2008年01月28日

選抜青空、ベスト8決定!

8強進出校が全て出揃いましたね。
全国的にはバラケタ感じで面白くなってきました。
果たして深紅の大優勝旗はどこへ!?
組み合わせも決まって準決勝、そしていよいよ決勝になります♪

◇紀州学院(和歌山)
エース上田の調子も戻り投打共に万全の状態。
打線も中軸の野茂、澤田が当たっており得点圏では勝負強い。

2回戦 紀州学院4−2阿蘇軽寺
3回戦 紀州学院5−1宍道湖水産

◇遊学館(石 川)
チームの支柱石川を中心に試合毎に調子を上げてきた。
打線の中心は長打もある3番福井。
全体的に当たってるとはいえないが勝負所で強く試合巧者だ。

1回戦 遊学館4−2振徳堂
2回戦 遊学館2−1北谷黒糖商
3回戦 遊学館2−0天下布武

◇山形電影(山 形)
エース山田は緩急を使った投球術がさえ2年捕手松本との相性も抜群。
打線は波があるが小技を使ったスモールベースボールで初の8強入り。

2回戦 山形電影4−1耶麻農林
3回戦 山形電影2−0徳島海南

◇金鯱商(愛 知)
今大会.1の強打・鯱打線を引き下げ初の8強進出を決めた。
特に唐津商戦での逆転劇は見事。
1番から9番まで切れ目がなく集中打も光り愛知悲願の初制覇を狙う。

1回戦 金鯱商7−0鹿児島実
2回戦 金鯱商4−3唐津商
3回戦 金鯱商13−4清峰

岡山南(岡 山)
サヨナラを含め脅威の粘りで第6回大会以来の8強入りを決めた。
サブマリン中溝のコースをつく投球は一級品。
ミラクル岡山南、準々決勝に勝ってリアルを超えるか!

1回戦 岡山南4−3江川学院
2回戦 岡山南3−2鹿寄席
3回戦 岡山南4−3武州大浦和

佐久長聖(長 野)
エース碇を中心に堅守だが打線も乗ってきた。
4番岡田も絶好調で投打に柱がいて充実してきた。

1回戦 佐久長聖5−2ほうとう
2回戦 佐久長聖1−0一握芸能
3回戦 佐久長聖6−0麒麟大付

土佐(高 知)
選抜準優勝校が一回り成長して夏に帰ってきた。
ドクターK田原は健在で強打のPL打線を封じた。
今度こそ優勝旗を持ち帰りたい。

2回戦 土佐1−0報徳学園
3回戦 土佐2−0PL学園

帝王実(茨 城)
試合の流れで自由な展開に持ってくる試合巧者。
打線は一発を秘め長打でも点が取れるのが強み。
エース中村も安定しており土佐との一戦が注目だ。

1回戦 帝王実2−0広島商
2回戦 帝王実3−1海南侍高専
3回戦 帝王実4−0仙台育英

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/


posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年12月29日

済美が初優勝!選抜青空

第11年度選抜青空甲子園記念大会は大会10日目。
決勝戦は済美(愛媛)が土佐(高知)を2−1で破って、初優勝を飾りました。
愛媛県勢の選抜優勝は初。四国勢の優勝は春夏合わせて4度目。

土佐の先発はここまで一人で投げ抜いてきたエース田原、済美は2年の深田。
序盤はお互い要所を締める投球で得点を許さない展開。
試合が動いたのは5回。土佐は2死2塁に1番中里の左2塁打で先制。

一方の済美は安打こそ出るもののバントミスや併殺で拙攻が目立つ内容。
9回ピンチを防いで流れを引き寄せたのかマモノがきたのか先頭の寺内が右安で出塁。
2番3番が倒れたものの4番岸原の四球で2死12塁とすると上松の左適時打で同点。
さらに朝日の右安打でランナーが帰り、土壇場逆転勝利で栄冠をつかんだ。

黒潮灯台以来、高知県勢としては3年ぶりの決勝の舞台に上がった土佐。
この試合も得点を挙げ、堅守と持ち前の野球を展開。
エース田原も一人で5試合を投げ抜いたが、勝利目前で逆転を許してしまった。

自分のを書くのは恥ずかしいですが(^^;
深田、大竹の2年生投手の踏ん張りが光りましたね。
両投手ともサイドでしたが土佐のラインナップは4人が右打者。
特に4番坊西を抑えたのが良かったのかもしれません。
それにしても最後は奇跡に近かったと思います♪

今大会は36校出場の記念大会でしたが実績校同士の対戦が多かった気がします。
大東亜学園、長門探題、浜松商、紀州学院といった高校は実力が安定してますね。
最近は帝王実も力をつけてきて弘道館を下して関東制覇するなど活躍が目覚しいです。

北海道の強豪走馬学園は延長戦2試合など熱戦を展開しベスト8へ。
耶麻農林は第1回大会以来の初戦勝利でしたでしょうか。
球琉灯台が選抜初勝利と古豪が活躍。

初出場校としては遊学館旋風でしたでしょうか。
中山準優勝と春4強入りで実力も本物。
今後は麒麟大付、弘前、名古屋星徳といった新鋭も躍進しそうです。
夏が楽しみです♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年12月26日

第11年度選抜青空、決勝に進んだのは...

第11年度選抜青空甲子園大会は大会8日準決勝。
いよいよ頂点へあと1試合です。

まずは前日の準々決勝、第2試合の幕切れがすごかった。(^^;
2−3で1点を追う長門が9回1、2塁からまず適時打で同点。
そして染田の打席ですが浜商永末が低め、真ん中、そして再び低め。
捕手が後ろに逸らして劇的なサヨナラ。
サヨナラには色々とドラマが…。
ココシミュにはボークはありませんが(笑)。
確か豊田大谷×宇部商でありましたよね。

さて済美(愛媛)、長門探題(山口)、土佐(高知)、遊学館(石川)が4強進出。
今年も8強は西日本勢が優勢でした。

第1試合は済美は2年連続8強入りの長門との試合でしたがこの日も打線が好調。
初回に三崎のHRで先制すると打線が繋がり、中盤で突き放して7−0で勝利。

第2試合は好投手同士の対戦でしたが土佐の得点はいずれも長打攻勢。
勝俣のランニングHRもでましたが守っても遊学館打線に絞らせずに3−0の完封勝利。

そして決勝戦は済美(愛媛)と土佐(高知)の四国対決に。
2校は四国大会準決勝でたいせんしてますが、その時は土佐が1−0で勝利。
今回果たしてどんな試合になるのか楽しみです。

というわけで済美の決勝進出きたー♪
高校は違いますが第2回大会、報徳以来の決勝戦になります。
あの時は日南学園(宮崎)相手に0−5から4点挙げて9回2死3塁。
同点のチャンスでしたが2番手大海投手に抑えられて涙…。
あれから9年ぶり…。
再び青空甲子園の決勝の舞台に立つので大いに楽しみたいと思います♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年12月24日

選抜青空、ベスト8決定!

