花巻東 000 000 000=0 (花)菊池−千葉
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2009年03月30日

清峰戦の感想

文理は静かに初戦敗退。
一言で言えば完敗(笑)。
守備力の差がもろに出ちゃいましたね。
大舞台ではやはり弱点が出る・・・。

本来サードの中村主将が先発を外れ(結局出ましたが)切手選手がセカンドからサードへ。
セカンドには平野選手が入りました。
1点目は仕方ないにしろ2点目が響いたかなー。
やはり大井監督は途中で守備交代したのですが交代直後に中村主将も弾いて(記録は安打)
結局得点圏に進められてタイムリー。
采配も裏目な感じでした。

投手陣は伊藤投手が昨秋よりは安定感が増した感じ。
普通に全国でも勝てる投手だと思うんだけどなー。
夏に向けて更なるアップを期待。
本間投手は良かったですね。秋も良かったし一番成長してると思います。
松田投手は初登板かな?見たことありませんでしたが、
失点はしたものの崩れず大きな経験になったと思います。

打撃陣ですが前半ストレートや変化球を捉えてヒットは出るもののチャンスで一本でず・・・。
中盤以降は今村投手に楽に投げさせてしまいましたね。
力が上の相手に力勝負では敵うはずもなく揺さぶったりしてほしかったなー。
正攻法だけだとちと厳しい…。
毎年のことですがこれが文理野球というなら今後も変わらんでしょう。
まだまだ差は大きい・・・。

富山商も早実に破れ北信越勢は姿を消しました(T_T)。
さて選抜は8強が揃っていよいよ準々決勝。

花巻東の菊池投手の評判がいいので見ましたがすごい左腕。
この時期であの球威に制球力もあるので相手にとっては厳しい。
打線の援護があればもしかするといけるか!?
PLを下した南陽工・岩本投手との投手戦も面白そうですね♪

利府は習志野を9回サヨナラで下してベスト8強入り。
それにしても習志野のブラバンはさすがに迫力あったなー(笑)。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年03月21日

開幕!第81回センバツ大会

リニューアル後初の甲子園大会で沢山の観客でうまってましたね♪
今治西の高市廉主将の宣誓は聞きやすくて良かったです♪

球場は新しい銀傘にアルプス席もより近くなってた模様。
あと電光掲示板が何か四文字表示に変わってましたよね?
校名表記マニアもいたと思うんですけどいいのかな(笑)。

試合のほうは金光大阪と倉敷工の開幕戦からすごい試合に(笑)。
倉敷工・山崎投手の方が先に立ち直ったかに見えましたが、
金光は注目の陽川選手はじめ石井選手と全員よく打つ!
さすがに9回の3点は重いかと思いましたが脅威の粘りで最後はサヨナラ勝ち!
それにしても倉敷工の中山監督はバント好きだなー(笑)。

あとこの試合の中では微妙な判定がありました。
倉敷工9回セーフティスクイズの場面の判定ですが微妙ですよね…。(^^;
タッチした後に落としたという判断なんでしょうけど、
タッチしてる時点で落としてるような気もするしミットに入ってたかどうかも(お
それにしても関西といい劇場型多すぎる(笑)。

第2試合は中京大中京と神村学園。
第1試合がお腹一杯な試合だったのでサクサク進んで早かった(笑)。
神村・大畑選手の一発で同点にしましたがその裏、
中京大中京が小池投手を捉えて追加点を重ねました。
力のある2校同士締まったいい試合でした。

第3試合は光星学院と今治西。
光星学院の先発は下沖投手ではなく左腕・六埜投手。
いやーコントロールにキレと見事な投球でした。
4回2/3を投げたところで下沖投手に交代。
最後はサヨナラで今治西が勝利したのですが、さすがに試合巧者です。
中継プレーの大切さが出た試合でした。
初戦敗退したものの下沖投手やっぱり好投手でしたね。
正直もうちょっと見たかったですが夏に期待します♪

さて明日は清峰戦。
晴れたらチャットで観戦予定♪
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2009年03月13日

金光大阪×倉敷工で開幕!第81回選抜高校野球大会

今日はセンバツの抽選会。
初戦から好カードが多い印象♪
開会式の選手宣誓は今治西の高市廉主将。
あんまり注目されない試合のほうが面白いゲームも多いですよね。
まー結局どれ見ても外れはないんですけど(笑)。

北信越代表の富山商は興南。
秋は主戦村上投手の制球力と粘りの投球で守りの野球でした。
打線は横山君がひっぱると思いますが頑張ってほしいです♪

21世紀枠の3校は大分上野丘が箕島、彦根東が習志野、利府が掛川西との対戦に。
甲子園球場も内野がかなり高くて広くなった感じですね。
外野の席も座りやすくなってるようで嬉しい(笑)。

文理は清峰と大会2日目の第2試合に決定。
現阪神の横山投手の時に初対戦しました。
相手は優勝も狙える強豪ですが夏の県央工のような熱い試合を是非♪
明治神宮大会では怪我で出られなかった主軸の高橋君や主将の中村君が復帰。
切り込み隊長切手君をはじめ打線はいいと思うので頑張ってほしいですね。

伊藤投手も一冬越えて成長してるようです。
今年は東京遠征で日大三や岩倉との練習試合。
練習試合とはいえ勝つのは感慨一入(笑)。
http://www.sport-nippo.com/news/details.php?t=baseball&k=5287

ちなみに対長崎勢の過去の対戦成績・・・(汗)
第50回 新潟商 1−10 海星
第76回 中 越 2−3 長崎北陽台
第84回 日本文理 1−8 海星
第78回 日本文理 0−4 清峰 *センバツ
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2009年01月23日

第81回選抜出場校決まる!

32校きまりましたね♪
北海道は鵡川、東北は決勝の2校ではなく県大会優勝の花巻東。初出場ですね。
関東は習志野が33年ぶり、東京はやはり早実がきた(笑)。
北信越、東海ときて近畿の最後は兵庫県大会優勝の報徳。
箕島も久しぶりに出場です。
中国は倉敷工業が33年ぶりで3校目は春初出場になる開星。
四国は愛媛勢2校に九州もすんなり4校で決まり。
21世紀枠は宮城の利府が壁を破って初出場。
近畿から初選出の彦根東。やっときましたね♪
そして明豊や神村と競った大分上野丘が60年ぶりに出場です。

また北信越地区第一補欠校に新潟商が選ばれました。
村上桜ヶ丘は残念でしたが夏に繋げて欲しいです♪

▽選抜出場32校
北海道 鵡川
東  北 光星学院(青森)、花巻東(岩手)
関  東 慶応(神奈川)、習志野(千葉)、高崎商(群馬)、前橋商(群馬)、下妻二(茨城)
東  京 国士舘、早稲田実
北信越 日本文理(新潟)、富山商(富山)
東  海 中京大中京(愛知)、掛川西(静岡)
近  畿 天理(奈良)、PL学園(大阪)、福知山成美(京都)、金光大阪(大阪)
      箕島(和歌山)、報徳学園(兵庫)
中  国 倉敷工(岡山)南陽工(山口)、開星(島根)
四  国 西条(愛媛)、今治西(愛媛)
九  州 清峰(長崎)、神村学園(鹿児島)、興南(沖縄)、明豊(大分)
21世紀 利府(宮城)、彦根東(滋賀)、大分上野丘(大分)
posted by カミュ | Comment(5) | TrackBack(1)

2008年04月05日

沖縄尚学が2度目の春優勝!

センバツ大会は沖縄尚学が聖望学園を9-0で破り、9年ぶり2回目の優勝。
沖縄勢としての優勝も2回目。

点差開きましたね。(^^;
15安打9得点ですか…。
朝日の予想は見事的中だったか(笑)

大塚投手の球は中々打ち崩せないかと思いましたが2回で交代でしたか。
初の連投ということでキレもなかったのでしょうか…。
残念ながら初優勝は逃しましたが夏も楽しみなチームだと思います。

優勝した沖縄尚学は初戦から難敵揃い。
四国、近畿王者等を下して気がつけば決勝へ行ってた印象でした(笑)。
下馬評も高かったですがまさか優勝するとは思わなかった…。
沖縄尚学おめでとうございます!
東浜投手を中心とした堅守。決勝完封も前回記念大会以来かー。
沖縄強いですね。
どこが出てきてもいつも平常心で戦ってる感じがします。

比嘉監督は9年前には選手としても優勝したので覚えてる人も多いんじゃないでしょうか。
今大会も水戸商は出てましたが決勝では同校を7-2で下して優勝。
的確な分析と読みは選手時代に培われたものなのか!?(笑)
それにしても初の甲子園采配で優勝とはすごいですね…。
夏またどう仕上げてくるか楽しみでもあります。
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2008年03月30日

熱戦、雨の甲子園

小雨の甲子園。
第1試合は再試合になった平安と鹿児島工の一戦。
平安は左腕川口投手。鹿工は石堂投手。
4回鹿工の守備ですがグラブに当ててたので惜しかったなー。
唯一このチャンスで得点した平安が1-0で勝利。
鹿工は相変わらずバントが上手く堅実な攻めでしたが、
要所要所で川口投手はじめ平安守備陣の反応が良かったですね。
久々の8強入り!校名はどうなるか(笑)。

第2試合、宇治山田商は平生投手が先発。智弁は岡田投手が先発。
平生投手は打ち気の所をスライダーで交わしたり、ストレートの制球がよかった。
しかし8回智弁は2死から初めてバントで送り、このチャンスを生かして同点。
終盤は雨が強くなってきて難しい試合になりましたが最後は智弁が決めましたね。
流れがいきそうなところで食い止めた智弁。
勝つチャンスはありながら勝利を掴めなかった宇治山田商。
甲子園初勝利はお預けになりました。
それにしてもサヨナラでもおかしくなかった智弁田甫選手の好守はすごかった。

