2008年02月04日

帝王実が全国制覇!深紅の大優勝旗を手に

第11回記念青空選手権大会は帝王実が金鯱商を6-0で下し初の全国制覇を遂げました。

共に初優勝をかけた決勝戦。
帝王実は中村、金鯱商は内田が先発。
両校共に初回は静かな立ち上がりでしたが試合が動いたのは2回。
帝王実は足を絡ませ柴本、赤峯の連打で2点を先制。
4回にも柴本の2塁適時打で3点目をあげると6回には捕逸で4点目。
さらに8回は福野、大門の連続2塁打で2点を追加しリードを広げます。

金鯱商は内田が延長戦の影響からかキレを欠き序盤から捕まります。
6回4失点で2番手の酒井にスイッチ。
それではと得意の競り合いにもっていきたい鯱打線。
しかし小林の3塁打で無死3塁とチャンスを作った6回も後が続きません。
結局この日は強力打線が影を潜め、中村の前に散発5安打に抑えられました。
残念ながら前回大会に続いて東海勢初の全国制覇はならず。

12安打6得点と終始自分たちのペースで試合をした帝王実。
中村も9回を3四死球9奪三振の好投をみせ深紅の大優勝旗を手にしました。
帝王実は春夏通じて初優勝。茨城県勢としても初になります。

茨城の中で徐々に頭角を現してきた帝王実も今や全国の強豪。
昨秋は関東大会を初制覇し選抜青空出場。
そして夏悲願の全国制覇と見事なチームでした。

今大会は記念大会ということで全国55校が集結。
常連、新鋭、古豪と結構バランスよかった感じかな??
ベスト8の顔ぶれ見ると新鮮な顔ぶれで年毎の厳しさがわかります(笑)。
負けた高校もそれぞれドラマがあるのが面白いところですよね。

第1回大会の早実の初優勝から始まり色々と記憶に残る名勝負がありましたね。
その中で蒼天義塾の夏連覇は本当にすごい記録です。
6年目からは選抜青空も開催し本格的な甲子園方式へ。
東西で見ると優勝校は半々くらいになったんでしょうか(笑)。
北海道と東海、中国の優勝はなかったのかー。
岡山南が惜しかったですが(^^;
四国が4度と最多でしたね。
歴史があるので名残惜しいなー。(T_T)

さて、気持ちを切り替えてきびさん主催の次の大会はココシミュ初の団体戦になります!
大会方式としては以前ゆーれーさんが行っていた方式に似ているようです。
昇部、降部もありますよ♪
又、チームが足りない場合はレンタル校もあるので安心です♪
まだ初期の段階ということで今後色々と変更等あると思いますが楽しみです。(^o^)/

※アドレスも変更になるので要注意。
http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/

http://suricogi.sakura.ne.jp/


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年08月12日

帝都が初の栄冠に/青空甲子園

第10回青空選手権大会は第14日、決勝戦で三つ葉高等部(岐阜)と帝都(東東京)が対戦。
帝都が6−3で勝利し、7回目の出場で初優勝を果たしました。

先制された帝都は1回裏2死一二塁に水野、斉藤の連続適時打で3点取り逆転。
2回、6回にも長短打で追加点を挙げると7回には相手のミスで6点目。
エース大門は4回途中まで2失点。
継投した増島が5回2/3を無四球1失点に抑え、粘る三つ葉を振り切りました。
帝都は創部以来初の優勝に輝きました。
東東京としても初めて深紅の大優勝旗を手に。
東京勢としては早稲田実(西東京)の2回に次いで3度目の優勝校に。

三つ葉は初回に先制し3回は連続2塁打で2点目。
7回には萩原のソロ本塁打で3−5と2点差に迫る粘りを発揮。
4連投になった主戦の金森は、序盤帝都打線につかまり4失点。
今大会一人で投げ抜いてきました金森でしたが5回途中で降板。
2番手の本田も最後まで投げぬきましたが惜しくも準優勝に終わりました。

▽決勝
三つ葉 101 000 100=3 (三)金森、本田−飯川
帝  都 310 001 10X=6 (帝)大門、増島−鳥羽

今大会は初戦から優勝候補らが敗れる波乱の展開。
まさに戦国大会でした♪
その中でも優勝した帝都は勝負強さと試合巧者ぶりを発揮。
準決勝で昨年の準優勝校を下すと一気に頂点へ上りつめましたね。

荒武者三つ葉も初戦で初準優勝の蒼天を下すと次々と強豪を撃破。
エース金森と海野を中心とした強打で勝ち上がってきました。

昨夏準優勝の越前大眼鏡は準々決勝で完全試合を達成。
惜しくも準決勝で敗退となりましたが初出場から早くも全国の強豪へと成長。
一握芸能も安定した力を発揮し東北の雄に。

強打の京都日新館、常連校の振徳堂が初の8強入りと今後が楽しみ。
武州大浦和も8強と復活してきましたね♪

初出場では春夏連続出場の浜松商が8強。
横浜、首領十家、阿蘇軽寺らが2勝を挙げる活躍。
また、金鯱商が大会最多得点となる15得点は初出場校では新記録。

新しく台頭してきたりと更なる混戦模様を呈してきた青空甲子園。
苦杯を舐めた強豪校の巻き返しなるか!?
新シーズンとなる秋も楽しみになってきました♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年08月09日

青空甲子園、4強は!?

第10回青空選手権大会は大会12日目が終了。
ベスト4が決定。
今日は記録が出たようです♪

第1試合は三つ葉が競り勝ってまず一番乗り。
金森11奪三振でしたね。
振徳堂、好機はあったのですが持ち前の集中打が出ず惜敗。

第2試合はまさに帝都らしい勝ち方♪
地方からこういう試合してきてるので面白いですね。
京都日新館・林田も好投してましたが7回が悔やまれます。

第3試合はこれまた一握芸能らしさが出た試合。
型にはまると崩せませんね。
お馴染みの継投に打線も良いところで得点し浜松商を下しました。

第4試合は注目の試合で眼鏡・久米が完全試合達成!
好投手同士の投げあいでしたが15奪三振と浦和打線を零封(゜o゜)
大一番を制した越前大眼鏡がこのまま行くかそれとも…。

▽準決勝
三つ葉高等部(岐阜)×一握芸能(岩手)
帝都(東東京)×越前大眼鏡(福井)

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年08月08日

青空甲子園、8強決まる!

第10回青空選手権大会は大会11日目が終了。
ベスト8が決まりましたね。
この前間違った(笑)。

準々決勝の組み合わせは以下の通りです。
大会もいよいよ大詰め!

▽準々決勝
振徳堂(宮崎)×三つ葉高等(岐阜)
京都日新館(京都)×帝都(東東京)
浜松商(静岡)一握芸能(岩手)
越前大眼鏡(福井)×武州大浦和(埼玉)

振徳堂はエース石山を中心に守り勝つ野球。
三つ葉高等も投の金森、打の海野を軸に好投手を攻略し打線も上向き。
投げ合いになるか??

京都日新館は強力打線を引っさげ初の8強入り。
接戦に強く粘り強い帝都は負けない野球。
こちらも接戦になりそうで面白そう♪

センバツを経験して夏に伸びてきた浜松商。
投打にまとまっており勢いもあります。
優勝経験のある一握芸能は今年も接戦に強く中江、東山の2枚看板は健在。
力のぶつかり合いになるか。

前回準優勝の越前大眼鏡は金鯱商の強力打線を完封し上が見えてきました。
武州大浦和は石口が復活し久々の4強入りに気合十分。
これは注目の一戦ですね。

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年08月02日

青空選手権、2回戦へ

第10回青空選手権大会は大会第7日で全ての高校が出揃いました。

春8強が全て敗退するなど荒れた大会になっております。
早くも8強一番乗りも決まってますよ♪

これまで見た感じ低反発球導入(笑)によりロースコア、接戦の増加か。
延長戦も4試合ですね。
一つ一つ見るとにんまりしてしまう展開に(笑)。

守備型やそれを打破して活躍するチームをつくったり…。
色んなタイプの育成ができるんじゃないかと♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年07月23日

第10回青空選手権が開幕!