第11年度選抜青空甲子園大会は大会7日目3回戦4試合が行われました。
これでベスト8が出揃いましたね♪

熱い試合多いです♪
左上からは中山坂、海南を下して勝ち上がってきた大東亜学園。
大会屈指の好投手織田が評判通りの実力発揮ですね。

そして仙台育英、麒麟大付を下して勝ち上がってきた済美。
久々に強力打線が復活。
監督も興奮しております(笑)。

左下からは福井商、帝王実を下して勝ち上がってきた長門探題。
帝王実戦はまさに死闘でした。
粘り強さにサヨナラ勝利と調子も上がるか。

初戦の帝都戦、そして弘前戦と連続完封勝利の浜松商。
ドクターK永末の無失点記録にも期待がかかります。

最激戦区といわれた右上ブロックです。
土佐は唐津商、弘道館と強豪を下してきて実力は折り紙付。
怪腕田原も未だ無失点とどこまで続くか楽しみです。

そして北海道の走馬学園は琵琶湖水産、佐久長聖と苦しみながらも勝利。
チームの結束は高まってきてるので土佐との一戦は面白そうです。

右下からは墨東美男、耶麻農林を下してきた紀州学院。
地区大会では不調も試合後とに調子上げてきた優勝経験校。
上田投手もスタミナが残ってるのでいい状態で試合に臨めそうですね。

中山準優勝の遊学館は選抜青空でも旋風を巻き起こしています。
初出場同士の名古屋星徳戦を制すると古豪球琉灯台を抑えて初の8強。
いよいよ紀州戦です。

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年12月15日

選抜青空、36代表校選出!

第11年度の選抜青空大会に出場する全36校が決まりました。
中山大会では近畿王者の海南侍が創部早々の遊学館を激戦の末、下して初優勝。

北から順に...
まず北海道からは走馬学園とウトナイ。
ウトナイは南北海道大会2位で打率は低いものの堅守が持ち味。

東北は初優勝の弘前はじめ仙台育英、耶麻農林、羽州学院。
羽州学院は初戦敗退も地区大会で仙台育英と互角の勝負。

関東は帝王実、弘道館、彩有機農、中山坂、桐蔭学園。
東京はノーノーの墨東美男、昨夏優勝の帝都といずれも強豪揃い。

北信越は好投手がいる遊学館、佐久長聖、福井商の3校。

東海は浜松商と旋風を巻き起こした名古屋星徳の2校。

近畿は海南侍高専、琵琶湖水産、PL学園、麒麟大付、紀州学院、天理。
中山枠の天理は激戦区奈良で2位で投打にバランスがいいですね。

中国は長門探題、広島商、超心塾。
超心塾は強打で鳥取を制してきて中国大会でも1勝してます。

四国は土佐、徳島海南、済美、今治西。
今治西は四国大会4強で好投手能戸がチームの柱。

九州は大東亜学園、唐津商、空想科学、湯布院、球琉灯台です。
さすがに九州は実績ある高校が多いです。
湯布院も4強と復調してきましたね。
そしてゆーれー枠はお馴染みの最南端の灯台勢です。

果たして今年の春はどこがくるか楽しみ♪
組み合わせを経ていよいよ開幕です。

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2007年11月18日

秋季地区大会、近畿〜九州編

〜続き

▽近畿地区
近畿は19校が出場。
前回春4強の紀州学院と紀州のいる和歌山を制した海南侍高専の安定感はぴか一。
PL学園、大阪桐蔭、鹿寄席、報徳学園ら常連校が多く混戦模様。
滋賀で頭角を現してきた麒麟大付、粘り強い青龍館も実力十分。
激戦の奈良で揉まれてきた天理や新機軸も侮れない。

▽中国地区
ここ2年広島、山口勢が独占の中国大会は14校が出場。
初優勝で勢いに乗る鳥取の超心塾は主戦本永を中心に初出場を狙う。
3連勝と好調の鷲羽山も割ってはいるか。
大混戦になった広島で不調の如水館は立て直せるかどうかが鍵。
石見銀山商や砂ヶ丘も試合巧者なだけに侮れない。

▽四国地区
県大会の優勝校は全て無敗だった秋の四国は13校が出場。
前回春準優勝の蒼天義塾を3連勝で降した徳島海南は原本を中心に堅守。
香川は春夏連続出場の讃岐高専を差し置いて新鋭の白秋大附がいきなり初優勝。
強打の済美も負け無しと久々に好調。
激戦の高知は一皮むけた土佐が競り勝って優勝。
新鋭の伊予舘や校名変更の鬼丸らも旋風を巻き起こせるか。
実力伯仲の四国は混戦になりそうだ。

▽九州地区
九州大会は18校が出場。
注目の福岡大会は大東亜学園が4戦全勝と圧倒し優勝。
空想科学、振徳堂、球琉灯台ら常連校に唐津商、阿蘇軽寺と上位は変わらず。
初の長崎・鹿児島合同大会は清峰が制しました。
21点をたたき出した八商工に主砲市原を中心とした強打の阿吽も楽しみ。
前回旋風の湯布院は連続出場を狙います。

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年11月17日

秋季地区大会、北海道〜東海編

11年度秋季地区大会の全試合が終わっていよいよ舞台はブロック大会へ。
展望を少し書いてみます。

▽北海道地区
全道大会出場は10校。
走馬学園と白虎の2校が頭一つ抜けた存在。
走馬は投打共に安定しており2年ぶりの出場にむけて死角なし。
白虎は主戦久米を中心に堅守のチーム。参加2年目で「初」を狙います。
2校を追うのは勝負強いウトナイ、成長著しい雄武や打線の爆発力を秘める竜笠か。
その他、積丹美国や流氷灯台も潜在力があり侮れない。

▽東北地区
東北大会出場は14校。
今回も一握芸能や仙台育英、強豪の秋田勢が中心になりそう。
しかし各地区2、3位校も力を付けてきており波乱の目は十分あり。
耶麻農林、小比類巻一ら旧勢力の巻き返しにも期待。
山形を初めて制した新鋭の山形電影にも注目だ。

▽関東地区
激戦の関東大会は21校が出場。
優勝候補筆頭は弘道館。
新チームだが勝負強い打線は健在。
激戦神奈川を制した桐蔭学園と埼玉大会初優勝の彩有機農も引けを取らない。
ほうとうや昨夏8強の武州大浦和はじめ下位まで実力校が多く今年も混戦は必至。
各校共に初戦で勢いを付けたいところ。

▽東京地区
秋季都大会へは7校が出場。
やはり注目は夏を制した帝都。
投打のバランスがよく1敗こそしたものの東東京大会は優勝して乗り込んできた。
強打の帝京は打線の中軸が鍵。
ノーノー男石川擁する墨東美男も台風の目になりそう。
西は町田が2年連続で優勝と実力が安定してきた。
早実のハンケチも健在で好投手が揃った大会になりそうだ。

▽北信越地区
今年は15校が出場。
昨夏4強の越前大眼鏡を差し置いて福井を制したのは九頭竜。
好投手黒瀬を擁し、厚い打線は他校の脅威。
その越前大眼鏡はじめ千畳敷、富山売薬商ら常連校は実力十分。
大混戦の新潟で初優勝した明訓、ベールを脱いだ遊学館は不気味な存在。
新参加の桜井、大般若長光にも注目だ。
混沌としてきた北信越…組み合わせによって情勢が変わるか!?

▽東海地区
レベルがぐんぐん上がってきた東海大会の出場は13校。
大混戦の静岡を制したのは夏8強の浜松商。
打線は小林を中心に主戦永末を援護したい。
夏の準優勝校三つ葉高等が3連敗と荒れた岐阜大会。
堅守が戻った天下布武は久々のセンバツを狙う。
常連化しつつある金鯱商、北勢大四日市は準備万端。
しぶとい明野も侮れない。
浜松工や名古屋星徳の新興勢力も面白い存在になりそうだ。
続く...

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年10月30日

11年度がスタート!