第3試合、雨脚が強くなりましたやりましたね(笑)。
ワッショイ!の天理に慶応を下し勢いに乗る華陵。
今大会は紫が多い印象(笑)。
4点リードとし、さらに無死2塁で確実に送る天理。
相手は初出場校…ここで点を取ればズシンと重くのしかかる1点。
攻めの選択はスクイズでしたが華陵は見事に守りきりましたね。
最後は力尽きましたがまた夏に返ってきてほしいです。
天理は前回に続いて3年ぶりにベスト8進出。
120k前後の直球と90k台の変化球を織り交ぜる下手投げの井口投手。
機動力もありますが重量打線は手強い…。

第4試合は雨天順延(T_T)
31日はこの1試合だけで、大会日程は1日ずれます。
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2008年03月30日

センバツ後半戦へ

センバツも8強入りが決まってきた。
横浜も菊川も敗退と波乱の記念大会になってきたか!?
と言っても実力が拮抗してるみたいで波乱とは言えないかもしれませんが(笑)。

秋から春にかけての伸びですね。
21世紀枠も3校勝利や前評判がそれほど高くなかった高校の健闘。
伸びるところはグーンと実力が上がってくるので面白い(笑)。

それにしても今大会は近畿と東海が初戦でほぼ勝利。
特に近畿は初戦全て突破してるし…。(^^;

平安は最後の校名もあってか気合もいつも以上に入ってそうだ。
でも連日の日程は酷すぎ!
故障予防言ってるならもっと考えてほしいよ。
再試合は予想してなかったでしょ(笑)。

そして長野日大が強打の北大津に完封勝利で初のベスト8入り。
次は千葉経大付。4強をかけて頑張れ長野!
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年03月25日

拮抗した好ゲーム

長野勢やるーー♪
長野日大は初ですが元松商の中原監督が率いてるのでその采配は経験豊富。
上村投手も6四死球ながら完投。
逆転された後に再逆転ですので底力あるんだろうな。
次は横浜と北大津の勝者。面白そうだ。

丸子修学館も智弁相手に一時逆転!
アクシデントもあったようで最後はやられましたが惜しかったな。
終盤に逆転されたときは智弁側は動揺したのかどうか(笑)。
しかしさすがは百戦錬磨の強豪ですね…。
気比もがんばれー。

その他常葉菊川、千葉経大付、東洋大姫路、八頭が初戦突破。
ここまで接戦が多い大会になってますね。

白球甲子園のほうも再開したようです♪
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年03月23日

大会2日目、後半戦

第3試合です。
聖望学園は140k台の速球とスライダーが武器の右腕大塚投手。
小松島は鳴滝投手ではなく下手投げの井内投手が先発。

聖望はいきなりHRで先制。
レフト3本目…今日はよく出るな(笑)。
井内投手は球威がないだけに真ん中に入ると怖いですね。

大塚投手はランナーを背負うと制球にやや難がありますが、
あのストレートと落差のあるスライダーは中々打ち崩せないですね。
それでも小松島もいくつかチャンスを作るものの後一本でず…。
勝者の聖望学園は履正社と大会7日目の第2試合で対戦します。

第4試合
水戸商若杉投手のコーナーに決める制球力は評判通り。
何とか突破口を開きたいところでしたが打線の援護がなく残念…。
5回8回のチャンスは惜しかったー。
特に8回の攻防は面白かったですね。
もう少し何かエッセンスを加えれば、さらに強くなる感じがしました。
夏が楽しみです。

鹿工内村投手はフォームがいいですね。
ミスもありましたが試合毎に成長していくと面白そう。
打線もそつのない攻めで得点。
初出場ながら監督自身も夏を経験してるので自信とゆとりを持った采配を感じました。
神村学園みたいに勝ち上がりそうな気も。

鹿工OBの今吉さんや榎下さんの激しく応援する姿がスタンドに映ってた(笑)。
明日は常葉が登場ですね。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年03月23日

大会2日目、前半戦

甲子園はちょっと肌寒そうですが今日は2回戦4試合です。

第1試合から観戦(笑)。
明徳は守備にミスが多いしカバーも悪かったですね。
そういうところ突いてくる関東一の積極的な走塁は見事でした。

関東一松本投手は制球が悪い(笑)。でも低めに集めて打たせて取る投球。
前半は明徳の拙攻もあってか粘り強く抑えていきます。
しかし6回はその制球ミスからピンチを招きスクイズを決められました。

明徳南野(のうの)投手は外角低めの球とかキレがあって良かったですね。
7回最大のピンチも落ち着いてました。
打線に関しては攻撃がちぐはぐでしたが初戦はこんなものか。
明徳の試合巧者ぶりは健在でした。

第2試合です。
大阪勢出陣ということで席も埋まってきました。
それにしても下関商の胸の「S」が背番号並みにデカイ(爆)。
履正社左腕三村投手は緩〜いカーブが得意みたいですね。
なるほど…防御率もいいのが分かります。
攻撃のほうはバントを絡めた手堅い攻め。

下関商右腕島田投手はチェンジアップがいいですね。
立ち上がり硬さが出たのか守りのミスで失点。
打線のほうも履正社の堅い守りの前に得点できず…。

7回ようやく狙い球を絞り始めてニヤリ(笑)。
しかしこの回は後一歩のところで攻略できず…。

そして9回、出たぁあああああああああ(笑)。
大会第1号2号!
レフトへ2発で土壇場同点!!!!

今度は履正社がサヨナラのチャンスでしたが好守に阻まれ延長戦へ…
天気が気になりますがまだまだ続く(笑)。

長くなると思ったら最後は…(T_T)
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年03月22日

センバツ開幕!

観客4万4千人ですか(゜o゜)
春こんなに入ったのはいつ以来なんだろうか(笑)。
そして新甲子園の評判はいかに!?

大会初日は21世紀枠の2校がいずれも初勝利!
粘り強い北大津は終盤に逆転し東北を下しましたね。

初日から北海道、東北王者が散る展開に…。
波乱の幕開けか!?

安定感抜群と評判の高かった村方投手擁する城北も初戦で散りましたか…。
安房も終盤に攻略したんですね。
恐るべし公立パワー。
それにしても8、9回は本当に怖い甲子園(笑)。

明日は4試合、第1試合は明徳と関東一の好カードです♪
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2008年03月15日

センバツの組み合わせ決まる!

第80回記念選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が行われ、36校の対戦相手が決まりました。
大会は22日から13日間、阪神甲子園球場で開催されます。

好投手といわれても春はまだまだ未完成だと思うのでベスト8くらいまでは分からん(笑)。
準々決勝辺りからコンディションが良く球も走ってるところがくるんだろうけど…。
今年も楽しみな時期が来ましたね♪

■Aブロック
開会式直後の試合は2季連続の駒岩と36年ぶりの成章。
現行名で最後の出場となる平安はその勝者と対戦。
投手陣が厚い履正者と粘りの下関商は好カード。
本格派右腕の大塚擁する聖望は継投の小松島と。
水戸商打線と右腕内村擁する鹿工の対戦も見もの。

■Bブロック
横浜、菊川らがひしめく最激戦区。
その横浜は東北と北大津の勝者、菊川は強打の明豊との初戦。
初戦の相手としては嫌な感じの相手か(笑)。
すっかり常連になった千葉経大付は初の興譲館と。
長野日大は強豪の今治西と。主戦上村に期待。

■Cブロック
東洋大姫路は投打の柱佐藤に注目。
堅守の一関学院は接線に持ち込みたい。
スタミナ抜群の平木擁する八頭は同じく堅守の宇都宮南と。
丸子修学館はおなじみ智弁和歌山と。ここは打ち勝つしかない!(笑)。
昨夏を経験してる宇治山田商は安房と城北の勝者と。
安房もキビキビしたいい野球しそうですね。

■Dブロック
敦賀気比の左腕山田は天理打線をどう抑えるか。
左右2枚看板の慶応は初の華陵と。
3季連続の聖光学院と左右の好投手を揃える沖縄尚学も好カード。
明徳と関東一は地区王者同士。共にビッグイニングもありそうな予感(笑)。
その勝者は粘り強い中京大中京と対戦します。

http://www.jhbf.or.jp/
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2008年01月26日

春、36校決定!

センバツ出場の36校決まりましたねー。
ほぼ予想通りでしょうか。
宇都宮南は投手を中心とした守備力を評価されたみたいですね。
北信越は長野勢2校だけかと思いましたが3校選出♪
がんばってくれー♪
北大津は3年連続としぶといなー(笑)。こういうの好きです♪
明徳も久々な感じ。やっぱ明徳いないとね(笑)。
九州はすんなり4校選出。

希望枠は今年で廃止。
一関学院が2度も選ばれてますが記録になるな(笑)。
今年は記念大会で甲子園球場も内野席がもう変わってるのかな??
大阪の美味いタコ焼き食べたくなってきたー♪