第10回大会が開幕。
初選手宣誓ということで緊張(笑)。
14日間の熱戦の幕が切って落とされました♪

開幕試合は、横浜(神奈川)対爆釣水産(宮城)。
横浜は初回に先制すると中盤以降にも追加点を入れて5−1。
投げては先発福角が打たせて取る投球で6安打1失点に抑えて初勝利。

第2試合は今治西(愛媛)対一握芸能(岩手)。
今治西が点を入れて一握芸能が追いつく展開に。
2−2で迎えた8回3番草柳の貴重な勝ち越し打で一握が2−3と逆転。
最後はお馴染みの中江、東山のリレーで粘る今治西を振り切り2回戦へ。

第3試合は石見銀山商(島根)と桐生第一(群馬)が対戦。
早速初日に登場した桐生一でしたが得点圏で1本出てくれて良かった…。
いつも出ないのが悩みだったので(^^;
先発山本も要所を抑える投球。
最終回は無死1、2塁のピンチでしたが犠打失敗ゲッツーと好プレーが出ました。
最後はヒヤヒヤしましたが何とか逃げ切り。
久々に幸先が良い白星で期待♪

大会2日目は常連強豪校が続々登場します。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年07月21日

青空、組み合わせ決定!

ココシミュのほうは一足早く青空甲子園の組み合わせが決定しましたね。

第10回青空選手権大会は7日目第3試合までの日程も発表。
今年からは東西対決もなくなり隣県同士の対戦も。
早速いくつか対戦がありますね♪

開幕戦は横浜×爆釣水産の初出場同士に。
第2試合は今治西と選抜優勝経験のある一握芸能が登場。
第3試合の桐生第一は石見銀山商との初戦になりました。

大会2日目は強豪同士の対戦ばかりで注目されそうです。
広島商は夏最多出場を誇る弘道館と。
海南侍高専×流氷灯台、北勢大四日市×越中灯台と熱戦が期待されます。
第4試合の千畳敷×金沢は隣県同士ですね。

大会3日目はセンバツ出場校が固まったか(笑)。
小比類巻一×帝都は厳しい予選を勝ちあがってきた同士。
讃岐饂飩造と春8強の福河豚。
センバツ準優勝の蒼天義塾が三つ葉高等部と対戦。
春旋風を巻き起こした湯布院は接戦をものにしてきた尚徳館と。

大会4日目は3年ぶりに大阪桐蔭が登場し唐津商との初戦です。
センバツ4強の鹿寄席は紫香楽、夏初出場の阿蘇軽寺は会津日新館と。
強豪同士の鷲羽山と大東亜学園も白熱しそうです。

大会5日目のほうとうと振徳堂は試合巧者同士の対戦。
函館演歌、くろがねの初出場校は忠臣蔵、京都日新館の近畿勢との初戦に。

大会6日目、神村学園×出羽桜は常連校同士の対戦。
早実と浜松商は投手戦になりそう。
黒羽×首領十家、金鯱商×八重山商工も面白い試合になりそうです。

大会7日目は昨夏準優勝の越前大眼鏡が美人小町と。
土佐×武州大浦和は常連校同士の対戦。
第3試合の明訓で全ての高校が出揃い、2回戦が始まります。

いよいよ14日間の熱戦が開幕です♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年07月15日

青空、晴れの代表校

第10回青空選手権大会に出場する全49代表が出揃いました。

北北海道は流氷灯台が3年ぶりですね。
南はウトナイ、積丹美国を下した函館演歌が初の甲子園。

東北は連続出場と初出場に分かれました(笑)。
一昨年の優勝校一握芸能も健在。
爆釣水産は春夏あわせて初の甲子園になりますね。

関東は初出場が多め。
春苦杯をなめた弘道館でしたが夏はしっかり借りを返し最多の10回目。
黒羽、くろがねは常連校を撃破しての嬉しい初代表。
横浜は経験ありかと思ってましたが意外と初なんですね。

東京は激戦化しつつありますが帝都が2年ぶり、早実は連続完封と復活気配も漂います。

北信越は常連校が強い地区。
投打がかみあった明訓が初出場。
昨夏準優勝の越前大眼鏡ら常連校はしっかり夏の切符を手に。

東海は新興勢力が元気ですね。
春は経験している浜松商、金鯱商が夏初出場。
三つ葉高等部も意外に4年ぶりですね。
北勢大四日市が明野をサヨナラで下して連覇。

近畿は返り咲きが多いようです。
報徳学園は最近元気ありませんね(汗)。
注目の和歌山は海南侍高専が連覇。

中国は尚徳館、福河豚が初。
毎年争ってた岡山は鷲羽山が盟主になりつつあるのか(笑)。
広島商が4年ぶりですね♪

四国はセンバツの讃岐饂飩造が初。土佐は2年ぶり。
センバツ準優勝の蒼天義塾、今治西は連覇できましたね。

九州も初が多いですね。
センバツ旋風を吹かせた湯布院が空想科学を下して初代表。
首領十家、八重山商工は春夏あわせて初。
振徳堂、神村も座を明け渡さず5年連続で出場決定です。

果たして東西対抗廃止、最初の組み合わせがどうなるか♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年07月12日

第10回青空選手権大会、地方予選

89回夏の予選の方は島原中央、まずは初戦突破♪
熊工もコールド勝ち。
2年目の熊本国府もコールドで初戦突破してますね。
早く梅雨明けしてほしいです(笑)。

さてココシミュの方では第10回青空選手権大会の地方予選が開幕。

今回から規約が変更になりましたね。
まず投手の調子制限を廃止。
それと本選では北海道と東京以外で東西対決方式が廃止になって組み合わせも楽しみ♪
後は同じかな。

早速ですが続々代表校が決まってます。
なんか結構ビッグイニングがチラホラあるようで面白い。
夏は各都道府県の代表は1校なので現実と同じで厳しいですよ♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月12日

青空、秋季地区大会

東北、関東、中国地区で日程が進んでいます。
各地区大詰め、そろそろ有力校の声も聞こえ始めてきたか!

■秋季東北地区大会(準々決勝)
美人小町4−1南部領鹿角
羽黒4−3鳴子天鳳
羽州学院4−3小比類巻一
南部工0−4出羽桜

■秋季関東地区大会(準々決勝)
江川学院1−0帝王実
樹徳1−0中山坂
立花学園2−4横須賀芦名
弘道館3−2潮風灯台

■秋季中国地区大会(準決勝)
豪夜堂1−2x福河豚
長門探題0−2広島商

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月17日

深紅の大優勝旗は空想科学に!

第9回青空選手権大会は大会14日目。
前回大会準優勝の空想科学(大分)と初出場で初の決勝進出越前大眼鏡(福井)の決勝。

空想科学有利と見ましたが試合は越前大眼鏡が3回1死三塁に大竹の三安で1点先制。
越前大眼鏡のエース久米を中々攻略できない空想科学でしたが、
6回2番手の真壁から里中が同点アーチが飛び出し1−1。
8回2死から東野が死球、佐野の左安で好機を作ると4番西村の適時打で逆転に成功。
さらに矢吹の適時2塁打で2点追加し4−1とリードを広げます。
前半苦しんだ先発野村でしたが後半立て直し終わってみれば無四球完投。
空想科学が大分として初となる深紅の大優勝旗を手にしました。
九州勢としては日南学園(宮崎)、福岡第一(福岡)に次いで3校目の優勝校に。

前回覇者の紀州学院が和歌山大会で敗退。
選抜優勝、準優勝校も早々と消え、混沌としましたが最後は空想科学が。
前回決勝では悔しい敗戦を経験してるだけに悲願の初優勝でしょうか♪

そして今大会も色んなドラマが...
唐津商がセンバツに続くベスト4とこの一年は唐商旋風でしたね♪
残念ながら準決勝で敗退した弘道館は初戦から難敵揃いでしたが、
今大会も4強まで勝ち上がってくるのはさすがでした。

初出場のPLやウトナイはじめ覇道研究、会津日新館らが活躍。
古豪の江川学院、小比類巻一も今後が楽しみです。
秋田の羽州学院や山形の出羽桜ら東北勢の活躍も目立ちました。

東高西低かと思いきや最後は西勢が勝つ展開が多いですね。
ちなみに9回のうち7回が西勢です♪
東もガンバレ!

■第9回青空選手権決勝
空想科学  000 001 030=4 (空)野村−中山
越前大眼鏡 001 000 000=1 (越)久米、真壁、古田−古田、真壁
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月13日

ベスト8出揃う!