第11年度青空甲子園ですが北海道を皮切りに秋季大会が始まりました。

今回の秋季地区大会はリーグ戦。
参加校数によって試合形式が変わるのが面白いです。
引き分けもあるよ♪
個人的には長崎・鹿児島合同大会が気に入っています(笑)。

新チームも増えてまだまだ把握できませんが、旋風を巻き起こしそうな高校もありそうですね♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年09月24日

第11年度青空甲子園

ココシミュのほうの秋季大会。
新シーズンが始まる青空甲子園もいよいよ締め切り間近。

今回から地区の枠数が変わったので大会前にチェックしておきます♪
選抜青空の参加校は32校と同じ。
特別枠も変わらず。

北信越地区が3→2になりましたが北信越+東海地区でプラス1枠。
中国地区も3→2になりましたが中国+四国地区でプラス1枠。
九州地区が3→4に。

残り1枠が悩みそう(笑)。
九州も一番優勝校を輩出してますからね。
なかなか厳しい地区です。
夏と一味違って色々予想できるのも楽しみです♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年06月18日

羽州学院が初優勝/選抜青空

第5回選抜青空大会は羽州学院が蒼天義塾を6−3で破って初優勝を飾りました。
秋田県勢の優勝は春夏通じて初。
東北勢としては一握芸能(岩手)に続いて2年連続2度目。
紫紺の大旗はまたも東北へ♪

1回、羽州は蒼天荒谷の立ち上がりを攻め、長打攻勢で一挙3点。
対する蒼天も3回羽州横井に連続長短打を浴びせ2点。
さらに変わった宇都木から犠飛で同点とします。

中盤は両投手共に丁寧な投球で得点を許さず迎えた終盤...
羽州は2死一三塁に疲れのみえる荒谷から2番西藤が左中間を破る二塁打で2点追加で勝ち越し。
さらに8回1死三塁に棟方の適時二塁打で1点取り6−3。

2回戦の浜松商戦を延長サヨナラ勝利で勝つと、準々決勝の湯布院戦、
準決勝の鹿寄席戦といずれも逆転勝利で栄冠を掴みました。

秋日本一に輝き3度目のV、春初優勝をかけて決勝に臨んだ蒼天義塾。
登島、梶山、諏訪の勝負強い主軸で積極的な野球を展開。
エース荒谷も一人で5試合を投げ抜きましたが、終盤もう一踏ん張りでした。

今大会は初出場校も多く波乱の幕開けでした。
4強には近畿勢が2校、8強のうち6校が西日本勢。
長門探題、福河豚の山口勢の大活躍や湯布院旋風あり。
弘道館はジワジワと春の実績を積みつつありますね。
紀州、鹿寄席が4強と近畿のレベルの高さを改めて感じました。
讃岐饂飩造、樹徳、金鯱商、浜松商らも今後が楽しみです。

▽決勝
蒼天義塾 003 000 000=3 (蒼)荒谷−荒谷
羽州学院 300 000 21X=6 (羽)横井、宇都木−山川

第5回選抜青空大会
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年06月14日

4強、そして決勝に駒を進めたのは...

第5回選抜青空大会はまずは準々決勝。

第1試合は紀州学院が長門探題を8−4で下し4強入り一番。
第8回選手権にも似てきた感じで紀州学院の打線が暴れてきた。
そして蒼天と弘道館の一戦は蒼天が2安打完封。
荒谷の調子が上がってきて打線も機能し今大会は死角が見当たらない。

一方のブロックからは鹿寄席と羽州学院が4強入り。
鹿寄席が好調だ。特に中軸が当たっていて他校の脅威。
同じく中軸が脅威の福河豚は終盤突き放されて惜敗。
今大会注目のスラッガー穴毛は夏に期待。
しかし羽州学院が着々と成績を上げてるなー。
気が付くと勝ってる感じ...こういうのは強いんだよな。
初の湯布院、ここで敗退しましたが今後楽しみな高校になりそうです。

そして準決勝。
第1試合は紀州学院×蒼天義塾とまさに2強激突。
試合のほうは粘る紀州を振り切った蒼天がまず決勝進出。
3度目の青空優勝に王手!
第2試合は延長15回の大熱戦になりました♪
羽州も2番手がロングリリーフで好投しましたね。
鹿寄席は勝ちパターンでしたが羽州の粘りに終盤振り切れず...
エース北田200球の熱投も実らず、ここで敗退。

第5回選抜青空大会の決勝は蒼天義塾(徳島)×羽州学院(秋田)。
蒼天か羽州か!?
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年06月12日

選抜青空、8強出揃う!

第5回選抜青空大会は大会8日目、ベスト8が出揃いました♪

強豪が固まったAブロックからは長門探題と紀州学院。
長門探題は初戦で越前大眼鏡を下すと2回戦ではを自慢の強打を発揮。
紀州学院も初戦、2回戦と厳しい相手でしたが順調に勝ち上がり。

Bブロックは弘道館と蒼天義塾と2強が来ましたね。
東の横綱弘道館はエース桜井を中心に堅守。
優勝候補の蒼天義塾も4番梶山の活躍などで順調に8強入り。
この2校が本選で対戦するのは初めてかな??

Cブロックは前評判の高かった唐商、海南侍を下した鹿寄席と福河豚。
近畿の強豪鹿寄席は投打がっちり噛み合って久々に8強入り。
初の福河豚は2回戦で海南侍を完封して勢いもあるか。

Dブロックからは湯布院と羽州学院。
湯布院はダークホース的存在でしたがまさに湯布院旋風。
対する羽州学院は2回戦で東海王者を延長で下し夏に続いて8強入り。
2回戦共にサヨナラ勝利で調子も上向き白熱した試合になりそう。

既に準決勝2試合終わってましたが(笑)
以上の8校がベスト4をかけて準々決勝に臨みます♪

我が広商は2回戦で敗退。
2点返してどうかと思いましたが桜井投手攻略ならず。
犠飛ならずゲッツーも痛かった(汗)
夏の広島大会に向けてがんばります♪
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年06月09日

センバツ青空、ベスト8一番乗りは!?

第5回選抜青空大会は大会第6日目。
全ての高校が出揃い、第2試合から2回戦へ突入です♪

開幕初日から讃岐饂飩造、長門探題と地区優勝校を次々撃破。
波乱の幕開けとなった第5回選抜青空大会。
それぞれ九州、近畿王者の阿蘇軽寺、紀州学院はさすがに底力を見せて2回戦へ。

Bブロックは弘道館が初戦で難敵売薬商を下し2回戦進出。
広島商もサヨナラ勝利で勢いを味方にしたいところ♪
蒼天義塾も優勝に向けて好発進。後は中山ジンクスを払拭できるか。
明野も渋く初戦勝利ですね。問題は2回戦(笑)。

Cブロックはきび枠2校共に初戦敗退は初になりましたが、
唐津商、鹿寄席、海南侍高専、福河豚と実力校が順調に2回戦進出。

Dブロックは湯布院、ウトナイ、浜松商の初出場校が甲子園初勝利。
受けてたつのは東北の強豪羽州学院と面白い構図に♪

そして初戦で夏の準優勝校、越前大眼鏡を下した長門探題が8強一番乗り!
近畿王者の紀州学院も九州王者の阿蘇軽寺を下し準々決勝進出。
共に強打のチームなので面白い試合になりそうです。

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年06月02日

選抜青空大会開幕!

第5回選抜青空甲子園大会が開幕しました。

開幕試合は讃岐饂飩造(香川)と東北覇者の美人小町(岩手)。
初出場同士の開幕戦になりましたが讃岐の7回の集中打見事でしたね。
美人小町は讃岐法村の前に後一本でず...特に7回の同点機が悔やまれます。
うどん旋風来るか!?