▽北海道地区
 駒大岩見沢(北海道・9年ぶり8回目)
▽東北地区 
 東北(宮城・4年ぶり18回目)、聖光学院(福島・2年連続2回目)
▽関東地区
 横浜(神奈川・2年ぶり12回目) ☆神宮準優勝
 慶応(神奈川・3年ぶり7回目)、水戸商(茨城・7年ぶり4回目)
 聖望学園(埼玉・初出場)、千葉経大付(千葉・2年連続2回目)
 宇都宮南(栃木・22年ぶり2回目)
▽東京地区
 関東一(東京・21年ぶり3回目)
▽東海地区
 常葉菊川(静岡・2年連続3回目) ☆神宮優勝
 中京大中京(愛知・6年ぶり28回目)、宇治山田商(三重・初出場)
▽北信越地区
 長野日大(長野・春夏通じて初出場)、丸子修学館(長野・31年ぶり4回目)
 敦賀気比(福井・10年ぶり2回目)
▽近畿地区
 東洋大姫路(兵庫・5年ぶり7回目)、平安(京都・5年ぶり36回目) ※4月より龍谷大平安に校名変更
 履正社(大阪・2年ぶり2回目)、智弁和歌山(和歌山・2年ぶり8回目)
 天理(奈良・3年ぶり18回目)、北大津(滋賀・3年連続3回目)
▽中国地区
 下関商(山口・29年ぶり14回目)、八頭(鳥取・初出場)
 興譲館(岡山・春夏通じて初出場)
▽四国地区
 明徳義塾(高知・4年ぶり13回目)、小松島(徳島・2年ぶり3回目)
 今治西(愛媛・2年連続10回目)
▽九州地区
 明豊(大分・初出場)、沖縄尚学(沖縄・3年ぶり4回目)
 城北(熊本・11年ぶり3回目)、鹿児島工(鹿児島・初出場)
▽21世紀枠
 安房(千葉・春夏通じて初出場)、成章(愛知・36年ぶり2回目)
 華陵(山口・春夏通じて初出場)
▽希望枠
 一関学院(岩手・2年ぶり2回目)

選考経過などは毎日で(笑)。
http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/high/index.html
posted by カミュ | Comment(6) | TrackBack(0)

2007年12月14日

21席枠候補、絞る

9地区で候補校が絞り込まれました。
3分割の21世紀枠です(笑)。

武修館は最近よく聞きますね。実力上昇中。
大曲工は花火でも有名な所ですが打ちあがるか!?
報知高校野球最新号でも載っていた安房ですが果たして…。

北信越は富山中部。そうきたか(笑)。
成章はこのところ連続で来てるので固そうだな。
少し前に統合したばかりの畝傍は伝統校。ちなみに「うねび」と読みます。
成章本命で富山中部の逆転が怖い(笑)。

華陵は中国大会2年連続ベスト4で3度目の正直なるか。
そしてこちらも伝統校の富岡西。四国の初出場校は怖いよー(笑)。
長崎大会を打撃で制してきた古豪長崎商。上2つ相手じゃ苦しいかな…。

【北海道】 武修館高校
【東  北】 秋田県立大曲工業高校
【関  東】 千葉県立安房高校

【北信越】 富山県立富山中部高校
【東  海】 愛知県立成章高校
【近  畿】 奈良県立畝傍高校

【中  国】 山口県立華陵高校 
【四  国】 徳島県立富岡西高校
【九  州】 長崎市立長崎商業高校

http://www.jhbf.or.jp/

追加…
神奈川高野連で記念大会の地区割りが決定。
加盟校予定もありますね♪

http://www21.ocn.ne.jp/~khbf/
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2007年04月04日

第79回センバツは常葉菊川が初優勝!

センバツ大会12日目、決勝です。

決勝戦、森下監督は戸狩、田中の継投策を選択。
阪口監督は森田投手に全てをかけます。

序盤の奇襲が得意な大垣日大。
戸狩投手の立ち上がりの制球難を突いて犠打を織り交ぜた攻撃で速攻。
4点取られたところでこれ以上離されたくない常葉はエース田中に交代。
一方の常葉も持ち前の攻撃野球で町田、中川のソロ本塁打らで1点差に。
ここから1点を争う名勝負がはじまります。

小技を駆使しながら揺さぶる大垣日大にあくまで攻撃的に自分たちの野球を貫く常葉菊川。
両者とも持ち味を存分に出し合いながら試合が進んでいきます。

そして終盤...甲子園の女神は常葉に微笑みました。
7回に1点差とした常葉は8回、2死から連続長短打で同点。
さらに敵失が絡み1、2塁とすると1番高野が中前に抜ける決勝適時打でついに逆転!
大垣日大の硬い守備陣がついに崩れました。
最後は田中投手が粘る大垣日大を振り切り、常葉菊川が初優勝を成し遂げました。

静岡県勢の優勝は、第50回大会(78年)の浜松商以来29年ぶり4度目。

いやー常葉凄い...
初戦で仙台育英を下すと今治西、大阪桐蔭、熊本工と次々撃破。
攻撃野球に終盤の粘り強さで頂点に。
森下監督は選手としても監督としても優勝を経験することになりましたね。
大垣日大も今大会で1番試合毎に成長したチームだったと思います。
9回の盗塁成功で一打同点のチャンスを作るところなんか最高ですね。
阪口語録ももっと聞きたいなー(笑)。

その他、1回戦の応援を対象にした応援団賞の最優秀賞に、室戸(高知)が選ばれました。
以下優秀賞を受賞した高校です。
都留(山梨)▽県和歌山商(和歌山)▽鹿児島商(鹿児島)▽市川(兵庫)▽日大藤沢(神奈川)

■第79回 選抜高校野球大会【決勝】
大垣日 220 001 000=5 (大)森田−箕浦
菊  川 111 000 12X=6 (菊)戸狩、田中−石岡

第79回選抜高校野球大会
posted by カミュ | Comment(8) | TrackBack(0)

2007年04月03日

センバツ準決勝...

センバツも大会11日目、準決勝です。

第1試合は常葉菊川が6−4で熊本工を下し初の決勝進出。
菊川はまたしても9回勝負どころで力を発揮。
バント抜きの攻撃野球、的中しまくってるなー。
先発田中投手はやや疲れがあったか少し精彩を欠きましたが、
早めの投手交代が功を奏し、2番手戸狩が得点を許さず好投。
熊工負けちゃったなー。
「足」がミスを誘ったり快速藤村の長打などで流れをつかんだかにみられましたが...
中盤以降散発3安打と追加点を奪えず残念...
静岡県勢の決勝進出は浜松商が優勝した第50回大会(78年)以来。
その時2番二塁の主将として優勝に貢献したのが森下監督のようです。

第2試合は大垣日大が帝京を5−4で下してこちらも初の決勝へ。
大垣日大の初回は打者9人の猛攻で一挙4点。
投げては先発森田が9四死球ながらも帝京打線を振り切って完投。
全試合一人で投げ抜いててすごい...
帝京は先制まではいつもの帝京でしたが投手陣が誤算だったか。
さすがに怪我の大田投手もキレを欠く投球だったようです。
垣ヶ原投手がこれまで好投していただけにちょっと残念。
スクイズ失敗も笑顔の阪口監督でてましたね(笑)。
選手たちには良い効果をもたらしているようです。
それにしても大垣日大の快進撃はとどまるところを知らず。

■第79回 選抜高校野球大会【準決勝】
▽第1試合
菊  川 012 000 003=6 (菊)田中、戸狩−石岡
熊本工 030 100 000=4 (熊)隈部、藤本−藤本、川村

▽第2試合
帝  京 201 000 100=4 (帝)高島、大田、垣ケ原−鎌田
大垣日 400 100 00X=5 (大)森田−箕浦

今年も初出場校が決勝まできてこれで4年連続ですね。
04年…済美×愛工大名電
05年…愛工大名電×神村学園
06年…横浜×清峰

東海勢同士の決勝は、中京商(愛知)が岐阜商(岐阜)を破って
優勝した第31回大会(59年)以来、48年ぶり。
常葉菊川と大垣日大は昨秋の東海大会準決勝でも対戦していて、
その時は常葉が4−0で大垣日大に勝利。
左2枚を持つ常葉有利のようですが果たして...
森下監督は監督としても優勝を掴む事ができるか。
阪口監督も決勝に相応しい試合をすると意気込んでいるので好ゲーム期待しちゃいます♪
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年04月01日

センバツ準々決勝...

センバツ大会10日目、4強をかけた残りの準々決勝。
今日は熱っぽかったので布団の中で見ていてました(笑)。
第2試合の途中で寝てしまい最後まで見られず...(T_T)

第1試合は神宮大会の再戦となった帝京と広陵の試合。
初回、帝京が2本塁打を含む猛打で一挙6点。
投げても帝京先発の垣ヶ原が6被安打1失点と好投。
甲子園初先発となった垣ヶ原投手でしたが大役を果たしましたね。
広陵としては序盤の大量失点が響いた形に...
終盤に勝ち越してうっちゃるかなと予想してましたが(^^;
帝京すごい...

第2試合は初の8強入り大垣日大と5季連続出場の関西。
こちらも序盤から試合が動きましたね。
大垣日大は初回、適時打やスクイズ内野ゴロの間に3点先取。
5回には敵失も絡んで4点。その後も小刻みに加点して計9得点。
投げては先発森田が関西打線を8安打1点に抑えました。
関西負けちゃいましたが結束力は前よりも上な感じがします。
中村、川辺選手らが引っ張って夏はさらに成長してきてほしいです♪
魔物はダース君が持って帰ったか(^^;

センバツ大会、希望枠出場校の4強進出は初になりますね。
▽過去の希望枠出場校
旭川実(北海道) 対広陵(広島) 1−8 2回戦
秋田商(秋田) 対鳴門工(徳島) 10−0 1回戦
          対甲府工(山梨) 3−0 2回戦 
          対愛工大名電(愛知) 1−7 準々決勝
三本松(香川) 対東海大相模(神奈川) 3−8 1回戦
一関学院(岩手) 対岐阜城北(岐阜) 1−2x 1回戦

■第79回 選抜高校野球大会【準々決勝】
▽第1試合
帝京 601 000 000=7 (帝)垣ヶ原−鎌田
広陵 000 001 000=1 (広)野村、野林−小林

▽第2試合
大垣日 300 041 010=9 (大)森田−箕浦
関  西 000 000 001=1 (関)川辺、有安、大塚−三角

明日の準決勝は常葉菊川×熊本工、帝京×大垣日大。
第1試合は共に好左腕がいるチーム同士。
常葉打線は集中力がありしぶとく制球力抜群エース田中投手がいます。
熊工はアフリカンに乗って俊足巧打で足でかき回したいところ。
第2試合は昨夏経験者が多いのはやはり強み、東の横綱帝京。
新天地に移ってきて2年、ベテラン阪口監督の采配も見ものです。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年04月01日

センバツ準々決勝...