第9回青空選手権は大会11日目、3回戦4試合が行われ準々決勝に進出した8校が出揃いました。
初戦対決では圧倒的に勝ってた東勢、8強は4校ずつ残って五分に♪

ご存知の通り3回戦終了時点で組み合わせは一旦シャッフルされます。
初出場校は春ベスト4の唐津商をはじめPL学園、越前大眼鏡、ウトナイの4校。
第2、3試合は初出場校同士の組み合わせになりましたね。
第1試合は早実と弘道館、第3試合は羽州学院と空想科学の強豪同士が激突!
一番面白いとされる準々決勝、楽しみです♪

■大会12日目(準々決勝)
第1試合 早稲田実(西東京)×弘道館(茨城)
第2試合 唐津商(佐賀)×PL学園(大阪)
第3試合 越前大眼鏡(福井)×ウトナイ(南北海道)
第4試合 羽州学院(秋田)×空想科学(大分)
posted by カミュ | Comment(5) | TrackBack(0)

2007年03月07日

東西対決は東の圧勝!

第9回青空選手権の大会7日目です。

今日は第4試合でPL戦。
最後の砦、甲府に期待しましたが完膚なきまでに打ちのめされてしまった。(T_T)
投手6人繰り出したのは予想外(汗)
PL強かった...
でも初出場で一つ勝てたので良かったです。
来春に期待します♪

そして初戦の東西対決は東が18勝、西が6勝と東勢が圧勝!
ここまで開いたのは大会初めてかな(^^;
これで全ての高校が出揃いました。
皆さんの高校はどうでしたでしょうか。
いよいよ2回戦突入です♪
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月04日

第9回青空選手権大会、3日目...

遅ればせながら大会関係2つ...
まずは第9回青空選手権の大会3日目。

第2試合、江川学院戦...
シーソーゲームのような展開になって延長戦に...
最後は竹中の長打で1点返すかと思いましたがバックホームでタッチアウト。
先制までは良いのですが徐々に相手の圧力がかかって来ると崩れる感じです。
前日に続いて後一歩の惜しい試合でした。(T_T)
この悔しさは後輩がいずれ♪

その他、春の覇者一握芸能は堅守で初戦突破!
連覇に向けてまずは良い出足のようです。
仙台育英は快勝、越中灯台は完封勝利で2回戦進出です。
第4日目はすごい試合があった模様...
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月02日

第9回青空甲子園、大会2日目...

第9回青空甲子園の大会2日目。

桐生第一は唐津商との初戦でしたが3-5で敗退。
適時打とスクイズで2点リードしましたが、
5回に連打であっという間に3点取られて逆転。
しかしこっちも粘って7回に沖の一打で同点!!!
さらに逆転のチャンスでしたがスクイズを読まれてしまい同点止まり...
この流れを唐津商は逃しませんでした。
その裏に勝ち越し点を奪われ8回にも1点追加されて試合終了。
あともう一息だったのに惜しかったなー。(T_T)

今日の第2試合では覇道研究がセンバツ8強の大東亜学園を下す!!!
4番小久保、見事なホームランでした。
長門見事な逆転勝ち...東東京代表の帝京、強いです。
大会3日目は清峰がでるので期待したいところ♪
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年03月01日

「夏」開幕!

第9回青空選手権が開幕!
熱闘青空甲子園といきたいですね♪

青空甲子園に進めたのは4校ですがそのうち2校が大会第1日目に。
熊本工は開幕ゲームでしたが挨拶代わりに初回の2ランを浴びる事に…。
その後も失点を重ねて終わってみると0−8の完敗でした。
熊本大会のような試合展開にもって行きたかったのですが厳しかった。
開幕戦はもういやだぁぁー(爆)

第2試合は東海大甲府が登場。
エース堤野が苦しみながらも何とか抑えてくれたのが結果に繋がりました。
土壇場で同点にされたときは「ぐあぁぁぁぁ」って感じでしたが(^^;
ココシミュの醍醐味を味わった試合でした。
2回戦進出♪

第3試合はPL学園が佐渡ヶ島を5−2で下して2回戦進出。
この結果、東海大甲府の相手はPL学園に決定。
強豪大阪、気合入れて頑張ってほしいです♪
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年02月26日

夏の出場校揃う!

第9回青空選手権がいよいよ開幕。

夏の厳しい地方大会を勝ち抜いてきた49校が全て揃いました。
春の優勝校一握芸能は春夏連覇に挑みます。
準優勝校の佐久長聖も長野大会を勝ち抜いてきました。

最多出場は弘道館(茨城)の9年連続9度目。
続いて羽州学院、江川学院、空想科学の8回目。

初出場校が雄武(北北海道)ら18校。
今回も初出場校が多くなってますね。
春4強の唐津商、8強の大東亜学園はじめ活躍しそうな高校が多いです。
和歌山の海南侍高専は昨夏優勝の紀州学院を下しての初出場。
予選では完全試合を記録するなど前評判が高いです。

今まで出てこなかった高校が出場したり、春の勢いを継続しているチームや
常連校実力校が入り混じった49校になりましたね。

東西対決ですが前回が東の11勝に西の13勝で西に軍配。
今回は果たしてどうなるか!?


そして3回戦までの組み合わせも決まりました。
準々決勝から再抽選になります。

開幕試合は次郎長(静岡)と熊本工(熊本)が対戦。
第2試合は忠臣蔵(兵庫)と東海大甲府(山梨)の初出場校同士。
第3試合は共に選抜出場の佐渡ヶ島(新潟)とPL学園(大阪)になります。

一握芸能(岩手)は大会3日目第1試合で砂ヶ丘(鳥取)と、
佐久長聖(長野)は大会5日目第2試合で蒼天義塾(徳島)との対戦。
大会6日目は好投手三浦擁する海南侍高専(和歌山)と弘道館(茨城)がぶつかる1回戦屈指の好カード。
開幕は今月28日予定。
夏の頂点を目指す全国49代表校の熱戦が期待されます♪
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年02月21日

9年度青空選手権地方大会が始まる

9年度青空選手権に向けた地方大会が北海道から始まりました。
今回は北からですね。

年々地方大会らしく熱い試合が多くなってきましたが、
負けたら最後の夏の大会...
拮抗したとても激しい試合も多いようです。

センバツ出場校も苦戦してる模様...
今回は春からの流れに注目してみたいと思います♪

夏の顔ぶれがどうなるのか楽しみです。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月25日

紀州学院が初優勝!

第8回青空選手権大会は大分代表の空想科学と和歌山代表の紀州学院の決勝戦。

空想科学は前回大会ベスト8でこれまでもベスト4はありましたが決勝は初。
対する紀州学院は初出場で初の決勝進出。

まず主導権を握ったのは空想科学。
犠打を絡め長短打で5回までに5−1とリードします。
しかし6回澤田の2点走本で2点差とすると今度は逆に紀州学院ペースに。
8回に1点取ると9回土壇場で5−5の同点に追いつきます。

そして延長11回澤田がこの日2本目の本塁打で6−5とついに逆転!
最後は2番手の野茂投手が守りきって初の栄冠を手にしました。

空想科学は安定度抜群だったエース野村が7回2/3を4失点で交代。
6回以降打線が湿り、追加点が取れないまま流れを失った感じでしょうか。
あと1アウトだっただけに本当に悔やまれます。

序盤で離されるとなかなか追いつけませんが見事に逆転した紀州学院。
それにしてもエース上田投手の後を継いだ野茂投手は打って投げて大活躍。
決勝戦にふさわしい名勝負になりましたね。
春夏通じて初めて和歌山に深紅の大優勝旗をもたらしました。

今大会は初出場校の活躍が目立ちました。
8強のうち6校が初出場で優勝した紀州学院に金沢が4強と大旋風。
東の横綱弘道館の復活、石見銀山商が8強に入るなど大きく躍進。
新鋭校も好ゲームを展開していて今後が楽しみです。

劇的な試合あり、打撃戦含め得点も高かったんじゃないでしょうか。
現実並みになかなか勝ち上がるのは難しいと思いますがどんどんチャレンジして欲しいです♪
ベスト8も初戦の東西対決に続き、西が5校に東が3校とこちらも西勢が強かったです。

余談…空想科学といえば黒いユニフォーム。
現実でも黒いユニフォームの学校があったみたいです。
大阪の現・明星高校ですがかなり昔みたいなんで見た事ある人はいないでしょう。(笑)

■第8回青空選手権大会【決勝】 第14日
紀州学院 000 102 011 01=6 (紀州)上田、野茂−深松
空想科学 112 010 000 00=5 (空想)野村、香田−中山
posted by カミュ | Comment(7) | TrackBack(0)

2006年10月18日

東西対決は西に軍配!