▽第1試合
讃岐饂飩造 000 000 300=3
美人小町  000 000 100=1

第2試合は夏の準優勝校、越前大眼鏡(福井)と強打の長門探題(山口)。
眼鏡は小技を混ぜた手堅い野球が持ち味で幸先良く先制。
しかし長門もすぐに追いつきます。
その後は両投手共に要所を押さえて1-1のまま延長戦へ。
延長では好守も出て流れは眼鏡の方でしたが長門が勝ち越してそのまま勝利。
長門探題はセンバツ青空初勝利。
第1試合に続いて地区王者敗退...波乱の幕開きた。

▽第2試合
長門探題  010 000 000 01=2
越前大眼鏡 100 000 000 00=1

第3試合は九州王者阿蘇軽寺(熊本)と堅守が持ち味の樹徳(群馬)。
試合は阿蘇が先制して樹徳が追いつく点の取り合いに♪
終盤ミスで逆転された阿蘇でしたが、最後は地区王者の底力をみせ劇的逆転勝ちで2回戦進出。
手に汗握るすごい試合だ(笑)。

▽第3試合
樹  徳  000 101 110 0=4
阿蘇軽寺 001 011 010 1=5

大会2日目は第1試合で近畿を制した紀州学院(和歌山)が登場。
注目の一戦、富山売薬商×弘道館もあります。
第3試合はどっち応援しようかな(笑)。

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2007年05月30日

青空選抜、組み合わせ決定!

第5回青空選抜大会の組み合わせ抽選会が行われ、出場32校の対戦カードが決まりました。

注目優勝候補の蒼天義塾は古豪江川学院と大会3日目で対戦。
夏の準優勝、越前大眼鏡は初日に長門探題と顔を合わせる。

初戦から好カードが目白押し。
近畿1位の紀州学院は北海道1位の積丹美国と対戦。
九州王者の阿蘇軽寺も同じブロックに入り激戦必至。

関東覇者の弘道館は第2回優勝校の富山売薬商との初戦。
広島商と羽黒は投手の出来次第か。
麒麟大付と明野は共に堅守同士の一戦。

唐津商と横須賀芦名の強豪の一戦は勢いに乗ると面白そう。
試合巧者の尽誠学園は強打のウトナイと。
夏の覇者を下した初の湯布院は常連の千畳敷と顔を合わせます。
地区1位同士の対戦になった町田と浜松商も好ゲームが期待されます。

久しぶりに出場する潮風灯台は強豪海南侍高専との初戦に挑みます。
きび枠の金鯱商は鹿寄席と土佐は福河豚と顔を合わせます。

中でも左上のブロックは各地区優勝校が5校が集まり一番の激戦区か。
勝ち上がってくるだけでも大変だ(笑)。

選手宣誓は金鯱商の○○主将。
大会は讃岐饂飩造×美人小町を皮切りに11日間の熱戦の幕が開けます。
いよいよ「春」開幕!

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月27日

第5回青空選抜出場校決定!

第5回青空選抜大会に出場する一般選考30校、きび枠2校の計32校が選ばれました。

近畿大会優勝の紀州学院、同準優勝の海南侍高専や関東1位の弘道館、中山大会優勝の蒼天義塾など、
実力校は順当に選ばれたものの例年より選考は難航したようです♪

きび枠は結構サプライズでした。
といっても今回はこれといって決め手に欠けた感じがしてましたが、
愛知、高知大会で活躍した2校選出と実力重視。

常連校では弘道館、千畳敷が5年連続、明野が3年連続で甲子園出場。
羽州学院、横須賀芦名、紀州学院、海南侍高専、長門探題、唐津商が2年連続になります。

初出場は金鯱商、土佐など計17校。
江川学院は3年ぶり、富山売薬商、鹿寄席は2年ぶりに出場。
潮風灯台は久々の甲子園で春は初になります。

今回は出場校の約半分が初出場とフレッシュな顔ぶれが多くなってますね。
常連校に古豪も加わり面白い大会になりそうです♪
出場32校は次の通り。

■北海道
積丹美国、ウトナイ
■東北
美人小町、羽州学院、羽黒
■関東
弘道館、江川学院、横須賀芦名、樹徳、潮風灯台
■東京
町田
■北信越
越前大眼鏡、千畳敷、富山売薬商
■東海
浜松商、明野
■近畿
紀州学院、海南侍高専、青龍館、鹿寄席、麒麟大付
■中国
広島商、福河豚、長門探題
■四国
蒼天義塾、讃岐饂飩造、尽誠学園
■九州
阿蘇軽寺、湯布院、唐津商
■きび枠
金鯱商、土佐

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月23日

蒼天義塾が紀州学院を破り初優勝/中山大会

第5回中山大会は蒼天義塾が初優勝を果たしました。
近畿代表の紀州学院を3−1で振り切り全国の頂点に。
四国勢の優勝は第3回大会に続いて2回目です。

蒼天義塾が優勝したことで春の青空選抜大会出場枠に関して、
四国地区に「中山枠」一つが与えられます。

四国地区の出場枠は2。
蒼天義塾と四国地区大会準優勝の讃岐饂飩造(香川)のほか、
4強入りした尽誠学園、済美にも出場の可能性が出てきました。

これで青空選抜の資料となる大会は全て終了。
お楽しみの選考を経ていよいよ青空選抜の開幕です♪

追記...
予想大会もやってます♪

■中山大会
▽決勝
蒼天義塾 101 000 010=3 (蒼)荒谷−栗原
紀州学院 000 000 100=1 (紀)上田−深松
【本塁打】登島(蒼)

▽準決勝
蒼天義塾 000 000 010 01=2
町  田  000 010 000 00=1

紀州学院 010 000 001=2
阿蘇軽寺 000 000 000=0

▽2回戦
広島商  003 000 000=3
蒼天義塾 320 000 00X=5

町  田  001 200 400=7
積丹美国 000 000 000=0

浜松商  002 000 000 000 0=2
紀州学院 020 000 000 000 1=3

阿蘇軽寺  021 000 020=5
越前大眼鏡 000 000 100=1

▽1回戦
蒼天義塾 000 300 100 101=6
美人小町 004 000 000 100=5

阿蘇軽寺 201 010 200=6
弘道館  020 000 000=2

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月16日

青空、秋季地区大会

10年度秋季地区大会の全ての日程が終了。
各地区優勝校10校は中山大会で秋の日本一を目指します。

常連強豪校に新鋭入り混じった秋季大会になりましたね。
段々と秋っぽい大会になってきたなー。
センバツ青空の選考も難しくなりそうです♪

▽北海道地区
積丹美国が初優勝。
4強が昨秋と同じ顔ぶれで強豪校が上位を占める形に。

▽東北地区
羽州学院を下した美人小町が初優勝と昨秋の8強から躍進。
前年度選抜優勝の一握芸能や仙台育英らが初戦敗退と波乱含みの大会に。
山形勢もがんばりましたね。

▽関東地区
弘道館が関東制覇。
県大会で苦杯をなめた弘道館でしたが最後は圧勝。
接戦を制してきた古豪江川学院が準優勝。
好調の横須賀芦名、樹徳が4強入り。

▽東京地区
町田が帝都を逆転で下し初優勝。
西東京からは初でしょうか。
東京も混戦模様を呈してきました。

▽北信越地区
夏の準優勝校、越前大眼鏡が初優勝と前評判通りの活躍。
常連校千畳敷は昨秋に続いての準優勝。
昨秋活躍した新潟勢は全て初戦敗退。
強豪佐久長聖、富山売薬商が4強入り。

▽東海地区
初参加の浜松商が初戦を延長で制するとそのまま勢いにも乗り初優勝。
しぶとく勝ち上がってきた明野が昨秋に続いて準優勝。
愛知は最近元気ないですね。

▽近畿地区
激戦区近畿の決勝は昨秋と同じ顔ぶれになりましたが紀州学院が優勝。
準決勝ではノーヒットノーランを達成したり早くもエンジン全開か。
準優勝には海南侍高専と近畿は和歌山勢がリード。
PLや桐蔭が早い段階で敗れて団子状態か。