センバツも大会9日目、いよいよ準々決勝です。

第1試合は常葉が終盤に逆転して初の4強へ。
桐蔭は中田先発できましたね。
序盤、制球に苦しむも徐々に調子を取り戻して要所を抑える投球。
1点を追う常葉は終盤ストレートを狙って見事に逆転勝利。
常葉田中投手も打者中田に対して真っ向勝負。
あわやホームランかという当たりもありましたが田中投手に軍配。
抜群の制球力で最後まで集中を切らさずに投げ抜きました。
静岡勢としては24年ぶりのベスト4。

第2試合は熊本工と強豪を下し勢いにも乗る室戸。
試合は室戸が9回追い上げましたが継投でかわした熊工が勝利。
49年ぶりの4強進出です。
室戸惜しくもベスト4ならず残念...
初出場校でしたが試合毎に成長して甲子園を沸かせる活躍。
最後は笑顔で帰っていきました。
室戸森沢投手は西武の石井貴に似てますよね(^^;
それにしても熊工の「足」は脅威。
応援も最高だ♪

これで準決勝第1試合は東海と九州王者との組み合わせに。

■第79回 選抜高校野球大会【準々決勝】
▽第1試合
菊  川 000 000 011=2 (常)田中−石岡
大桐蔭 000 001 000=1 (大)中田−岡田

▽第2試合
室  戸 001 000 002=3 (室)森沢−竹村
熊本工 004 000 10X=5 (熊)隈部、今村−藤本
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2007年03月31日

センバツ8日目...

センバツ大会8日目です。

第1試合は広陵が北陽を5−3で下して8強進出。
野村投手3回登板したんですね(^^;
高校野球ならではで面白い。
打線のほうも機動力を絡めた攻撃でよく振れているようです。
次の帝京戦、神宮でも対戦してますが広陵のほうがいい状態で臨めるか。
北陽、後1勝すれば4月になったのに(笑)。
また厳しい大阪予選勝ち上がって出てきてほしいです。

第2試合は関西が17安打12得点と圧勝。
うーむ、創造残念...これで北信越勢は全て敗退ですね。
期待の赤羽投手、中盤まで抑えていただけに残念。
リリーフ陣は厳しかったか。
曲者関西勝ち上がってきたなー。
魔物はどこへ(笑)

第3試合は21世紀の泉ヶ丘と希望枠の大垣日大の初対戦。
泉ヶ丘は先制しましたが大垣日大もすさかず逆転。
6回に併殺打の間に1点、8回にも長打で1点とそつのない攻めで勝利。
大垣日大も前評判が高くダークホース的存在とされてきましたが。
希望枠ですがほんといいチームが選ばれたなー。
次の関西戦は面白くなりそうです。

これで8強決定ですね♪
大阪桐蔭×常葉菊川、熊本工×室戸、帝京×広陵、関西×大垣日大
どこがきてもおかしくないチームばかりだと思います。

■第79回 選抜高校野球大会【2回戦】
▽第1試合
北  陽 000 000 201=3 (北)秋本−八木
広  陵 012 020 00X=5 (広)野村、上本健、野村、野林、野村−小林

▽第2試合
関  西 000 003 117=12 (関)川辺−三角
創学付 000 000 000= 0 (創)赤羽、中村、内記、中村−尾崎、島崎

▽第3試合
泉ヶ丘 100 000 000=1 (都)諏訪−森山
大垣日 200 100 01X=4 (大)森田−箕浦
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2007年03月31日

センバツ7日目...

一昨日になりましたがセンバツ大会は7日目です。

第1試合は熊本工と千葉経大付との8強をかけた一戦。
神宮でも当たってますね。
強豪同士、本当にいい試合になりました。
熊工が終盤に勝ち越すも千葉も粘って延長戦へ。
最後は延長12回に熊工が3点勝ち越して勝ったわけですが、
藤村選手の俊足すごいです(笑)。
野手のミスを誘う走塁、千葉の選手が動揺して崩れたもんなー。
負けはしましたが千葉の丸選手、落ち着いた負けん気の強い感じがでていいですね。
熊工は20年ぶりの春ベスト8。

第2試合は室戸が宇部商に逆転勝ち!
敵失に付け込んで逆転。こうなれば流れは室戸。
9回には満塁に2点適時打で突き放して宇部商を振り切りました。
室戸ベスト8まできましたね。すごい♪
四国の初出場校、済美に続くか!?
次は熊本工かー。これは楽しみ♪

第3試合は序盤の市川投手陣の乱調が全てでしたね。
四死球でランナーをためては押し出しストライクを取りにいくも帝京打線は甘い球を逃すべくもなく...
守りのほうでは急きょ登板した垣ケ原投手が大量リードにも助けられ市川打線を4点に抑えました。
帝京大田投手の手が心配ですが投げられたとしても影響はあるだろうなー。

■第79回 選抜高校野球大会【2回戦】
▽第1試合
熊本工 001 000 020 003=6 (熊)隈部−藤本
千経付 001 010 001 000=3 (千)丸、斎藤−川島、谷

▽第2試合
室  戸 000 001 012=4 (室)森沢−竹村
宇部商 001 000 000=1 (宇)高橋、三上−原田

▽第3試合
帝  京 190 000 002=12 (帝)大田、垣ヶ原−鎌田
市  川 010 000 300= 4 (市)寺口、河津−八木
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月29日

センバツ6日目...

センバツ大会は大会6日目です。

第1試合は第1試合は1回戦最後の試合。
大垣日大は制球に苦しむ北大津投手陣に対し効率よく得点。
守っても森田投手が北大津の追い上げを振り切り2回戦へ。
大垣日大が6安打で7得点、対する北大津が11安打を放ちながら4得点。
阪口監督新天地での初勝利ですね。
2回戦は史上初の希望枠×21世紀枠の対戦になります。

第2試合は打撃戦に...やはり中田はすごかった!
2打席、3打席目と連続アーチ。
一振りで一変するところがすごい...
佐野日大も粘り強く反撃して追い上げましたが大阪桐蔭は3投手の継投で逃げ切り。
佐野日大惜しかったなー、抑えられた失点もあっただけに残念。
大阪桐蔭は8強1番乗り!

第3試合は常葉菊川と今治西。
個人的には今日一番の試合と思ってましたが意外に大差がついちゃいましたね。
何と言っても常葉田中投手の快投!
初回の3者三振から始まって3回で打者9人に対して7奪三振。
終わってみれば今治西打線を散発3安打に抑えて完封しました。
打線のほうも5回、石岡の右中間適時二塁打を皮切りに4長短打を絡め一挙6点。
終盤にも追加点を挙げて10得点と見事な攻略をみせた菊川。
次の相手が大阪桐蔭ということでニヤリとしてしまいます(笑)。

■第79回 選抜高校野球大会【1・2回戦】
▽第1試合
大垣日 130 002 010=7 (大)森田−箕浦
北大津 100 101 100=4 (北)川島、河合、東山−山口

▽第2試合
大桐蔭 006 310 100=11 (大)石田、福島、那賀−岡田
佐日大 012 104 000= 8 (佐)出井、水原−安江

▽第3試合
菊  川 000 060 031=10 (菊)田中−石岡
今治西 000 000 000= 0 (今)熊代、水安−潮、一色
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月28日

センバツ5日目...

センバツ大会5日目です。
甲子園は雨模様で傘姿が見られた様ですがしっかり3試合行われています♪

第1試合は塚原青雲から校名変更して初めての創造学園大付と初出場の旭川南。
共に守備のチームで赤羽、浅沼の両左腕エースの投げ合いになったようですね。
赤羽投手は軟投派ですが緩急を付けた投球で旭川南打線を零封。
打っても先制点のきっかけを作る安打を放ち勝利に導く活躍。
創造やったねー。

第2試合は秋から負け無しの高知高校と岡山関西の好カード。
関西4−2と2点リードで迎える9回...
2番手川辺が無死から連続四球と魔物が顔を覗かせます(笑)。
しかし送りバント失敗で嫌な流れを断ち切り後続を抑えて初戦突破。
これまで印象に強く残る逆転のされ方が続いていた関西。
1年の時から4季連続の甲子園で右翼の守備についていた中村選手は何を思っていたか...
これで甲子園の魔物を追い払えたかな??
まだ何か起こりそうな気もしますがどうでしょうか(^^;
高知もいいチームなだけに初戦で散るのは残念です。
それにしても中国勢全て勝利と強い!

第3試合は都城泉ヶ丘諏訪が桐生第一打線をわずか2安打に抑えて完封。
打線も終盤の好機に2度のスクイズを決めて常連校桐生第一を下しました。
都城泉ヶ丘のチーム打率は2割4分1厘。
桐生一藤岡投手もスクイズは分かっていたと思いますが、
吸い込まれるというか、こういう時って自然と決まっちゃうんだろうなー。
練習の積み重ねが実った泉ヶ丘野球、見事に初出場で初勝利。
21世紀枠で出場して初勝利を挙げた高校は4校目になります。

明日の北大津×大垣日大で32校全て出揃い、第2試合からいよいよ2回戦。

■第79回 選抜高校野球大会【1回戦】
▽第1試合
旭川南 000 000 000=0 (旭)浅沼−中野
創学付 000 010 00X=1 (創)赤羽−尾崎

▽第2試合
高  知 001 100 000=2 (高)國尾−矢野
関  西 000 301 00X=4 (関)中村、川辺−三角

▽第3試合
泉ヶ丘 000 000 101=2 (都)諏訪−森山
桐生一 000 000 000=0 (桐)藤岡−滝沢
posted by カミュ | Comment(5) | TrackBack(0)

2007年03月27日

センバツ4日目...