第8回青空選手権大会の初戦が全て終わりました。

東西対決ですが東の11勝に西の13勝で西に軍配が上がりました。
前回は東の14勝に西の10勝でしたので西が盛り返してきましたね♪

初出場校が多い今大会ですが、やはり活躍していますね。
その中から優勝校も出そうな勢いですが果たして…。
そして八強はどの高校になるかな♪
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月09日

青空選手権大会、開幕!

第8回青空選手権大会が開幕しました。
全国の頂点に立つ高校はどこか!?

大会は既に3日目まで終えていますが激しい試合が多いですね。
本塁打も多く出て、これからの試合展開も楽しみです♪
昨夏優勝の福岡第一も初戦で出羽桜に敗退。
初出場校が多い今大会、旋風が吹きそうです。

自分の出場校は苦戦中…。
劇的勝利の桐生第一に続けー!(笑)

posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月01日

青空甲子園出場49校出揃う!

第8回青空選手権大会の地方予選が全て終了し49代表全てが出揃いました。
勝って歓喜し、負けて涙した地方大会。

初出場が多い!
特に東北以北、中国地方が多いのかな。
強豪を下して出てきた鷲宮、PL学園、バルト学園らも楽しみです。
昨夏優勝校の福岡第一も出てきました。
返り咲き、常連校も揃い、いよいよ舞台を甲子園へうつします♪

以下は代表校の顔ぶれです。
合ってるかな?(^^;

■出場校一覧
北北海  走馬学園   (初)  
南北海  積丹美国   (初)
青  森  斗南日新館 (初)  
岩  手  一握芸能   (初)
秋  田  羽州学院   (2年ぶり6回目)  
山  形  出羽桜    (初)
宮  城  仙台育英   (2年連続2回目) 
福  島  耶麻農林   (8年連続8回目)
茨  城  弘道館    (8年連続8回目)
栃  木  江川学院   (7年連続7回目)
群  馬  桐生第一   (2年ぶり4回目)
埼  玉  鷲宮      (初)
千  葉  中山坂    (2年連続2回目)
東東京  帝都      (4年連続4回目)
西東京  早稲田実   (4年連続5回目)
神奈川  立花学園   (初)
山  梨  ほうとう    (7年連続7回目)
新  潟  佐渡ヶ島   (初)
富  山  富山売薬商 (2年ぶり3回目)
石  川  金沢      (初)
福  井  福井商    (2年ぶり5回目)
長  野  千畳敷    (8年連続8回目)
静  岡  次郎長    (2年連続2回目)
愛  知  愛工大名電 (8年連続8回目)
岐  阜  天下布武   (2年連続3回目)
三  重  明野      (4年連続4回目)
滋  賀  紫香楽    (初)
京  都  京都日新館 (初)
大  阪  PL学園    (初)
兵  庫  報徳学園   (7年連続7回目)
奈  良  鹿寄席    (5年連続5回目)
和歌山  紀州学院   (初)
岡  山  鷲羽山    (2年連続4回目)
広  島  如水館    (初)
鳥  取  花様武華   (初)
島  根  石見銀山商 (初)
山  口  長門探題   (初)
香  川  尽誠学園   (初)
徳  島  バルト学園  (初)
愛  媛  済美      (8年連続8回目)
高  知  土佐      (初)
福  岡  福岡第一   (2年連続2回目)
佐  賀  伊万里商   (4年連続4回目)
長  崎  清峰      (3年連続4回目)
熊  本  熊本工    (6年連続6回目)
大  分  空想科学   (7年連続7回目)
宮  崎  振徳堂    (3年連続3回目)
鹿児島  神村学園   (3年連続3回目)
沖  縄  球琉灯台   (3年ぶり3回目)

追記…
羽州学院の修正完了。
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2006年09月28日

夏の地方予選が開幕!

第8回青空甲子園大会の49代表校を決める地方大会が、
全国のトップを切って奈良、福井、神奈川で一斉に開幕しました。

最激戦区は奈良、福井になってるようですね。
とは言え、どこもすんなりいかない地方大会になりそう。

一発勝負の夏の大会、どんなドラマが生まれるのでしょうか。
高校球児の熱い戦いを期待してます♪
最初に甲子園の切符を手にするのはどこの高校か!?

追記…
既に決まった所もありました。
大ボケでした(笑)
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2006年05月14日

福岡第一が初優勝!

第7回青空選手権は福岡第一が次郎長を4-3で下して初優勝しました。
次郎長は選抜で2回戦で同大会準優勝の越中灯台と互角に渡り合った高校。
福岡第一はこれまで2試合逆転、この日も逆転。
両校共に2桁安打の大熱戦でしたが福岡第一が守りきって初優勝を遂げました。
サポートページは後日更新します。(^^;

▼第7回青空選手権(決勝)
次郎長  000 200 001=3 (次)大野、内山田−丸尾
福岡第一 000 021 01X=4 (福)前田、依田−土屋
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2006年05月10日

八強そろう...

第7回青空選手権は大会11日目、3回戦が終わり八強が全て決定。
自分の高校は最高3回戦で敗退でした。(T_T)

準々決勝以降の組合せも決まりました。
実力校同士の対戦でどんな展開になるのか楽しみです。

▼準々決勝
第1試合 蒼天義塾(徳島)×次郎長(静岡)
第2試合 弘道館(茨城)×空想科学(大分)
第3試合 小比類巻一(青森)×越中灯台(富山)
第4試合 美_佑(京都)×福岡第一(福岡)

▼準決勝
第1試合 (美_佑×福岡第一の勝者)×(弘道館×空想科学の勝者)
第2試合 (蒼天義塾×次郎長の勝者)×(小比類巻一×越中灯台の勝者)
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年05月07日

東西対決は東に軍配...

第7回青空選手権は大会7日目、第3試合で全出場校が出揃いました。

◎予想の多かった浦和学院が初戦で敗れるなどしましたが
初戦は実績ある高校が結果をだしていて良いスタートをきっているようです。

仙台育英(宮城)、中山坂(千葉)、生田東(神奈川)、五十嵐大附(新潟)、
次郎長(静岡)、美佑(京都)、福岡第一(福岡)、神村学園(鹿児島)が夏初勝利です。

東西対決は東が14勝、西が10勝で東日本勢に軍配。
前回とは逆になりました。

東西対決は東に軍配
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年05月02日

第7回青空選手権が開幕!

第7回青空選手権が開幕しました。
49代表校が初めてそろっての大会、果たしてどんな結果が待ってるのでしょうか♪
早速、大会第1日、3試合が行われています。

▼大会第1日(1回戦)
天下布武0−4空想科学
遊学館  1−2越中灯台
千畳敷  9−2砂ヶ丘

第7回青空選手権
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年04月30日

全国49代表校そろう!

第7回青空選手権は全国地区予選決勝が行われて49代表校が全て出そろいました。
各決勝戦のスコアは以下の通りです。

▼青森大会(決勝)
小比類巻一6−1斗南日新館

▼岩手大会(決勝)
南部工2−0龍泉洞

▼秋田大会(決勝)
秋田商3−2秋田南

▼宮城大会(決勝)
仙台育英8−3 気仙沼水産

▼福島大会(決勝)
耶麻農林6−4会津日新館

▼群馬大会(決勝)
草津西3−2桐生第一

▼茨城大会(決勝)
弘道館7−2帝王実

▼神奈川大会(決勝)
生田東2−0慶應

▼富山大会(決勝)
越中灯台3−0富山売薬商

▼福井大会(決勝)
越美館3−2福井商

▼愛知大会(決勝)
愛工大名電6−1三河中央

▼岐阜大会(決勝)
天下布武10−2三つ葉高等部

▼京都大会(決勝)
美佑5−0鳥羽

▼大阪大会(決勝)
大阪桐蔭3−0PL学園

▼和歌山大会(決勝)
智辯和歌山5−4海草中

▼鳥取大会(決勝)
砂ケ丘3−2花様的武華

▼島根大会(決勝)
宍道湖水産6−2石見銀山商

▼岡山大会(決勝)
鷲羽山8−2岡山南

▼広島大会(決勝)
広島学園6−4広島商

▼徳島大会(決勝)
蒼天義塾3−0バルト学園

▼高知大会(決勝)
黒潮灯台4−2土佐

▼福岡大会(決勝)
福岡第一10−4大東亜学園

▼鹿児島大会(決勝)
神村学園7−0鹿児島実

▼沖縄大会(決勝)
北谷黒糖商1−0球琉灯台

追記…
組み合わせも決まりました♪

第7回青空選手権

続きを読む
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(1)

2006年02月06日

青空選手権、耶麻農林が初優勝!