▽中国地区
伝統の広島商が初優勝。
打順変更やコンバートしたのが結果にでて嬉しいですね。
監督も予想外の出来でした♪
初の豪夜堂、福河豚、長門探題の広島、山口勢が活躍。

▽四国地区
蒼天義塾が連覇と再び波に乗ってきました。
初参加の讃岐饂飩造が準優勝、尽誠学園が4強入りと香川勢が活躍。
済美久々に惜しかった〜。

▽九州地区
阿蘇軽寺が初の九州王者に。
夏の覇者空想科学を下し県1位で乗り込んだ湯布院が準優勝に。
実績を積み始めた唐津商、伊万里商が初の4強入りと九州も戦国時代か!?。

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月09日

青空、秋季地区大会

本日の結果です。
北海道、北信越、東海、四国は決勝進出の2校決定ですね。
試合内容も大事になる地区大会なので最後まで気が抜けません(笑)

■秋季北海道地区大会(準決勝)
積丹美国x2−1走馬学園
ウトナイ7−2駒大苫小牧

■秋季東北地区大会(2回戦)
羽州学院11−0斗南日新館
爆釣水産1−2x小比類巻一
奥州探題0−3南部工
耶麻農林2−3出羽桜

■秋季北信越地区大会(準決勝)
佐久長聖1−6越前大眼鏡
千畳敷3−2富山売薬商

■秋季東海地区大会(準決勝)
浜松商4−0北勢大四日市
明野1−0三つ葉高等部

■四国地区大会(準決勝)
蒼天義塾1−0尽誠学園
済美2−3x讃岐饂飩造

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月08日

青空、秋季地区大会

今日は関東、東京、近畿、中国、九州で日程が進行しています。
関東は昨秋関東王者のほうとうと弘道館の好カードでしたが弘道館に軍配。
常連校の浦和が2回戦敗退ですね。
東京は好調町田と早実を下した帝都が決勝に進んでいます。
近畿は青龍館、紫香楽、紀州が好発進、桐蔭が2回戦敗退です。
中国は4強が決定と大詰めです。
九州は唐津商が福岡第一を下して初戦突破。
神村と球琉は壮絶な試合でしたね♪

■秋季関東地区大会(2回戦)
轟2−3立花学園
黒羽0−3横須賀芦名
ほうとう3−4弘道館
武州大浦和0−1潮風灯台

■秋季東京都大会(準決勝)
町田1−3大江戸
帝都2−3早稲田実

■秋季近畿地区大会(2回戦)
青龍館4−1忠臣蔵
天理スタミナ0−3紫香楽
京都外大西0−2紀州学院
大阪桐蔭0−1麒麟大付

■秋季中国地区大会(準々決勝)
豪夜堂1−0岡山南
石見銀山商0−5福河豚
砂ヶ丘2−6長門探題
広島商4−2大砂丘

■秋季九州地区大会(2回戦)
阿蘇軽寺4−1明倫堂
阿吽2−3清峰
神村学園x6−5球琉灯台
唐津商4−3福岡第一

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月05日

青空、秋季地区大会

秋季地区大会は各地区大会2日目。
空想科学に続き一握芸能も初戦敗退。
春夏の優勝校が消えてしまいました。
どうなる!?波乱の秋季大会!

▽秋季北海道地区大会(準々決勝)
駒大苫小牧5−3雄武
積丹美国2−0竜笠
白虎0−9走馬学園
ウトナイ4−2函館演歌

▽秋季東北地区大会(2回戦)
会津日新館3−4美人小町
弘前1−3南部領鹿角
仙台育英2−3x羽黒
鳴子天鳳3−2一握芸能

▽秋季関東地区大会(2回戦)
江川学院3−2生田東
横浜0−6帝王実
彩有機農3−6樹徳
中山坂11−0東海大甲府

▽秋季北信越大会(準々決勝)
佐久長聖4−1九頭竜
越前大眼鏡5−2金沢
千畳敷4−1福井商
富山売薬商3−2高遠鉾持

▽秋季東海地区大会(準々決勝)
浜松商6−5岐阜城北
天下布武2−4北勢大四日市
明野2−1次郎長
金鯱商1−2三つ葉高等部

▽秋季近畿地区大会(2回戦)
海南侍高専14−1福知山成美
和歌山雑賀崎2−1大阪桐光
報徳学園5−2琵琶湖水産
鹿寄席5−0海草中

▽秋季中国地区大会(1回戦)
鷲羽山2−6砂ヶ丘
長門探題8−2尚徳館
広島商3−2大砂丘
如水館5−4宍道湖水産

▽秋季四国地区大会(準々決勝)
蒼天義塾4−1無限大付
尽誠学園7−6黒潮灯台
済美5−1バルト学園
土佐4−5讃岐饂飩造

▽秋季九州地区大会(2回戦)
大東亜学園1−2伊万里商
熊本工0−3八重山商工
振徳堂6−0鹿児島実
湯布院4−0首領十家

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月04日

青空、秋季地区大会始まる!

サーバーの不具合で投稿できてませんでしたね。
改めて更新します。

10年度秋季地区大会が全国で始まりました。
第5回選抜青空甲子園大会の参考資料となる秋季地区大会。
今年はどの高校が選出されるのでしょうか。
早速1回戦が行われていますが好ゲームでてますね♪

▽秋季北海道地区大会(1回戦)
流氷灯台1−3函館演歌

▽秋季東北地区大会(1回戦)
秋田商0−2斗南日新館

▽秋季関東地区大会(1回戦)
生田東3−2風雲大付
くろがね3−4東海大甲府
立花学園3−0桐生第一
鷲宮1−3潮風灯台

▽秋季東京地区大会(1回戦)
町田16−2帝邦
大江戸2−1墨東美男
八王子野猿0−8帝都
早稲田実5−2帝京

▽秋季北信越地区大会(1回戦)
越中灯台2−4九頭竜
五十嵐大付6−1金沢
明訓1−9千畳敷
福井商x6−5遊学館
佐渡ヶ島1−2高遠鉾持

▽秋季東海地区大会(1回戦)
岐阜城北2−0覇道研究
愛工大名電3−7北勢大四日市
藤枝明誠1−2x三葉高等部

▽秋季近畿地区大会(1回戦)
福知山成美10−2郡山
京都日新館6−9海草中
忠臣蔵1−0PL学園
新機軸1−2麒麟大付

▽秋季中国地区大会(1回戦)
豪夜堂6−2赤波
超心塾7−9岡山南
宇部商6−8石見銀山商
PG学園4−8福河豚

▽秋季四国地区大会(1回戦)
無限大付6−1今治西
徳島海南1−2黒潮灯台
鬼丸2−5讃岐饂飩造

▽秋季九州地区大会(1回戦)
宜野座4−3伊万里商
首領十家4−2華麗華美
明倫堂2−3x空想科学
福岡第一4−1北谷黒糖商

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月03日

続...