センバツ大会4日目です。
第1試合は地元市川が福島の聖光学院を4−2で下して初出場校対決を制し2回戦へ。
うーむ、東北勢残念...
聖光学院も持ち前の粘りで2度追いつきましたが9回3安打と打線が援護できず。
市川の河津投手は5四死球11奪三振と要所を締めた感じでしょうか。
4回以降無安打に抑えて接戦を制しました。

今大会初の延長戦となった広陵×成田の第2試合。
両監督の予想とおり接線ロースコアになりましたね。
とはいえ共に2桁安打でしたので拙攻、堅守か。
広陵は秋から守備位置をコンバートした模様。
神宮ではミスが多かったようですがさすがに春3度の優勝を誇る広陵。
緻密な野球で勝負強いですし優勝争いに絡んできそうだなー。

第3試合は2回に先制点を挙げた北陽がそのまま守りきって鹿児島商に完封勝利。
鹿児島商は9回無死一二塁の好機を作りましたが併殺、三振とあと一本でず...
北陽秋本投手は制球が良くスタミナもある好投手。
持ち味である守りの野球で勝ちましたね。
4月になったら校名がどうなるのかも気になりますが(笑)。

■第79回 選抜高校野球大会【1回戦】
▽第1試合
市  川 001 110 010=4 (市)河津−八木
聖  光 001 100 000=2 (聖)鈴木−宗方

▽第2試合
広  陵 010 000 000 001=2 (広)野村−小林
成  田 010 000 000 000=1 (成)唐川−西田

▽第3試合
北  陽 010 000 000=1 (北)秋本−八木
鹿  商 000 000 000=0 (鹿)福岡−藤井
posted by カミュ | Comment(5) | TrackBack(1)

2007年03月25日

センバツ3日目...

今日は4試合とうれしい大会3日目。
昨日同様どんよりとした雨模様の甲子園でしたが面白いカードが続きます。

今日は朝から張り切って見るぞと思っていましたが第1試合途中で大きな揺れが…。
久々に大きく揺れたので近いかなと思いましたが石川県能登沖で大きな地震が。
被害も出て心配です。

中継も切り替わって、再開したのは第1試合終了後。
点の取り合いになりましたが千葉経大付が5−4で競り勝ち。
千葉経大付は4番大島が本塁打を含む4安打と大活躍。
丸投手の球やっぱ打ちにくそう…。
中京も前評判通り良いチームだったなー。
2枚看板、そして最後も見せ場を作りましたが後一歩及ばず…。

次の試合は優勝候補の一角、報徳学園に初の室戸が挑む第2試合。
いやー室戸すごい!!!
力の差はありながらも必死に食らいつく、全身全力でプレーする。
すると何かが起こる甲子園...
自然と応援したくなる気持ちがわいてくる、これだよなー。
室戸、見事です。
高知高校も力もらっただろうなー。

第3試合は宇部商と日大藤沢の一戦。
余りメディアに取り上げられないのも好感があります(笑)。
試合のほうは宇部商が先制して藤沢が追いつく展開。
最後は宇部商7番林が左翼ポールに当たるサヨナラ本塁打。
もうなんと言っていいか、最高ですよね。
新体制の宇部商中富野球、最初から虜にさせるなー。

第4試合は東の横綱帝京が登場。
帝京大田が圧巻の20奪三振で小城打線を寄せ付けず1失点完投。
打線のほうも小城井手の立ち上がりを攻めて一挙6点。
まずは順調に初戦突破しましたね。
小城も8回にチャンスがあったのですが、やはり初回が悔やまれます。
それでも好守や捕手の強肩もあって魅せましたね。
初の甲子園に何かを残していったと思います。

今日は大会第一号となるホームランも出ましたね。
明日は通常の3試合に戻ります。
甲子園の天気も少しポカポカになるようです。

■第79回 選抜高校野球大会【1回戦】
▽第1試合
中  京 010 201 000=4 (中)川口、小亦−上村
千経付 012 001 01X=5 (千)丸−谷、川島

▽第2試合
室  戸 000 000 200=2 (室)森沢−竹村
報  徳 000 000 100=1 (報)近田−糸井

▽第3試合
日大藤 000 002 010=3 (日)古谷−川辺
宇部商 000 102 001=4 (宇)高橋−原田

▽第4試合
帝  京 600 200 010=9 (帝)大田−鎌田
小  城 000 100 000=1 (小)井手−友田
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2007年03月25日

センバツ2日目...

今日の第1試合は今治西が都留に3−2で辛くも初戦突破。
記事から見ると21世紀枠都留惜しかったようですね。
関東大会でも評価高かったので旋風の匂いを感じたのですが...
今治西は苦しみながらも勝っちゃう。底力あるなー。

第2試合は県和歌山商と熊工の試合。
この組合わせは絶妙だな(笑)。
点の取り合いになりましたが最後は熊工隈部が県和商の追撃をかわし2回戦進出。
熊工のアフリカン聞きてー。

今日の第3試合、中京と千葉経大付の試合は流れて大会3日目の第1試合に変更。

春は熱闘甲子園みたいな番組は全国じゃないんですね。
関西圏はあるみたいで羨ましい…。

明日は4試合頼むから晴れてくれー♪

■第79回 選抜高校野球大会【1回戦】
▽第1試合
都留  000 011 000=2 (都)小林久−志村
今治西 010 000 02X=3 (今)熊代−潮

▽第2試合
県和商 001 110 001=4 (和)吉本、坂口−福田
熊本工 010 131 00X=6 (熊)隈部−藤本
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2007年03月23日

第79回センバツ、開幕!

第79回センバツ高校野球大会が開幕しました。
やっぱり甲子園が始まるといいですね♪

開幕日は3試合が行われました。
第1試合は佐野日大の出井が大牟田打線を散発4安打に抑えて13奪三振の完封勝利。
初出場の大牟田でしたが9回に守備の乱れなどで一気に崩れてしまいました。
大牟田のスカイブルーまた夏も見たいな。

第2試合は先ほど見終わりました(泣)
予想通り以上の予想通りというか、やっちゃったなーという感じです。
力の差はあるにしろもうこういう試合はしないだろうと思ってましたが…
打線のほうも危なくノーノーされるところだった…。
書きたい事は沢山あるのですがグダグダ感一杯の自棄酒文章になりそうなので今日はやめます。
あえて一言で言えば甲子園って怖い、改めてそう思いました。

第3試合は常葉菊川が仙台育英を2−1で振り切って2回戦進出。
仙台育英は最終回無死一三塁と絶好のチャンスを作りましたが、
菊川の2番手戸狩が3者を凌ぎましたね。
このドキドキ感、ハラハラ感はたまりません♪
やっぱこれだよ!
注目のエース仙台育英の佐藤由は150`の速球と、スライダーで14三振を奪いましたが残念ながら初戦で姿を消しました。

何と言うか力が入らない最悪な状態(笑)
ここは気を取り直して、春12日間の開幕です♪

■第79回 選抜高校野球大会【1回戦】
▽第1試合
佐日大 000 101 005=7 (佐)出井−安江
大牟田 000 000 000=0 (大)阿部、田中−山田

▽第2試合
文  理 000 000 000=0 (日)栗山−戸澤
大桐蔭 200 131 00X=7 (大)中田、福島、那賀−岡田

▽第3試合
菊  川 000 200 000=2 (菊)田中、戸狩−石岡
仙台育 000 100 000=1 (仙)佐藤由−根元
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月16日

初戦は大阪桐蔭

初戦の対戦相手は昨日決まったわけですがその記事です。

左は大阪桐蔭の丸山主将と握手する日本文理の頓所主将。
右はコーチから対戦相手を聞かされる部員の様子(笑)。

遠征から戻ってきたばかりで疲れがピークになってると思います。
一旦落としてから調整して23日にはベストに持っていって欲しいですね。
17日に大阪入りして練習試合などを行う予定です。

 
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月16日

センバツ組み合わせ決定...え!マジでか(笑)

第79回高校野球大会の組み合わせ抽選会が本日決定!

開幕日の第1試合は佐野日大と初出場の大牟田。
第2試合は優勝候補最右翼の大阪桐蔭が日本文理と。
第3試合は常葉菊川と仙台育英の地区優勝校同士に。

大会2日目は21世紀枠の都留が今治西と。
県和歌山商と熊本工の古豪対決がとても楽しみですね。
投打に充実の千葉経大付は小亦、川口の左右2人を揃える中京と。

大会3日目、同じく優勝候補の一角報徳学園は初の室戸と。
宇部商と日大藤沢は面白そうです。
昨夏メンバーも残っている帝京は初の小城と。

大会4日目は聖光学院が地元の市川と初出場校同士の対戦。
第2試合は広陵と成田の1回戦屈指の好カードが待っています。
北陽と鹿児島商の復活出場組が第3試合とこれまた楽しみです。

大会5日目は旭川南と創造学園大付(旧塚原青雲)の初出場校同士が。
創造は同じ北信越勢として頑張って欲しいです。
ドラマチック関西と秋の覇者高知の一戦も面白くなりそうです。
第3試合はそのまんま…あ、いや都城泉ヶ丘と夏春連続出場の桐生第一と。

そして大会6日目の北大津と希望枠の大垣日大で全て出揃い、第2試合から2回戦になります。


日本文理は強豪の中の強豪大阪桐蔭との初戦になりました。
頓所主将も前日に冗談で、「大阪桐蔭を引いてくる」と仲間にメールしたみたいですね(笑)。
大阪桐蔭と対戦したい高校は多いと思いますが、
他校:「俺がやる!」「いや俺が!」
文理:「じゃあ俺も」
他校:「どうぞどうぞ」って言われた時のような気持ちです(笑)

大阪勢と対戦するのは滅多にないんですよね。
過去を逆上ると春はもちろん初対戦になります。
夏の大会は1923年の第9回大会で新潟商が明星商(現明星)に2−1で初戦勝利しています。
そう、あの黒ユニフォームだった高校です。

はぁ〜ため息が出ますがどうなることやら...
序盤に栗山が制球を乱すようだと大量失点もありえます。
そうじゃなくてもありえそうですが(笑)。
横と縦に落ちるスライダーを上手く使ってほしいですね。
キレが良ければ桐蔭打線といえども結構手こずるかとも思います。
でも見極められてストレート狙いにされると連打されるかなー。
トップレベルの高校との対戦は楽しみです♪
ガンバレ、文理ナイン!