第6回青空選手権の決勝戦が行われて耶麻農林が大阪桐蔭を5-4で下して初優勝しました。
お決まりのVTRから見たので桐蔭1点リードでどうかと思いましたが星の連日の大活躍。
2試合サヨナラできてトーナメントならではの選手に一体感があった感じがします。
うーん、歴史に残る名勝負だったー。
激戦区大阪も桐蔭の飛躍で活気付きそう。(^^;
新チームの弘道館、富山売薬商と4強に入りさすがという感じでした。
また記録もあった大会でしたね。

第6回青空選手権
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2006年02月03日

8強決定...

第6回青空選手権は第10日、準々決勝に進んだ8校が決定しました。
沖縄漁船が惜しかったですが今回は初出場校の8強入りなし。
北海道、四国、九州勢が全て敗退。
直前予想はほうとうと報徳学園だけ当たり。やっぱ難しいなー。

初戦とは違って今度は東が5校、西が3校残りましたね。
初の8強を決めたのは耶麻農林(福島)と富山売薬商(富山)です。
弘道館(茨城)、ほうとう(山梨)の関東2校に報徳学園(兵庫)、大阪桐蔭(大阪)の近畿2校に
愛工大名電(愛知)と岡山南(岡山)の8校です。

第6回青空選手権
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年01月31日

東西対決は西に軍配...

第6回青空選手権の初戦の東西対決は東が10勝、西が13勝でした。
前回は東が14勝で西が8勝でしたので今回は西日本勢ががんばりましたね♪
いよいよ8強をかけて3回戦が始まります。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年01月30日

第6回青空選手権...

遅くなりましたがこちらも開幕。
埋まりそうでで埋まらないですが徐々に校数も増えてきています♪

今回は初戦敗退が多い。(T_T)
残った高校はがんばらねば。

第6回青空選手権
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年12月09日

第5回青空甲子園、蒼天義塾連覇!

12日間にわたる青空甲子園も決勝を迎えました。
決勝戦にふさわしい熱戦。

蒼天義塾が先制しましたが早実の驚異の粘りで終盤同点に...
8回のピンチを切り抜けて流れが早実に行ったと思いましたが
的野の気迫の投球♪そして9回に勝ち越し!
いやーすごかったー。(゜o゜)

まさにココシミュの駒苫ですね。(^^;
優勝、準優勝おめでとうございます!

第5回青空甲子園
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年12月08日

第5回青空甲子園、準決勝!

準決勝が行われました。

結果から言うと蒼天義塾×早稲田実の決勝戦になったのですが
蒼天義塾は連覇がかかっていますし両校共に優勝すれば2度目の優勝になります。

サヨナラ勝ちして空想科学を完封!荒谷投手が載ってきましたね。
試合巧者の鹿寄席を下した早稲田実もしぶとい(笑)
決勝はどうなるのか!?

荒谷投手、斉藤投手共にこの大会3点以上とられていませんね。
ロースコアになるか。
打撃では蒼天義塾が一枚上そうだから先に点取ると一方的になりそうな気も...
しかし早実の粘り強さは随一なので面白い試合になりそうだなー。
いよいよ決勝です♪

第5回青空甲子園
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2005年12月07日

第5回青空甲子園、準々決勝...

10日目です。
熊本工敗退...(ToT)
これで全部敗退が決まりました。
今回は新しい高校はなかなか活躍が難しかったなー。
でも宇部商×浦和学院が一番印象的だったかな。♪

鹿寄席が逆転で4強へ。
飛躍の年になりそう♪

蒼天義塾×江川学院はすごかったー。(゜o゜)
完璧に押さえられてたのに逆転、そして再逆転のサヨナラ...
連覇に勢いづいたかな。

早稲田実は延長サヨナラで第1回大会に続き2度目の優勝を狙っています。
金閣寺は残念だったー。
清峰みたい♪

第5回青空甲子園
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年12月05日

第5回青空甲子園、8強出揃う!

3回戦を終えてベスト8が揃いました!
ちょっと顔ぶれを...

空想科学(大分)×熊本工(熊本)
千畳敷(長野)×鹿寄席(奈良)
蒼天義塾(徳島)×江川学院(栃木)
金閣寺(京都)×早稲田実(西東京)

第1試合は九州対決ですね。
僕のところですが(^^;
空想科学は打線が好調ですので失点は覚悟、点取れるかなー...

第2試合は初のベスト8進出同士ですね。
どちらが勝っても4強なのでこれも楽しみです。

そして第3試合は何と言っても前回大会決勝戦の組み合わせになりました。
一番の観客入りが予想されます。(^^;

第4試合は初出場の金閣寺と4年ぶりの早稲田実です。
金閣寺は投打に噛み合い、初出場として勢いもありますね。
早稲田実は弘道館を破りこちらも乗っています。
好ゲームが期待されそう♪

第5回青空甲子園
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年12月04日

第5回青空甲子園、第8日...

第8日です。
今大会は金閣寺旋風ですね♪
鷲羽山を下してベスト8へ一番乗りです。
早稲田実が土壇場で追いついてる(゜o゜)
小柳の二塁打で。(^^;
弘道館の5連続ベスト8進出が途絶えました。
これだけ安定して上位にいってるだけですごいです。
まさに甲子園常連♪
熊工は同点でどちらに転ぶかと思いましたが鈴木が良く打ってくれました。
打順変更的中です。
秋田南と空想科学もすごい試合だったー。
終盤予想のつかない展開へ…

第5回青空甲子園
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2005年12月03日

第5回青空甲子園、第7日...

第7日です。
いやーすごい試合が多かった。
名電は1点取られると厳しいと思ってたので徳元の制球難が痛かったー。(T_T)
帝都はまとまってていいチームですね♪

江川学院が終盤に逆転…地力を発揮するところはさすがですね。
海浜幕張も良いチームでした。
両校とも縦じまなんですよね♪

富山売薬商と千畳敷の一戦は大会史に残る逆転劇なんじゃないでしょうか。
3枚の継投も実りませんでしたが僕はこういうの好きです♪

第4試合もまた高校野球好きをとりこにするような試合でした。
初出場の南部工も惜しかったなー。

第5回青空甲子園
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2005年12月03日

第5回青空甲子園、第5、6日...

第5日と第6日更新しました。
初戦の東西対決は東に軍配が上がったのかな。(^^;

大会のほうは3回戦が行われています。
初出場で残ってるのは金閣寺(京都)だけかな?
次はベスト4の実績のある鷲羽山(岡山)です。
早稲田実×弘道館なんかどんな展開になるのかワクワクします♪

うちは宇部商と熊本工が残りました♪
両校ともリアルでも好きなのでちょっとうれしいです。(^^;
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年12月02日

第5回青空甲子園、第4日...

第5回青空甲子園、第4日更新しました。

金閣寺旋風はどこまで行くか!
鷲羽山も2年ぶりで前回以上の成績なるか注目しています。
報徳は残念...早実打線につかまりました。名前にも注目♪
弘道館と球流灯台戦は面白かったー。
高校野球ですね♪

第5回青空甲子園
続きを読む
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2005年12月01日

第5回青空甲子園、第3日...

実際の進行とずれていますが…(汗
第3日です。
清峰の分までがんばってほしかったですが長崎学園は残念でした。
さすがは富山の激戦を勝ち上がってきた高校です。
済美は惜しかったなー。
久々にゆーれーもんばん♪さんと対戦した感じがします。(^^;
南部工は桐生第一とユニが似てますね♪
僕のほうは紺ですが。
琵琶湖水産とほうとうの試合は面白かったです。

第5回青空甲子園

posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2005年11月29日

第5回青空甲子園、第4日...