全ての都道府県で秋季大会が終了しました。
いよいよ地区大会へ舞台を移して選抜に向け最終関門が始まります♪

近畿〜九州編

■近畿
優勝校は昨秋と同じで連覇になりましたね。
奈良では天理スタミナが2位と躍進。
激戦の近畿を制するのはどの高校か。

■中国
鳥取では尚徳館が初優勝とセンバツに向け期待が高まります。
島根では宍道湖水産が返り咲き。
広島では初参戦の豪夜堂が初優勝と旋風なるか!
広島商が2位に躍進し混戦模様になってきました。
山口は福河豚が長門探題に変わって初優勝。
地区大会は前回センバツ出場校PG学園との初戦になります。

■四国
四国四県群雄割拠の時代に突入。
尽誠学園、蒼天義塾、済美は連覇と座を明け渡さず。
高知では土佐が初優勝と今度はセンバツでの初出場を狙います。

■九州
優勝校最多の九州勢、新時代に突入か!?
注目の福岡は大東亜学園が競り勝って優勝。
春夏と旋風を巻き起こした唐津商は佐賀の盟主に。
大分では夏の覇者空想科学がまさかの2連敗。
新星湯布院が見事な逆転劇を見せ大会の注目を集めそうだ。
沖縄では大混戦を抜け出した最南端八重山商工が初優勝。
離島初の甲子園出場なるか。

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年05月01日

青空、秋季都道府県大会

10年度秋季都道府県大会もそろそろ終盤に。
優勝校も続々と決まってきました。

北海道〜東海編です。

■北海道
北北海道は走馬学園が昨秋に続いて優勝。
北海道の強豪として常連校になってきましたね。
後は南北海道を残すだけです。

追記…
ウトナイが昨秋に続いて制しましたね。
動かざること山の如し。

■東北
優勝校は全て昨秋に続いての連覇。
それでも新鋭校が頭角を現してきたり宮城や福島は混戦になってきましたね。
昨春のセンバツ優勝一握芸能は今年も安定した力を発揮しそうです。
会津日新館は昨秋、後一歩のところでセンバツを逃しただけに今季は是が非でも。

■関東
秋の関東波乱の幕開け。
茨城県大会ですが帝王実が初優勝。
盟主弘道館城がついに陥落。
東の横綱を下した帝王実が地区大会でも暴れるか!?
また激戦区神奈川は横須賀芦名が初優勝。
昨春、初の選抜切符を手にした横須賀芦名が神奈川を制してきました。

■東京
追記...忘れてた(^^;
東東京は帝京が初優勝。
前回優勝の帝都が4位、新鋭墨東美男が2位と混戦模様に。
都大島は部員不足かな?(^^;
西東京は町田が初優勝と結果を出してきました。
東西合わせて混沌としてきましたね。

■北信越
新潟では新鋭の明訓が初優勝。
突如現れた新星明訓が越後を制しました。
激戦の北信越大会、台風の目になるか??
福井では越前大眼鏡が初優勝。
夏準優勝の越前大眼鏡が秋の福井を制してきました。
北信越大会優勝候補の一角です。

■東海
静岡で浜松商、愛知で金鯱商と初出場校が初優勝と新しい風が。
岐阜では天下布武が返り咲き。
昨秋中山を制した三葉高等部が2位とレベルの高い争いです。

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2007年04月25日

秋季都道府県大会始まる

青空甲子園も新シーズンに突入!

空想科学の優勝で幕を閉じた「夏」も終わり、若いチームがスタート。
秋季都道府県大会が北海道を皮切りに北から順に始まりました。
まずは地区大会に向けての戦いが繰り広げられます♪

今季から全都道府県に複数チーム参加ということで楽しみです♪
第5回センバツ青空大会に向けた資料となる第一関門...
果たして好スタートを切るのはどの高校か!

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年01月21日

一握芸能が初優勝!

第4回選抜青空大会は一握芸能が佐久長聖を2−1で下し春を制しました。
序盤でエース中江が早々と交代して試合が激しく動くかなと思いましたが、
2番手東山がしぶとい佐久打線を要所で抑えましたね。
打っても3、4番コンビが活躍した試合になりました。

特に地区大会では不調だった3番草柳が大会通じて大活躍。
東北大会では会津日新館らと選考を争った一握芸能でしたが、
地区大会同様、勝負どころでの強さが出た感じがします。
東北勢としても春は初優勝で埼玉から一気に岩手まで上りました♪

一方、佐久長聖は地区大会全て1点差試合で、その内サヨナラが3試合。
際どい試合を経験してきたのでまとまり感が増したのかな。
惜しくも準優勝でしたが、磯投手を中心に佐久野球面白かったです。
春は北信越勢強いですね。
2ヵ月後くらいから始まるセンバツも頑張って欲しいところです(笑)。

今大会も初出場校の活躍が目立ちましたが、
各地区ごとに強豪校が次々と出てきてる感じがします。
伝統校の巻き返しも期待したいです♪

あ、決勝の2校は共に灰色系のユニフォーム。
灰色系は選抜選出濃厚な仙台育英初め有名所にも結構多いかなー。


■第4回センバツ青空大会【決勝】
佐久長聖 000 100 000=1 (佐久)碇、北方−深井
一握芸能 100 010 00X=2 (一握)中江、東山−堂本
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年01月11日

第4回選抜青空が開幕!

第4回選抜青空甲子園大会が開幕!

開幕試合は激しい試合になったなー。
如水館が追いつきそうで追いつけず、天理スタミナが振り切り。
効率の良い攻めで走馬学園が桐蔭を下して2回戦へ。
振徳堂打線を完封した横須賀芦名は甲子園初勝利ですね。
紫紺の大旗をつかむのはどこか!?
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年01月09日

センバツ青空出場校決定!

第4回選抜青空甲子園大会の出場校32校が決定。
こっちのほうは一足早く決まりましたね。(^^;
一般選考では昨夏の覇者紀州学院が秋の近畿も制覇。
東海大会、中山大会の2冠を制した三つ葉高等部などが順当に選出。
武州大浦和は校名変更後、初のセンバツになります。
きび枠には九州大会8強の球琉灯台と北信越大会4強の福井商。
選考が難しかったようですが初出場が19校と新鮮な顔ぶれになりました。

続いて組み合わせも決定。
紀州学院は大会3日目愛知の覇道研究と。
三つ葉高等部は秋の四国を制したバルト学園と。
優勝経験校同士の一戦、蒼天義塾×武州大浦和は大会5日目。
大会.1の呼び声も高い浦上擁する八王子野猿は明野との組み合わせに。
大会は天理スタミナ×如水館を皮切りに11日間の熱戦の幕が開けます。

■出場校一覧
北海道 走馬学園 駒大苫小牧
東  北 羽州学院 仙台育英 一握芸能
関  東 ほうとう 弘道館 武州大浦和 鷲宮 横須賀芦名
東  京 八王子野猿
北信越 佐久長聖 千畳敷 佐渡ヶ島
東  海 三つ葉高等部 明野
近  畿 紀州学院 海南侍高専 大阪桐蔭 PL学園 天理スタミナ
中  国 如水館 PG学園 長門探題
四  国 バルト学園 蒼天義塾
九  州 大東亜学園 唐津商 振徳堂
中山枠 覇道研究
きび枠 球琉灯台 福井商

こちらも復活(笑)
選抜青空甲子園
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2006年12月31日

青空選抜向けて

選抜青空に向けた秋季大会の日程が全て終わりました。
初戦で敗退した高校でも接戦が多く拮抗した好ゲームが多かったです。
秋季地区大会、北から順に追っていきます。

■北海道地区大会 
優勝:走馬学園 準優勝:駒大苫小牧
前評判通りの実力を発揮した走馬学園が2年連続優勝。
惜しくも優勝は逃したものの初戦から逆転勝利の駒大苫小牧が準優勝。
夏8強の積丹美国が準決勝で敗退。竜笠や雄武は惜しくも初勝利ならず。

■東北地区大会
優勝:羽州学院 準優勝:仙台育英
仙台育英の3年連続Vを阻止したのは秋田の羽州学院(旧秋田南)。
一握芸能、会津日新館が4強に。耶麻農林、出羽桜、秋田商は初戦敗退。
一方、美人小町、味波世都が初勝利を上げて今後注目です。