選手宣誓は千葉経大付の飯窪主将。
大会は23日から12日間、阪神甲子園球場で開催されます。

組み合わせは去年の使いまわし(笑)。
今年から試合開始は30分早くなります。

posted by カミュ | Comment(7) | TrackBack(0)

2007年03月15日

センバツの組み合わせ

第79回選抜高等学校野球大会の組み合わせ抽選会がいよいよ開かれます。

まずは同一地区の出場校同士は準々決勝まで当たりません。
そして同一都道府県から2校出場の場合は決勝まで対戦しないように振り分ける抽選方式。
夏と違ってセンバツの組み合わせは少しややこしくて面倒(笑)。

最初に予備抽選。
北海道+東北、関東+東京を同一地区とします。
地区内では複数校出場してる県から順に抽選。

まず、決勝まで対戦しないようにA、B2つのブロック(16校ずつ)とします。
準々決勝までのブロック(4校ずつ)をA1、A2、A3、A4、B1、B2、B3、B4に。
仮にA1は1〜4番、B4は29〜32番。
そして、出場枠の多い地区から順に抽選。

最初の高校がA1を引いたら次の高校はB1〜B4から引きます。
次に同一地区の他の高校がA1を外してA2〜A4の中から引いていきます。
A1+A2、A3+A4、B1+B2、B3+B4のグループから3・4校枠の予備抽選、
A,Bのグループから1・2校枠の予備抽選へと移っていきます。

そして本抽選に入ります。
予備抽選でA1を引いたら1〜4番の入っている抽選カードから本抽選を引くことになります。
TVで見る各校の主将が次々と壇上へ進んで抽選に臨む光景はこの場面かな。
多分こんな感じかと...(笑)。

組み合わせ次第では波乱、旋風、強豪校同士の初戦もあるので重要な鍵になります♪
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2007年03月11日

センバツ初出場校は!?

第79回センバツの組み合わせ抽選会(15日)も近づいてきましたが、
昨日も新聞に関連記事が掲載されていました。

少し記事を辿ってみます。
センバツ大会では第1回を除くと初出場で初優勝は16度。
最初に頂点に立った高校は第11回大会の東邦商(現東邦・愛知)。
64年には、後に日本ゴルフ界をリードすることになる尾崎将司擁する海南(現海部・徳島)が
尾道商(広島)との初出場同士の決勝を制しています。

また、「ハンカチ王子」のように今も昔も甲子園を沸かせた選手には愛称が良く付けられます。
飯田長姫(長野)を頂点に導いた「小さな大投手」光沢毅投手、
日大桜丘(東京)の190a右腕「ジャンボ仲根」こと仲根正広投手...
など愛称で親しまれる選手も数多く生まれています。

印象に残った高校として良く挙げられる池田高(徳島)は部員11人で勝ち上がり、
「さわやかイレブン」や、「やまびこ打線」で一躍有名に。
77年の中村高(高知)は「二十四の瞳」等と呼ばれたりしました。

ここ3年では04年春に創部3年目で快挙を成し遂げた愛媛の済美。
一昨年は鹿児島の神村学園、昨年は長崎の清峰が決勝に駒を進めるなど初出場校の活躍が目覚しいです。
昨年優勝した横浜高も73年の初優勝は初陣でした。

そして今年07年春の初出場校は11校。
果たしてこの中から旋風を巻き起こす高校が出てくるのか!?
初出場校の動向にも注目したいですね。

写真上は上甲監督(愛媛・済美高)の記事。
言わずと知れた宇和島東高、現在の済美高と優勝に導いた名将です。

写真右は85年、準決勝で桑田、清原のKKコンビ擁するPL学園を下した伊野商エース渡辺さん。

 
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年02月21日

選抜出場校の成績...

第79回センバツに出場する高校の成績が5日前の新聞に載っていました。
やはり大阪桐蔭の破壊力が突出してますね。
平均得点で引けを取らない帝京は脚を絡めた攻撃が光るようです。
堅守は大垣日大、成田、佐野日大。
本塁打が犠打を上回るのは大阪桐蔭と県和歌山商業。
今治西は投打にまとまってバランスが良いようです。

注目の打者では何と言っても大阪桐蔭の中田、帝京の中村、桐生一の渡辺らも続きます。
仙台育英の遊佐の脚を絡めた攻撃にも注目です。
千葉経大付の丸、今治西の能代が投打の支柱。
投手では完投能力のある仙台育英の佐藤、制球力の良い成田の唐川。
報徳学園1年生左腕の近田は力のある投球が魅力のようです。

◎は昨秋の地区大会優勝。得点、失点は1試合平均。

選抜出場校チーム成績






















旭川南 8 7 1 .875 6.0 2.0 .300 1 20 18 8
仙台育英 15 14 1 .933 5.9 1.5 .331 5 33 27 12
聖光学院 13 12 1 .923 7.8 2.9 .344 7 35 18 20
佐野日大 10 9 1 .900 6.1 3.1 .356 5 33 19 2
桐生第一 9 8 1 .889 7.9 2.0 .336 7 23 10

6

成田 10 9 1 .900 6.1 0.9 .322 1 48 13 7
千葉経大付 13 11 2 .846 7.4 3.1 .341 9 33 17

6

日大藤沢 12 10 2 .833 7.4 2.6 .329 6 27 26 15
帝京 9 8 1 .889 9.7 1.8 .359 6 27 33 8
中京 14 12 2 .857 6.1 2.1 .317 5 28 38 13
常葉菊川 16 14 2 .875 5.8 2.3 .308 8 13 33 17
日本文理 11 10 1 .909 7.9 3.1 .371 5 22 19 10
創造学園大付 12 10 2 .833 6.3 3.8 .316 1 42 10 14
北大津 9 7 2 .778 4.9 2.4 .280 3 30 12 11
大阪桐蔭 12 11 1 .917 9.8 2.6 .361 33 25 7 10
北陽 10 8 2 .800 5.5 3.8 .285 7 20 9 15
報徳学園 15 14 1 .933 6.5 1.9 .341 11 53 30 8
市川 11 9 2 .818 7.6 3.3 .356 7 30 4 11
県和歌山商 10 8 2 .800 8.4 3.1 .363 10 7 23 11
関西 12 10 2 .833 7.4 4.2 .363 4 42 4 19
広陵 15 14 1 .933 7.5 2.6 .332 9 22 42 19
宇部商 9 8 1 .889 6.1 2.4 .326 2 14 16 7
今治西 9 8 1 .889 9.2 1.1 .362 5 33 18 6
室戸 7 5 2 .714 5.7 3.9 .295 0 20 0 6
高知 10 10 0 1.000 8.6 2.2 .339 7 21 14 4
大牟田 12 11 1 .917 7.2 3.3 .300 11 39 28 22
小城 8 7 1 .875 7.1 3.4 .336 0 23 5 14
熊本工 11 10 1 .909 7.9 3.1 .330 0 25 18 17
鹿児島商 13 12 1 .923 7.7 1.5 .354 0 38 2 10
都留 7 5 2 .714 5.0 2.4 .294 1 22 10 8
都城泉ヶ丘 7 6 1 .857 3.9 1.6 .241 0 18 18 4
大垣日大 13 12 1 .923 7.4 0.8 .366 8 34 34 7
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年02月13日

二回戦!

第10回高校野球チャンピオンシップ2回戦の結果。
その前に1回戦の再試合!
合わせて野村投手298球、浦上投手288球の熱戦でした。
空想が劇的サヨナラで2回戦へ。

さて2回戦...
初戦勝って2回戦へ駒を進めた外大西と初戦の郡山が敗退(T_T)
外大西は投手陣が持ちこたえられず完敗。
郡山...ノーノー食らうところだった(汗)
でも唐津商相手に3失点と守備はまずまずかな。

実績ある高校が勝ちあがってきて新鋭校も波に乗ると怖い感じ...
強豪の佐久長聖がここで姿を消しましたね。
3回戦は17日。

▽1回戦(再試合)
八王子野猿 000 201 000=3 (野猿)浦上−辻田
空想科学  011 000 002=4 (空想)野村−中山

▽2回戦
大東亜学園 000 000 020=2 (大東)織田−桜井
南部領鹿角 000 000 000=0 (南部)安間−磯崎

町 田 003 010 041=9 (町田)河合−伊藤
湯布院 210 000 000=3 (湯布)坂井−鹿嶋

帝 都 021 000 000=3 (帝都)大門−鳥羽
轟   000 000 000=0 (轟)宮迫−山口

豪 夜 堂  004 230 100=10 (豪夜)村田−香川
京都外大西 000 000 000= 0 (京都)金子、永井、浅野−島

明 倫 堂  000 002 000=2 (明倫)竹嶋−鍵本
武州大学浦 000 020 06X=8 (浦和)石口−殿馬

高遠鉾持 020 100 020=5 (高遠)川上−梅田
佐渡ケ島 000 100 001=2 (佐渡)大喜多−奈良橋

黒潮灯台 010 000 000=1 (黒潮)久米−金森
耶麻農林 100 000 21X=4 (耶麻)大矢−高原

続きは後日...