第5回青空甲子園は第4日、4試合が行われました。

お、初出場の金閣寺やるなー。
京都外大西の分までがんばってほしいので応援しています♪
2年ぶりの鷲羽山、4年ぶりの早稲田実も勝ち上がっていますね♪
弘道館は逆転勝利で安定しています。
5年連続ベスト4に行くのかも注目しています♪
更新のほうは2日目です。(^^;

第5回青空甲子園
続きを読む
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2005年11月28日

第5回青空甲子園、開幕!

第5回青空甲子園が開幕しましたね。
深紅の優勝旗を手にするのはどこか!?
蒼天義塾の連覇もかかっている大会になりました。
第1日を更新しました。(^^;

蒼天義塾が好発進ですね。
明野が甲子園初出場にして初勝利。
耶麻農林と鹿寄席は1点をあらそう試合に魔物が…!?
羽黒の打線に福井商の今岡が…♪

東西対決は今のところ東が優勢のようです♪

第5回青空甲子園
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年11月25日

雑談...

今日は宇部商、名電が出ました。
宇部商は好きなので負けて悔しいー(笑)
体力がないのでアンダーに変えて望みましたが結構いい球数で来てたので惜しかった。
同点の後、勝ち越せればなーと思いました。

名電は寮を得て望みました。
予選では投打がかみ合って行けるかなと思いましたが甲子園は甘くない。
タカシ監督の沖縄尚学に終盤突き放されました。
スクイズも外され采配が見事でしたね。

更新であまりゆっくり見れなかった組み合わせについて…

左上は初出場校が多いですね。
実績からいうと2年ぶりの鷲羽山が有力か。
初戦を突破し勢いにも乗る金閣寺との対戦が楽しみです。
東北と熊本工というおいしい組み合わせもありますね♪

左中は甲子園常連校が多いのかな。
智辯和歌山を筆頭に明野、沖縄尚学の初出場校が1回戦を突破。
第2回大会優勝校の日南学園を下した耶麻農林に注目したいと思います♪

左下は前回優勝の蒼天義塾がいます。
そして第1回大会優勝の早稲田実が帰ってきました。
前回ベスト4の秋田南もいて激戦ブロックです。粘り強い筑紫との初戦ですね。

変わって右上は実績のある高校が集まりました。
弘道館、報徳学園、黒潮灯台とこちらも激戦ブロックです。
予選を勝ち抜いてきた富山薬売商も侮れません。
個人的には自分のところになりますが帝都と広島商が楽しみです。

右中は空想科学が有力か。
その他にも実力が拮抗した高校が多くどこが抜け出すか分からない混戦ブロックです。

右下は前回惜しくも準優勝に終わった江川学院が優勝を目指して気合十分♪
初戦が鹿児島実ですね。これは楽しみ。
海浜幕張は2004の千葉経大付みたいでなんか好きです。
そして初戦で浦和学院と大阪桐蔭、鹿寄席と千畳敷といった好カードがあります。

皆さんはどこが注目ですか?(^^;


◆高校野球関連ニュース

指導者の不祥事では勝利を取り消さず 高野連が規則改正
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2005年11月24日

青空甲子園、第1日...

第5回青空甲子園は1回戦3試合が行われました。

第1試合は金閣寺が開幕試合を臆することなく長打攻勢で逆転!
慶応は惜しい。諏訪投手も粘り強く投げていましたが...甲子園初勝利は次回に!

第2試合は南部工と鷲羽山は1点を争う投手戦。
両校共に締まった試合で鷲羽山に軍配!
前々回ベスト4相手に初出場の南部工も健闘しました。

第3試合は智辯和歌山に本塁打が!伝統の強打は健在ですね♪
ほうとうはヒット4本で厳しかったか...

第5回青空甲子園
続きを読む
posted by カミュ | Comment(1) | TrackBack(0)

2005年11月23日

開幕/第5回青空甲子園

第5回青空甲子園が23日開幕。

開会式では昨夏優勝の蒼天義塾(徳島)を先頭に、昨夏準優勝の江川学院(栃木)、
昨夏4強の弘道館(茨城)、秋田南(秋田)など46の代表校が北から南の順に入場行進♪

明野(三重)の湯浅主将が「最後まで精一杯プレーし」とさわやかな選手宣誓♪

直後に行われた開幕試合では慶応(神奈川)と金閣寺(京都)が顔を合わせました。

▼第1日
慶応(神奈川)− 金閣寺(京都)
鷲羽山(岡山)− 南部工(岩手)
ほうとう(山梨)− 智辯和歌山(和歌山)
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年11月23日

青空甲子園 46代表そろう!

第5回青空甲子園は各地で決勝が行われ、
最後に沖縄尚学が延長でこれで46代表がすべて出揃いました。

初出場校は南部工(岩手)、東北(宮城)、早稲田実(西東京)、天下布武(岐阜)、
明野(三重)、富山薬売商(富山)、金閣寺(京都)、広島商(広島)、倉吉北(鳥取)、
伊万里商(佐賀)、鹿児島実(鹿児島)、沖縄尚学(沖縄)と12校で初の甲子園。

早稲田実(西東京)が優勝から4年ぶり、鷲羽山(岡山)、長崎学園(長崎)が
2年ぶりに甲子園に帰ってきました。

抽選も行われて注目の開幕カードは慶応(神奈川)と金閣寺(京都)に決定。
3年連続の慶応に初出場の金閣寺がどう挑むのか楽しみです。

各チームは甲子園での練習も終え、いよいよ23日に開幕します♪

第5回青空甲子園出場校
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2005年11月21日

4地区で代表校が決定!

秋田、茨城、福井、長崎で決勝が行われて晴れの代表校が決定しました。

秋田南、弘道館ら常連校は今回も出場決定!
長崎では長崎学園が2大会ぶりに出場!
これから甲子園に向けて出発します♪

東西対決も楽しみです。
49番目で調べ中なのかな(^^;

第5回青空甲子園出場校(大会開催日程欄からも見れます)
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2005年11月20日

秋田で開幕/青空甲子園予選

第5回青空甲子園の代表校を決める地方大会が全国のトップを切って秋田で開幕。
甲子園の切符を手にするのはどこの高校か!
既に出場を決めてる高校もあるようです♪

今回はどんなドラマが待ち受けてるのでしょうか!?
魔物は出るのか!(^^;

posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年10月20日

第4回青空甲子園、決勝戦...江川学院vs蒼天義塾

第4回青空甲子園は大会10日目を向かえ、いよいよ決勝戦です。
どちらが優勝しても初となる決勝の組み合わせは
江川学院(栃木)と蒼天義塾(徳島)の組み合わせになりました。
江川学院は江川投手を中心とした守りのチームで、準決勝ではサヨナラ勝ちし、
チームのムードも高まっています。
対する蒼天義塾は打線が好調。前回準優勝校の弘道館を下し、こちらも勢いがあり、
荒谷投手の調子も上がってきています。

第10日(決勝)
第1試合
江川学院(栃木)
1-4
蒼天義塾(徳島)

◆蒼天義塾9安打5点、荒谷力投!好機に1本でなかった江川学院

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
江川学院
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
7
0

蒼天義塾

0
0
0
0
0
2
2
0
X
4
9
0
【戦評】
蒼天義塾が9安打4得点の効率の良い攻めと2番手の的野の力投で初優勝を決めた。
互いに両投手共に要所を締める投げ合いが続いて0-0で迎えた6回裏、
2死2,3塁で諏訪が3塁後方に落ちるヒットを放ち2点先制。
7回には3本の長打で2点入れ4-0とリードを広げます。
結局9回に1点返されたものの荒谷、的野の継投で4-1で逃げ切って初優勝を遂げた。
江川学院は好機を作るものの後一本でず、9回に具志堅の適時二塁打で粘ったが
後続が押さえられた。

第4回青空甲子園、優勝校は蒼天義塾!!!
優勝おめでとうございます♪

続きを読む

posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年10月20日

第4回青空甲子園9日目、準決勝...

第4回青空甲子園は大会9日目、準決勝が行われました。
決勝に進む2校はどこか?!