■関東地区大会
優勝:ほうとう 準優勝:弘道館
名門潮風灯台が再参加と話題もあった関東大会。
稲葉投手を中心とした守りの堅いほうとうが初の関東制覇。
苦しみながらも試合巧者ぶりを発揮した弘道館が準優勝。
4強には鷲宮、武州大浦和の埼玉勢が入りました。
準々決勝で敗退も激戦区神奈川から初出場の横須賀芦名が大活躍。
前回出場の中山坂や古豪復活の江川学院、帝王実も躍進してきました。

■東京地区大会
優勝:八王子野猿 準優勝:早稲田実
初の東京地区大会を制したのは八王子野猿。
決勝では溝上投手が早実相手にノーヒットノーランを決め一躍全国区に。
東東京勢が全て初戦敗退と西東京勢に軍配。

■北信越地区大会
優勝:佐久長聖 準優勝:千畳敷
長野勢同士の決勝戦は佐久長聖が千畳敷を3−2で下して初優勝。
夏4強の金沢が初戦敗退。売薬商、越中灯台ら常連校が苦戦。
その中で佐渡ヶ島が4強と旋風を巻き起こしました。

■東海地区大会
優勝:三つ葉高等部 準優勝:明野
投打にまとまった伏兵三つ葉高等部が明野を7−1で下して初優勝。
3年連続出場中の愛工大名電、岐阜1位の天下布武が初戦で敗退。
次郎長、覇道研究が4強に乗せました。

■近畿地区大会
優勝:紀州学院 準優勝:海南侍高専
最激戦区近畿地区を制したのは夏の覇者紀州学院。
準優勝には初出場で決勝まで勝ち上がってきた同じ和歌山の海南侍高専。
常連校が敗れる中、PL学園、天理スタミナ、大阪桐光らが躍進。
新鋭の京都日新館も8強に入ってきました。

■中国地区大会
優勝:如水館 準優勝:PG学園
一番顔ぶれが変わったと言ってもいい中国地区大会。
昨春から力をつけてきた如水館が打撃戦を制して秋の中国地区を制しました。
試合運びが上手いPG学園が準優勝と躍進。
夏初出場の長門探題と激戦区鳥取を制した砂ヶ丘が4強に。

■四国地区大会
優勝:バルト学園 準優勝:蒼天義塾
バルト学園が蒼天義塾を3−2で振り切り初優勝。
蒼天義塾が復活Vならずも復活を印象付ける準優勝。
初出場の無限大付、夏の記憶が新しい土佐が4強。

■九州地区大会
優勝:大東亜学園 準優勝:唐津商
九州をリードしてきた空想科学に変わり、大東亜学園が初の九州王者に。
初出場の唐津商が旋風を巻き起こし準優勝。
打撃力のある振徳堂、強豪福岡第一が4強。
初出場の阿蘇軽寺、沖縄の球琉灯台、宜野座が8強。


■中山大会
優勝:三つ葉高等部 準優勝:大東亜学園
三つ葉高等部が大東亜学園を2−0で下して秋の日本一に。
試合は長打絡みの2得点と金森が大東亜打線を2安打無四球8奪三振と完封。
主戦金森が全試合通じ1失点と好投を見せ初出場で初優勝。

これにより中山枠は東海地区に決定。
東海地区は一般出場枠の2校に加え、3つ目の出場枠を確保しました。
以上で秋季大会は全日程終了。
選手、監督たちはしばし「春」を告げる朗報を待つことになります♪
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年12月23日

秋季地区大会

県大会が終わり、いよいよ地区大会へ舞台を移します。
関東を皮切りに近畿、九州地区で開幕。
来春のセンバツ切符を手にするのはどの高校か。

負けても好ゲームをしておきたいところですね。
しかしどこも激戦だなー。
特に関東と近畿は多いので大変だ…。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年12月11日

秋季大会始まる

紀州学院の初優勝で終わった夏の青空甲子園ですが、早速新チームが始動。
第4回選抜青空に向けた秋季大会が北から順に始まりました。
各地区の展望なんかを簡単に。

▽北海道地区
1枠から2枠に増えた北海道地区。
前回出場の走馬学園を中心にウトナイ、夏8強の積丹美国が争うか。
古豪流氷灯台や駒大苫小牧も実力があり、新鋭校も増えて一気に激戦区へ。

▽東北地区
東北は盟主仙台育英が3年連続出場を狙う。
前回旋風を起こした日新館勢も実力をつけていて頂点を狙う位置に。
夏8強の羽州学院はじめ古豪、新鋭ら実力校が多く混戦必至。

▽関東地区
毎年激戦の関東地区。東の横綱弘道館が軸になりそう。
地区大会は苦戦する武州大浦和は校名を変えて出場。
新鋭校も多く、枠争いも楽しみ。

▽東京地区
今回から新しく出来た地区で注目度も高い。
実績ある早稲田実をどこが倒すか。帝京や町田も力をつけていて侮れない。

▽北信越地区
富山売薬商、越中灯台、千畳敷の3強が依然強い。
夏4強の金沢、福井商、佐久長聖らが穴をあけられるか。

▽東海地区
名電の力に陰りが見られる今大会。新鋭の次郎長がとってかわるか。
地味に勝ってくる明野ら各高校がセンバツ切符を虎視眈々と狙う。

▽近畿地区
全国一の激戦区近畿。やはり注目は夏の覇者紀州学院。
圧倒的な打撃力と鍛えられた守備で近畿大会制覇を狙う。
鹿寄席、大阪桐蔭、報徳学園ら常連校に新鋭がどう挑むか。

▽中国地区
強豪鷲羽山を中心に夏8強の石見銀山商、長門探題が追う展開になりそう。
宇部商、岡山南、如水館らがどう割り込んでくるか。

▽四国地区
人気上位もここ最近苦戦している蒼天義塾がどう復調してくるか。
尽誠学園、土佐も伸びてきて実力校も多数あり激戦必至。

▽九州地区
空想科学、福岡第一が抜けているが新鋭校も増えてきており安心できない。
有力校の実力が伯仲、枠争いも注目だ。
posted by カミュ | Comment(7) | TrackBack(0)

2006年11月27日

第4回選抜青空について

第4回選抜青空に向けて大会要項が変わりました。
HPも変わりましたが(^^;
第4回選抜青空大会の出場校数、地区別出場校数等は次のとおりです。

@秋季大会について
大まかな流れは各地方大会の順位付け→地方大会→トーナメントかリーグ戦。
選抜青空に向けた資料になります。

A出場枠について
一般選考枠に新たに東京地区が追加。関東地区と東京地区合わせて+1。
各10地区1位校で争う舞浜大会は中山大会へ名称変更。内訳は変わらず。
打撃枠、選手権枠の撤廃。

北海道が1枠から2枠に。最近激戦化してきた地区ですね。
東京地区が新たに追加。東西で高校も多くなってきたので楽しみな地区です。
選手権枠は労せずして出られてたので撤廃賛成(笑)。

■出場校数32校

○一般選考29校(枠数)
北海道地区 1→2
東_北地区 3→3
関_東地区 5→4┐
東_京地区    1┘関東+東京で+1枠
北信越地区 3→3
東_海地区 2→2
近_畿地区 5→5
中_国地区 3→3
四_国地区 2→2
九_州地区 3→3

○中山枠 1→1
○きび枠 2→2

B1シーズン制
流れは秋季大会→中山大会→選抜青空→地方予選(夏)→青空甲子園に。
この間、打順変更などはOK、選手データ年度の更新は×。
新規参加校は大丈夫のようです。
と、よりマニアックになった感じがします♪
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年07月17日

美佑が初優勝...