帝王実業 010 140 110=8 (帝王)井川−鮫島
天下布武 001 002 000=3 (天下)佐竹−六角

潮風灯台 000 000 010=1 (潮風)皆川−花岡
阿蘇軽寺 011 000 00X=2 (阿蘇)財前−林

郡 山 001 000 000=1 (郡山)坂本−西山
唐津商 000 120 00x=3 (唐津)登島、田上−前田

羽州学院 000 040 230=9 (羽州)鈴木−梶山
ほうとう  000 100 000=1 (ほう)稲葉−山下

西神高校 000 000 000=0 (西神)久米−門松
球琉灯台 001 120 00X=4 (球琉)大内−川野

海堂学園 000 000 000=0 (海堂)木塚−笠松
空想科学 000 100 10X=2 (空想)野村−中山

長門探題 002 000 003=5 (長門)前崎、吉国−川岸
生田東  000 000 000=0 (生東)市川−石原

九頭竜  020 001 000=3 (九頭)黒瀬、森川−金城
佐久長聖 000 000 001=1 (佐久)磯−深井

福岡第一 000 000 000 002=2 (福岡)前田−土屋
尽誠学園 000 000 000 000=0 (尽誠)原田−正岡


西神高校みてココシミュだと高校の文字列は省かれてるので、
一瞬、熊本の済々黌を思い出してしまった(^^;
せいせいこうこうこうどうがっこう...噛んじゃう(笑)。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年01月28日

文理、新聞社の戦力分析

大会主催新聞社の文理評載ってました。
今年も4点とって3点以内に抑える野球。
栗山投手が一冬越してフォーム矯正や足腰も鍛えられたと思うので
球威、制球力アップして伸びてるといいですね。
投手陣は去年は2枚、今年は1.5枚といった感じでしょうか。
春なんでエースがしっかりしてれば何とかなるかなーと甘い期待(笑)。

後はやっぱり球際。
強豪校との差を一番感じた球際に強くなって欲しいです。
大会まで期間、今年の遠征はどこに行くのかな。
まずは昨秋と比べたメンバーとか試合内容が楽しみです。

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/ama/high/niigata/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年01月27日

センバツ、出場32校決定!

出場32校が決まりました。
21世紀枠には都留(山梨)と都城泉ケ丘(宮崎)を選出。
知事輩出校強し!(笑)
しかしうまい事重なったもんだなー。
創部100年を超える伝統校です。
知事が歩けばカメラもついて来る状態ですが、応援に行くのかな。

北海道は接戦を乗り切ってきた旭川南が初選出。

東北は仙台育英と聖光学院。
聖光学院は夏の出場経験はあるものの春は初です。
粘り強いと聞いてるので楽しみですね。

関東、東京は実力校揃い。
好投手擁する千葉勢が2校。
千葉経大付の丸投手はタイミングが取りづらそうです。
唐川投手が軸の高い守備力を持つ成田は2年連続で選出。
昨夏メンバーが残る帝京は打撃力が脅威。

北信越は文理と塚原青雲から校名変更後、初の甲子園になる創造学園大付。
日本文理は2年連続出場が決まりました♪
夏も含めると3期連続甲子園出場。
弱小県ゆえ初づくしな事ばかりです(笑)。
キャプテンの頓所中心に粘り強く頑張って欲しいです。

東海は勢いづかせると怖い常葉菊川と中京。そして希望枠の大垣日大。
岐阜勢2校は45年ぶりでしょうか。
千葉経大付も親子鷹ですが中京もそうですね。
元東邦の阪口監督が率いる大垣日大は捕手から転向の森田投手、注目です。

激戦の近畿は県和歌山商きましたね。
21世紀枠だったんでちょっとビックリこいた。
智辯はコールド負けだし熊野は報徳に善戦も県大会大敗でしたし…熊野頑張れ。
同じ初戦敗退なら県1位の県和商を選出する材料は揃ったといえば揃ったか。
70年ぶりに出場ですので楽しみですね。

中国は4年前の優勝校でもある広陵。
魔物に取り付かれたかのようだった関西の新チームは果たして。
お気に入りの宇部商も選ばれました。

四国は神宮優勝の高知と投打の中心能代擁する今治西と実力校が揃います。
3校目は室戸。昨夏のメンバーが数名残っていた徳島商は補欠校に。
高知勢2校は25年ぶりかー。明徳時代から変わりつつありますね。

九州は伝統校4校ですんなり決定。
主戦阿部を擁する大牟田と接戦を勝ち上がってきた小城が初の選出。
鹿児島商は21年ぶりと久々の春に。

組み合わせ抽選は3月15日、開幕は同月23日から開幕です。


【センバツ出場32校】
<北海道>
旭川南(初出場)

<東北>
仙台育英(宮城・6年ぶり9回目) 聖光学院(福島・初出場)

<関東・東京>
千葉経大付(千葉・初出場) 佐野日大(栃木・13年ぶり3回目)
日大藤沢(神奈川・9年ぶり3回目) 桐生第一(群馬・3年ぶり3回目)
成田(千葉・2年連続2回目) 帝京(東京・11年ぶり13回目)

<北信越>
日本文理(新潟・2年連続2回目) 創造学園大付(長野・初出場)

<東海>
常葉菊川(静岡・3年ぶり2回目) 中京(岐阜・4年ぶり5回目)

<近畿>
報徳学園(兵庫・3年ぶり16回目) 大阪桐蔭(大阪・3年ぶり3回目)
北大津(滋賀・2年連続2回目) 市川(兵庫・初出場)
北陽(大阪・13年ぶり8回目) 県和歌山商(和歌山・70年ぶり3回目)

<中国>
広陵(広島・3年ぶり21回目) 関西(岡山・3年連続9回目)
宇部商(山口・2年ぶり7回目)

<四国>
高知(高知・6年ぶり14回目) 今治西(愛媛・7年ぶり9回目)
室戸(高知・初出場)

<九州>
熊本工(熊本・3年ぶり20回目) 大牟田(福岡・初出場)
小城(佐賀・初出場) 鹿児島商(鹿児島・21年ぶり12回目)

<21世紀枠>
都留(山梨・初出場) 都城泉ヶ丘(宮崎・初出場)

<希望枠>
大垣日大(岐阜・初出場)


【補欠校】
北海道 北海道栄 駒大岩見沢
東  北 八戸工大一(青森) 盛岡大付(岩手)
関  東 浦和学院(埼玉) 富士学苑(山梨)
東  京 桜美林 八王子
東  海 海星(三重)
北信越 星稜(石川) 福井工大福井(福井)
近  畿 近江(滋賀) 東洋大姫路(兵庫)
中  国 華陵(山口) 盈進(広島)
四  国 香川西(香川) 徳島商(徳島)
九  州 福岡工大城東(福岡) 八重山商工(沖縄)
21世紀 成章(愛知) 釧路江南(北海道)
希望枠 浦和学院(埼玉)
posted by カミュ | Comment(12) | TrackBack(0)

2007年01月17日

選抜候補校は...

第79回選抜高校野球大会の候補校一覧。
高校紹介では高校野球ならではのユニークな練習法も載ってました。
出場校選考会はあと10日ほど。

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/ama/high/07senbatsu/etc/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年01月08日

センバツ出場校有力校

新春最初は選抜出場の私的有力校を挙げてみます。
07年選抜の出場校が決まるのは例年より早くなり今月26日。
今回は結構難しい選考になりそうですね。

■北海道(1)
旭川南
柔道オリンピック選手も輩出している旭川南が北北海道勢として13年ぶり。

■東北(2)
仙台育英 聖光学院
本格派右腕佐藤投手擁する仙台育英と聖光学院が当確。

■関東(4.5)
千葉経大付 佐野日大 日大藤沢 桐生第一 成田
試合内容からしても上位4校はすんなり決まりそうです。
5校目なら佐野日大と競った成田が有力。希望枠の可能性もありますが…。
都留は21世枠地区推薦校にもなっています。

■東京(1.5)
帝京
帝京は確実として桜美林より成田の投手力を買って1校に。

■北信越(2)
日本文理 創造学園大付
問題は2校目。
決勝で赤羽投手を投入せずに2−9で完敗した創造学園大附に対し、
準決勝の文理戦で序盤大量リード、結果的に9−12と接戦だった星稜。
第75回大会に福井高が選出された例もありますが意外とすんなり決まるか!?

■東海(2)
常葉菊川 中京
前評判の高い左腕を擁する両校。
岐阜大会で中京に6−0で優勝した大垣日大が補欠なら希望枠での選出も。

■近畿(6)
報徳学園 大阪桐蔭 北大津 市川 北陽 熊野
近畿は初戦敗退の高校が選ばれた時もあるので熊野。
県大会で智弁和歌山に大敗してるので、それも考慮すると智弁にも…。
でも和歌山は県和歌山商をかなり推してるからなー。
夏は智弁なのでたまには違う高校もと思いますが…。

■中国(2.5)
広陵 関西 宇部商
神宮枠が四国に行ったことで3校になるか。
華陵は21世枠地区推薦校にもなってるので宇部商かな。

■四国(2.5)+神宮枠(1)
高知 今治西 室戸
準決勝が共に完封完勝で上位2校は固いとして3校目は室戸が有力。

■九州(4)
熊本工 大牟田 小城 鹿児島商
上位4校ですんなりいくかなー。
福岡工大城東も無きにしも非ず…。

■21世紀枠(2)
都留 華陵
桐光学園に勝ち、桐生第一に善戦した進学校の都留。
都城泉ヶ丘も迷いましたが都留を選んだので新興勢力の華陵に。

■希望枠(1)
大垣日大
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年04月07日

食べ物...