第9日(準決勝)
第1試合
秋田南(秋田)
3-4x
江川学院(栃木)
第2試合
弘道館(茨城)
1-5
蒼天義塾(徳島)

◆江川学院が9回に再逆転サヨナラ...秋田南、土壇場で白星逃し熊谷が涙

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
秋田南
0
0
0
1
2
0
0
0
0
3
9
0

江川学院

0
1
0
0
0
0
0
1
2x
4
9
1
【戦評】
江川学院が土壇場9回のサヨナラ勝ちで初の決勝進出を果たした。
2回、星の適時二塁打で先制。追いつきたい秋田南は4回に連続長打で1-1の同点に、
5回には長短打で2点取り3-1と逆転に成功する。
6,7回とお互いピンチを凌いで向かえた8回裏、2死2塁で4番・磯谷の適時打で3-2と一点差に。
そして9回裏、2死3塁と同点の好機に川淵が二塁打を放ち3-3の同点。
今度はサヨナラの場面で1番・奥成がセンター前にヒットを放ち2塁ランナーがホームインし、
4-3と劇的な勝利に終わった。
秋田南は7,9回と突き放すチャンスをつぶしたのが大きかった。

◆蒼天義塾・荒谷が13奪三振で仁王立ち...好機に1本でなかった弘道館

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
弘道館
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
5
0

蒼天義塾

0
2
0
0
2
1
0
0
X
5
10
0
【戦評】
蒼天義塾が投打がかみ合って初の決勝進出を果たした。
先制したのは弘道館。2回表、1死3塁で吾妻のスクイズが決まり1点先制。しかしその裏、
蒼天義塾はすぐに2点返すと5回には登島が前日に次ぐ2点本塁打を放ち4-1とします。
6回にも長打で1点追加すると荒谷が13奪三振で完投した。
弘道館は2,4,6回といずれも得点圏にランナーを進めたが荒谷に抑えられ、
2年連続の決勝進出はならなかった。

posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年10月17日

第4回青空甲子園、4強決定!

第4回青空甲子園は大会8日目、準々決勝4試合が行われました。
前回準優勝の弘道館や初出場の岡山南、初のベスト4を狙う済美、海浜幕張らが登場。

第8日(準々決勝)
第1試合
江川学院(栃木)
3-1
海浜幕張(千葉)
第2試合
岡山南(岡山)
1-9
蒼天義塾(徳島)
第3試合
秋田南(秋田)
2-1
済美(愛媛)
第4試合
弘道館(茨城)
5-1
空想科学(大分)

◆江川学院、見事に投打かみ合う...海浜幕張、4長打も届かず惜敗

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
江川学院
0
0
0
1
2
0
0
0
0
3
11
0

海浜幕張

0
0
0
1
0
0
0
0
0
1
4
0
【戦評】
江川学院は江川投手が海浜幕張を4安打に押さえ初の4強へけん引した。
4回、2死2塁で星が中前適時打を放ち先制。
直後に同点にされるものの5回表にまたもや2死2塁から磯谷の適時二塁打で2点目。
さらに朝日の右前適時打で3-1とする。
追いつきたい海浜幕張は6回に片山が二塁打で出るものの後続が押さえられ、
結局3-1で江川学院が初の4強進出を果たした。

◆蒼天義塾、16安打9得点で快勝...岡山南、終盤に粘るも大きかった中盤の失点

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
岡山南
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
6
1

蒼天義塾

0
1
0
5
0
2
0
1
X
9
16
1
【戦評】
蒼天義塾が16安打9得点と打線が爆発し初の4強進出を果たした。
2回に栗原の適時二塁打で1点先制すると4回に内野安打や長短打で打者一巡の猛攻を見せ、
一挙5点を挙げ6-0とリードする。さらに7回も4連打で2点追加し岡山南のエース広島をKO。
8回には代わった2番手の登島から登島元が豪快なHRを放ち試合を決めた。
岡山南はけん引していたエースの広島がつかまり打線も終盤粘ったが点差が多きかった。

◆秋田南が村越の逆転打で4強へ...済美は力投・幸を援護できず

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
秋田南
0
0
0
0
0
2
0
0
0
2
6
0

済美

1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
8
0
【戦評】
秋田南が中盤に逆転し4強へ進出した。
秋田南は1回裏、連続長打で先制されるがその後のピンチを凌ぎ0-1で迎えた6回表、
矢本が左前安打で出ると犠打で送り1死2塁の好機を作る。
ここで3番・田中が同点となる適時二塁打を放ち、さらに4番・村越が逆転となる
中前適時打を放ち2-1と逆転に成功。熊谷が1点差を守りきり2-1で済美を下した。
済美は先制したものの追加点が取れないまま流れを失った。

◆弘道館、皆口爆発で4強へ...9安打も打線つながらず空想科学、涙

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
弘道館
0
0
0
0
1
1
3
0
0
5
10
0

空想科学

0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
9
1
【戦評】
前回大会の初戦の組み合わせでもあった準々決勝第4試合。
弘道館が中盤に点差を広げ4大会連続の4強を果たした。
互いに再三のピンチを切り抜けて0-0で迎えた5回表、2死一塁から皆口が右越二塁打で
ランナーが一気に帰り1点先制。6回には2死2塁で金井の中前適時打で2点目を入れると、
7回に2死満塁から吾妻が走者一掃の適時二塁打を放ち3点加え5-0とリードする。
初回のピンチを切り抜けた空想科学だが安打は出るもののなかなか石黒を攻略できず、
ようやく8回にこの日4安打と当たっていた3番・南京の適時打で1点返すに留まった。

続きを読む

posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年10月16日

第4回青空甲子園、8強が決まる!

第4回青空甲子園は大会7日目、3回戦4試合が行われました。
前回優勝の黒潮灯台が第1試合で登場しました。

第7日(3回戦)
第1試合
江川学院(栃木)
5-2
黒潮灯台(高知)
第2試合
海浜幕張(千葉)
5-2
清峰(長崎)
第3試合
空想科学(大分)
10-2
羽黒(山形)
第4試合
蒼天義塾(徳島)
6-1
流氷灯台(北北海道)

◆江川学院、長打6本で試合決める...黒潮灯台は連覇の夢散る

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
江川学院
0
1
1
0
1
0
1
1
0
5
10
0

黒潮灯台

0
0
0
0
0
2
0
0
0
2
6
0
【戦評】
連覇を目指した黒潮灯台が3回戦で姿を消した。江川学院は2回に連続長短打で1点。
2回にも長打で2点目。5回にも江川の適時打で3-0とリードする。
これ以上はなされたくない黒潮灯台は6回裏、これまで1安打に抑えられてきた江川投手から
2番・吉田が中前安打で出ると3番・吉良がライトに2点本塁打を放ち1点差にする。
しかしこの日は片山がピリッとせず7回にも長打で1点、8回にも1点取られ8回を終え5-2。
最終回も打ち取られゲームセット。江川学院が第2回大会に続くベスト8進出を決めた。

◆海浜幕張、好機逃さず8強へ...清峰、終盤の粘りも届かずく

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
海浜幕張
0
0
0
0
0
0
0
4
1
5
10
5

清峰

0
0
0
0
0
0
0
1
1
2
6
1
【戦評】
海浜幕張が相浦好投で初の8強進出を果たした。
互いに再三のピンチを凌いで0-0で迎えた8回表、海浜幕張は1死満塁とし捕逸で1点先制。
さらに5番・宗像が右中間を破る2点適時二塁打を放ち3-0。
2死後、池辺も適時二塁打で4点目を取り4-0とリードを広げる。
清峰もその裏、敵失で1点返すが海浜幕張は9回にも福島の適時三塁打で1点取り5-1。
清峰も9回1点を返して粘ったが後が続かず3回戦で姿を消した。
海浜幕張は5失策と守備が乱れたが相浦が崩れずに最後まで粘り強い投球で完投した。

◆空想科学、13安打10得点で完勝...防戦一方の羽黒、2点がやっと

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
空想科学
0
4
0
0
0
0
0
1
5
10
13
0

羽黒

0
0
2
0
0
0
0
0
0
2
7
1
【戦評】
空想科学が終盤に突き放し10得点で完勝した。
2回表、1死満塁からスクイズで1点先制。
1塁もセーフになり、満塁で西郷のスクイズが成功し2点目。
さらに2死2,3塁で神野が2点適時二塁打を放ち序盤で4-0とリードを広げる。
8回にも2長打で1点、9回には1死満塁で城島の満塁HRが飛び出し鶴川をKOさせ試合を決めた。
羽黒は3回に2点返したものの防戦一方で打線も湿り鶴川を援護できなかった。

◆蒼天義塾、効果的に得点し8強へ...流氷灯台、継投に4安打に抑えられる

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
蒼天義塾
0
1
0
0
1
0
0
3
1
6
12
0

流氷灯台

0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
4
1
【戦評】
蒼天義塾が勝負強い打撃で前回に続き8強進出を決めた。
2回表、1死2塁から西野の適時二塁打で1点先制。
5回にも2死2塁から殿馬の中前適時打で2点目。
8回には疲れの見え始めた吉津から連続長短打やスクイズなどで3点取り試合を決めた。
流氷灯台は吉津が中盤まで好投していたが打線が湿り気で援護できず、
2番手・的野との継投リレーを許してしまった。

今日で8強が全て決定しました。
準々決勝の抽選会が行われています。
抽選会の模様は大会本部で♪

続きを読む

posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年10月16日

第4回青空甲子園、大会6日目...

第4回青空甲子園は大会6日目、3回戦4試合が行われました。
東西対決はやや西のほうが優勢のようです。
今日は前回大会ベスト4以上が2校が登場。
初出場校は明暗を分ける!

第6日(3回戦)
第1試合
済美(愛媛)
11-2
浦和学院(埼玉)
第2試合
秋田南(秋田)
4-0
智辯和歌山(和歌山)
第3試合
大阪桐蔭(大阪)
0-1
岡山南(岡山)
第4試合
弘道館(茨城)
7-2
桐生第一(群馬)

◆済美が16安打11得点の猛攻...浦和学院・下野の不振が響き逆転許す

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
済美
0
0
1
0
4
0
1
0
5
11
16
0

浦和学院

0
0
2
0
0
0
0
0
0
2
8
2
【戦評】
済美が全員安打の16安打11得点で3回戦へ駒を進めた。
3回、1死2塁から朝日の左前適時打で先制。浦和学院もその裏、前田の左本で同点。
さらにチャンスをつくり青野の中前適時打で逆転に成功する。しかし済美は5回、
2死満塁で上松が左前2点適時打で3-2と逆転、さらに片桐の中前適時打で4-2とする。
7回にも1点加えると交代した門田投手を攻め熊谷の本塁打などで5点とり試合を決めた。
浦和学院は下野投手が乱調。3投手を繰り出したが勢いを防げなかった。

◆効率的な攻めで秋田南が好調...智辯和歌山、痛恨の失策が響く

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
秋田南
0
1
0
1
0
1
0
0
1
4
8
1

智辯和歌山

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
5
2
【戦評】
秋田南が宋田投手を効果的に攻め、智辯和歌山を下した。
秋田南は2回、2死2,3塁で捕手が後ろにそらし先制。
4回には2死2塁で都築の適時2塁打で2-0。6回にも2死2塁の場面で敵失で3点目。
9回にはスクイズが決まり結局4-0で智辯和歌山を下しベスト8進出を決めた。
智辯和歌山は3点共に2死からの失点で、失策が絡む悔しい敗戦となった。

◆岡山南・今西の一発で大金星...大阪桐蔭、佐野好投もまさかの3回戦負け

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
大阪桐蔭
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
6
0

岡山南

0
0
0
0
0
0
0
1
X
1
6
0
【戦評】
岡山南が今西の一発で優勝候補の大阪桐蔭を下した。
岡山南は1、6回にチャンスを作るがなかなか得点できない。
一方、大阪桐蔭も毎回ヒットは出るものの得点には結びつかず0-0の状態が続いた。
粘り強い投球で大阪桐蔭打線をゼロに抑えている広島投手を援護したい岡山南は8回、
先頭打者の今西が2ストライクと追い込まれた4球目をレフトスタンドへ本塁打。
結局、この1点が決勝打になり1-0と大阪桐蔭を下し初出場でベスト8へ進んだ。
強打の大阪桐蔭は好機を作るものの1本出ず7残塁と拙攻が目立った。

◆弘道館、3本塁打決め手に快勝...がんばったぞ桐生一

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
弘道館
0
2
1
1
2
0
1
0
0
7
10
0

桐生第一

0
1
1
0
0
0
0
0
0
2
11
1
【戦評】
弘道館が大技小技を駆使して桐生一を下した。
弘道館は2回、水原の本塁打で先制。さらに敵失で出たランナーを金井が適時2塁打で2点目。
3回にはスクイズで3点目。4回は城島の右中間を破る適時2塁打で4点目。
5回には皆口の2点本塁打が飛び出し6-0とし珍宝投手をノックアウトする。
皆口は7回にも変わった津方からこの日2本目となる本塁打を放ち試合を決めた。
桐生一は粘り強く戦ったが回が進むごとに力の差がみられ、3回戦で姿を消した。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2005年10月15日

第4回青空甲子園、第5日全ての高校が出揃う

第4回青空甲子園は大会5日目、2回戦4試合が行われました。
今日で全ての高校が出揃って6日目からいよいよ3回戦になります。

第5日(2回戦)
第1試合
鹿寄席(奈良)
3-4x
羽黒(山形)
第2試合
宇部商(山口)
0-1
流氷灯台(北北海道)
第3試合
日南学園(宮崎)
2-7
空想科学(大分)
第4試合
蒼天義塾(徳島)
6-3
琵琶湖水産(滋賀)

◆羽黒がサヨナラ2塁打で決着...鹿寄席・北田、153球の力投

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
H
E
鹿寄席
0
0
0
0
0
3
0
0
0
0
0
0
3
7
1

羽黒

0
0
2
0
1
0
0
0
0
0
0
1x
4
11
0
【戦評】
羽黒が延長戦を制し3回戦へ駒を進めた。
羽黒は3回、敵失と犠打で作った好機に定国の二塁打で先制。
さらに死球を挟み中原が左前適時打で2-0、5回に1点加え3-0とする。鹿寄席は6回表、
内野安打と四球で1死1,2塁の好機に石田、西田の2本の長打で3-3の同点で延長戦に。
そして延長12回裏、1死2塁で北田投手の153球目を荒金のサヨナラ2塁打で激闘を制した。

◆一度の好機をモノにした流氷灯台...出来なかった宇部商

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
宇部商
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
4
0

流氷灯台

0
0
1
0
0
0
0
0
X
1
5
0
【戦評】
流氷灯台・吉津、宇部商・江上。互いの投げ合いは吉津に軍配が上がった。
流氷灯台は3回、1死2塁で渡辺が左前適時打で1点先制。
追いつきたい宇部商は8回表、雲法の3ベースで1死3塁。ここでスクイズのサイン。
しかしこれ失敗し、同点の好機を逃す。
9回もランナーが出たが吉津投手が押さえ流氷灯台が3回戦へ駒を進めた。

◆空想科学、鮮やかな逆転勝ち...日南学園・宮内、終盤に崩れる

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
日南学園
0
0
0
0
0
0
2
0
0
2
3
1

空想科学

0
0
0
0
0
0
2
5
X
7
10
1
【戦評】
空想科学が終盤の猛攻で逆転勝ちした。
日南学園・宮内、空想科学・西郷、両投手共にすばらしい投球を展開する。
試合が動いたのは0-0で迎えた7回表。
6回まで完璧に押さえられていた日南学園は野原が四球ででて犠打で送り1死2塁のチャンス。
ここで横井が左越二塁打で1点先制。さらに敵失で1,3塁とそスクイズが成功し2-0とする。
西郷を援護したい空想科学はその裏、1死2塁とし結城のランニングHRが飛び出し同点。
さらに8回裏、四球や連続長短打で一挙5点を挙げ逆転し試合を決めた。

◆着実に得点重ね蒼天義塾が快勝...琵琶湖水産、3失策が命取りに

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
蒼天義塾
0
1
0
2
3
0
0
0
0
6
11
0

琵琶湖水産

0
0
1
0
2
0
0
0
0
3
6
3
【戦評】
蒼天義塾は2回、連続長打で先制。4回は2死1塁で坂の三塁打で2点目。さらに敵失で3点目。
5回には長短打で3点加え6-3で3回戦へ駒を進めた。
琵琶湖水産は3回に飯野の二塁打で1点。5回にも飯野の2本目の二塁打で2点。
さらに猪熊の適時打で3点返すが6回以降は抑えられ、9回も粘ったが届かなかった。

posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。