しばらく滞在することが出来たので色々なところへ行きました。
ほとんど朝の散歩でしかいけませんでしたが...
賑やかな東通商店街を抜けて夜の扇町公園へ...噴水は綺麗でしたがちょっと怖かったかな。(笑)
天六のほうから北区役所と色々な回ってみました。
今回出会った美味しかったものを紹介します。

○阪神梅田駅の生ジューススタンド
定番ですね。今回はいちごもあって美味しかったです。

○新梅田食道街
そばのとり平。鴨うどん(そば)はじめどれも美味しかった。
ほとんど毎朝お世話になりました。

ミックスジュース美味しい♪ きつねうどん

○梅ダコ
たこ焼きだけは全く違いましたね。1パック250円の安さと美味さ。
ソース等すべてかけてもいいですがポン酢だけもよかったです。
地元のじゃもう食べられません。帰りも買いました。(笑)

○十八番(天五)
貝汁定食350円。ご飯とアサリの味噌汁、漬物だけです。
味噌汁はやや濃い口でしたが常連が出来る店ですね。
場所は梅田の東通商店街を離れて天六のほうへトコトコと。
中崎1の交差点から中崎商店街へ…
途中小路に公園があって桜が咲いていて綺麗でした。
商店街を通り抜けて大通りを越えたところです。

○天六のうどん?
牛すじうどん350円。
日本一長い商店街「天神橋筋商店街」はさすがに長かったです。(笑)
店はちょっと行った先ですね。正式名は何なんでしょうか。
「とにかくうまい」の文字通り美味しかったです。
立ち食いなのですが出汁がしっかり、牛すじが沢山入っていて最高でした。
こちらも朝早くからやっています。
向かいに十八番がありましたがど、こちらが本店なのかな。

黒崎町公園の桜 朝の天神橋筋商店街 とにかくうまい
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2006年04月05日

横浜が8年ぶり3度目の優勝!

第78回センバツ高校野球大会は横浜が清峰を21-0で下し優勝しました。
それにしても14安打9盗塁21得点。(^^;
21得点は決勝史上最多点記録更新。
川角が6回まで3安打、2番手浦川が3回を無安打に抑え完封リレー。

清峰17四死球ですか…
これまでの出来とは違いましたが県勢初の準優勝、立派だと思います。
初出場で決勝進出、本当は「旋風・快進撃」なのかな?
もはやそんな感じもしませんが(笑)
また夏に向けてがんばってほしいですね。

▼決勝
横 浜 031 209 024=21 (横)川角、浦川−福田
清 峰 000 000 000= 0 (清)有迫、富尾、有迫、佐々木伸、木原−田辺、大田、内山

長崎と神奈川の対戦というと過去に3度対戦があるようですが、
いずれも神奈川が完封勝ちしてるみたいです。
分が悪いとはいえ、ここまで点差がつくとは…

1971 海   星 0-6 桐蔭学園
1983 佐世保工 0-6 横浜商
1984 海   星 0-6 桐蔭学園

あ、招待試合のときのパンフレットまだありました。(笑)
もちろん今のメンバーいます。
今大会と同じような野球してました。

posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2006年04月04日

いよいよ決勝戦...

久々の更新になりました。
準決勝2試合が行われて横浜が3年ぶり、清峰が初の決勝進出を決めました。

横浜は17安打の猛打、岐阜城北の尾藤投手はこれまで好投していただけに残念。
横浜は離してもバントで送る手堅い野球。
点差があっても高校野球は本当に分かりませんので(笑)
KOKO横高!

清峰は長崎県勢として初の決勝戦へ。
すっかり御なじみになった緑の応援席も綺麗です。
有迫投手はPL打線を2安打完封。
四死球が多くても抑えたりして不思議な投手ですよね。
一方のPL・前田投手も秋田商戦でホームスチール決めてましたが(^^;

決勝戦はどうなるのかな。
横浜は本当に強いですよね。八重山商工戦はすごかったですが(笑)
清峰も粘りがあるし守備も上手いので記憶に残る決勝戦になることを期待しています。

▼準決勝
▽第1試合
横   浜 005 600 001=12 (横)川角、西嶋、落司、浦川−福田
岐阜城北 000 001 120= 4 (岐)尾藤、山下、種田、太田−水川

▽第2試合
清   峰 010 030 200=6 (清)有迫−田辺
P L 学 園 000 000 000=0 (P)前田、三宅−仲谷
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2006年03月23日

神港学園、成田、智弁和歌山が完封勝利!

第78回選抜高校野球大会大会が開幕しました。
選手宣誓は岐阜城北の太田恵太主将。
試合のほうは開幕3試合共に完封勝ちという珍しい日になりましたね。(笑)

開幕試合は慣れてる?神港学園が南陽工を下しました。
地元兵庫なので勝ち上がって盛り上がるといいですね。
伝統校成田も初戦突破。
智辯和歌山は注目の打線がやや鈍かったようですが徐々に調子を上げていくのかな。

▼第1日
▽第1試合
神港学園 001 102 000=4 (神)林−苧坂
南 陽 工 000 000 000=0 (南)仲野−佐伯

▽第2試合
小 松 島 000 000 000=0 (小)安達、福島−栗田
成   田 000 002 01X=3 (成)唐川−古跡

▽第3試合
伊万里商  000 000 000=0 (伊)多久島、山田−馬場
智弁和歌山 003 100 00X=4 (智)竹中−橋本

関連サイト。NHKはかっこいいですね。(笑)

毎日新聞 毎日放送 NHK

それと日本文理の応援に行くのでしばらくお休みします。
ではでは♪
posted by カミュ | Comment(14) | TrackBack(0)

2006年03月17日

センバツトリビア(学校編)

▽公立と私立
出場32校の内訳は公立14、私立18校。
89年に公立(18)が私立(14)を上回ったのを最後に17年連続私立校上位。
平成以降、公立勢の優勝は95年観音寺中央(香川)だけ。

▽新顔、常連、古豪
初出場は昨年より5校多い12校(春夏通じて初は5校)。
初出場校が12校以上は03年以来、8度目(最多は84年の16校)。
連続出場は東海大相模、関西各2年の2校。
金沢桜丘が53年ぶり、早実、高岡商が18年ぶりに出場。

▽創立
最古参は関西の1887年(明治20年)。
明治時代にできた学校が8校、大正時代生まれは4校。
新しいのは日本文理と北大津の84年(昭和59年)。

▽創部
最も古いのが関西で1895年(明治28年)。
新しいのが愛知啓成で2001年(平成13年)。

▽出場回数
PL学園の19回が最多。早実の18回が2番目。
春夏通算では早実が44回、PL学園が35回、横浜が22回。

▽センバツ勝利
PL学園が44勝、早実が17勝、横浜が16勝。
春夏通算でもPL学園が91勝でトップ。早実が48勝、横浜が42勝。

▽紫紺の大旗
優勝経験があるのはPL学園が3回、横浜が2回。PL学園は春夏通算でも7回で最多。
1回が早実、東海大相模、智辯和歌山、岡山東商の6校。
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2006年03月17日

センバツ関連...

日本高野連は17日、第78回選抜高校野球大会の登録選手変更を発表。(丸数字は背番号)

▽一関学院(岩手)木村光太郎に代わり「寺川弘晃〈14〉3年」

▽秋田商(秋田)吉田公に代わり「鈴木慎吾〈14〉2年」

▽日本文理(新潟)中野竜一に代わり「水落達朗〈11〉3年」、安部整に代わり「渋谷龍一〈13〉3年」、
鶴巻龍樹に代わり「前沢一歩〈18〉2年」

▽金沢桜丘(石川)新田竜平に代わり「喜多俊之〈13〉3年」、森竜二郎に代わり「中田侑秀〈17〉3年」

▽履正社(大阪)伊吹翔太に代わり「橋本広祐〈11〉3年」

▽神港学園(兵庫)飯尾友一郎に代わり「木内光成〈15〉3年」、新井一真に代わり「磯崎建成〈16〉3年」

▽岡山東商(岡山)森脇大成に代わり「松田純弥〈12〉3年」

▽延岡学園(宮崎)壱岐将成に代わり「権堀直人〈14〉2年」


▼甲子園練習がスタート
出場32校のトップを切って、地元兵庫の神港学園が練習を開始。
17日は履正社(大阪)北大津(滋賀)、旭川実(北海道)真岡工(栃木)
今治北(愛媛)、京都外大西(京都)、愛知啓成(愛知)の計8校。

甲子園練習の日程
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年03月16日

センバツトリビア...

2006年版です。

〜 監督編 〜

▽甲子園出場
最多出場は高嶋監督(智辯和歌山=智辯学園時代含む)の23回。
これに次ぐのが渡辺監督(横浜)の19回。甲子園初采配は10人。

▽選手と監督
高校時代に選手として甲子園の土を踏んだのは14人。
日本文理・大井監督は59年夏に宇都宮工のエースで4番で準優勝。
京都外大西・上羽監督は87年初に京都西(現・京都外大西)の主将で出場し、
開会式で史上初となる英語を交えた選手宣誓をしました。 

▽甲子園通算勝利
最多は高嶋監督(智辯和歌山)の46勝。
以下、渡辺監督(横浜)38勝、金沢監督(光星学院)、浜崎(延岡学園)の8勝。
高嶋監督が4勝すれば中村監督(元PL学園)58勝に次ぎ2人目の甲子園通算50勝。

▽4つの年代でV
渡辺監督(横浜)は73年春、80年夏、98年春夏連覇と甲子園で4度優勝。
今大会優勝すれば異なる4つの年代でVに...

▽年齢
最年長は日本文理・大井監督の64歳。
最年少は高崎商・住吉監督、PL学園・藤原監督の31歳。
日本文理と高崎商は大会4日第1試合で対戦します。

▽出身校
日体大、中京大の4人が最多。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。