第3回センバツ青空甲子園大会は決勝。
美佑(京都)が黒潮灯台(高知)を9−3で下して春夏通じて初優勝。

前半美佑、後半黒潮の流れでしたが美佑が逃げ切りました。
序盤から久米投手を美佑打線が襲います。
1点ずつ入れると5回には打者一巡の猛攻で一挙6点。
黒潮灯台は6回まで1安打に抑えられていましたが、7回に反撃。
勢いあったのでポンポーンと5、6点取るかと思いましたが
野田投手が3失点に抑えて完投。
それにしても決勝以外全て延長戦、うちサヨナラ2試合。
まさにミラクル美佑でした♪

▼決勝
黒潮灯台9−3美佑

1回戦   美佑1−0越中灯台 <延長15回>
2回戦   美佑3−2砂ヶ丘 <延長11回>
準々決勝 美佑6−3宇部商 <延長11回>
準決勝  美佑4−3走馬学園 <延長10回>
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年07月15日

決勝に進んだのは...

第3回センバツ青空選手権大会は準決勝。

第1試合は黒潮灯台が終盤の好機を逃さずに逆転。
第3回夏に続いて2回目の優勝を狙います。
敗退したものの会津日新館はベスト4の好成績。

第2試合は両方共に好機に点を取る持ち味が出た感じの試合。
美佑が肥田のサヨナラ適時打で初の決勝進出。野田投手は完投。
走馬学園は道大会を制して本大会もベスト4。
今大会は新興勢力が台頭してきました。

決勝は黒潮灯台(高知)×美佑(京都)になりました。
黒潮は矢谷、宮上、寺原が打撃好調
そして9番ながら5割とあたっている久米が投打に鍵を握りそう。

一方美佑は野田投手が黒潮打線をいかに抑えるかが鍵。
5番の岡本の前にランナーをためたいです。
サヨナラの勢いもあるので面白い試合になりそうです。

▼準決勝
黒潮灯台4−1会津日新館
美_佑_4−3走馬学園 <延長10回>

▼決勝
黒潮灯台×美佑
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年07月14日

四強決定!

第3回センバツ青空甲子園大会の準々決勝が行われました。

第1試合、黒潮灯台は4番が決めましたね。
千畳敷はこれまで良かっただけに残念。第3回夏の覇者がきました♪
第2試合は好機での差が出ました。
会津日新館、耶麻農林に続き福島勢決勝進出なるか!
第3試合は美佑が延長戦を制し、昨夏に続きベスト8進出!
第4試合は終盤に突き放した走馬学園、第4コーナーを回って後は直線か!

宇部商は残念ながら八強まで。
しかし予想を大きく外す試合展開でした。
初回の失点であちゃー的中したかと思いましたがそこからがんばった。(笑)
永留の適時打と走本や捕逸で逆転。同点に追いつかれたものの江上が力投。
悔やまれるのが10回裏のサヨナラの場面…。
継投した1年の野上も好投してただけにあそこは一本ほしかったー。
で、結局そこを逃すとこうなるという結末…まさに高校野球でした。(T_T)
負けたけど充実感のある試合、またがんばりたいです♪

▼準々決勝
黒潮灯台3−2千畳敷
明_野  0−2会津日新館
美_佑  6−3宇部商 <延長11回>
走馬学園5−2中山坂

▼準決勝の組み合わせ
黒潮灯台×会津日新館
美_佑  ×走馬学園
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年07月12日

八強出揃う!

第3回センバツ青空甲子園大会は大会8日目。
ベスト8が決まりました。
今回は九州勢が残らなかったものの地域的にばらついた感じです。
顔ぶれも新しい感じでどこが勝ち上がるのか♪

監督する宇部商は美佑に決定。
近畿で10勝挙げている強豪です。
今大会は前回準優勝の越中灯台を下して2回戦も砂ヶ丘にサヨナラ勝利。
サヨナラだと勢いづくので投手陣が抑えられるか心配。(汗
3回戦は未知ですが継投になるかなー。
3回持てばいいかも知れないと思って臨みます♪

▼準々決勝
黒潮灯台(高知)×千畳敷(長野)
明野(三重)×会津日新館(福島)
宇部商(山口)×美佑(京都)
走馬学園(北海道)×中山坂(千葉)
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年07月07日

2回戦始まる...

第3回選抜青空甲子園大会、第6日第2試合から2回戦が始まりました。
ここまで地区大会優勝校が次々と初戦で敗れて波乱が多い1回戦♪
それでも富山売薬商、鹿寄席、初出場の走馬学園が初戦突破。

前回優勝校の富山売薬商が注目の対戦で浦和学院を下し2年連続に向けて好発進。
きび枠のウトナイ、如水館も初戦突破しています。

そして2回戦、2大会ぶりの黒潮灯台が智辯和歌山を下して八強一番乗り!
千畳敷は福岡第一を下して勢いづいてきた感じがします。

自分のはというと宇部商がかろうじて残りました。
しかし2回戦は厳しいチーム。
相手が近畿一位なのでかなり厳しい試合になりそうですががんばれ宇部商!

予想が難しくなってきた今大会...どうなるか楽しみです♪
posted by カミュ | Comment(8) | TrackBack(0)

2006年06月25日

福岡第一が登場...

第3回選抜青空甲子園大会、第2日目。

▼第1試合 横浜(神奈川)1−6福岡第一(福岡)

第1試合は昨夏優勝校の福岡第一が登場。
前田が16三振と快投し、依田との継投で連覇に向けて好発進です。
負けたものの横浜の力は上がってきてますね。

▼第2試合 弘道館(茨城)1−11ウトナイ(北海道)

第2試合は常勝弘道館と初出場のウトナイ。
弘道館有利の予想でしたがウトナイが先制点を奪うと猛打爆発。
終わってみると先発全員安打で11得点の快勝でした。
夏は強く春はなかなか結果が出ないところが特徴があるのかな。

▼第3試合 明野(三重)6−1清峰(長崎)

先制点がほしかった清峰ですが初回に4失点。
やはり重くのしかかりましたね。
打線も3安打と援護できず、初の選抜は厳しかったー。
明野は真壁に一発がでています。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年06月24日

第3回選抜青空甲子園大会、開幕!

第3回選抜青空甲子園大会が開幕しました。
選手宣誓を経て早速3試合が行われています。
今回も白熱した試合を期待しています♪

▼第1試合 斗南日新館(青森)2−5黒潮灯台(高知)

開幕試合は初出場の斗南日新館と2年ぶりの黒潮灯台が登場。
黒潮灯台が序盤にリードして主導権を握ります。
斗南日新館も最終回に粘ったものの追い上げもここまで。
黒潮灯台が貫禄を見せた試合でした。

▼第2試合 尚徳館(鳥取)1−5智辯和歌山(和歌山)

第2試合は初出場の尚徳館と選抜は初出場になる智辯和歌山との一戦。
智辯和歌山は大会第1号となる天間の本塁打などで5点取り快勝。
投打がかみ合って調子が良さそうです。

▼第3試合 千畳敷(長野)9−2報徳学園(兵庫)

第3試合は常連校同士の対戦。
千畳敷が終盤見事に逆転し、9回にも駄目押しの4点で圧勝でした。
古豪報徳残念。逆転までは良かったのですが終盤連打されてしまったー。(T_T)
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年06月22日

選抜青空甲子園、出場32校決定...

第3回選抜青空甲子園大会に出場する32校が決まりました。
組み合わせも決まっています。

初戦から地区優勝校同士の対戦がありますね。
浦和学院×富山売薬商、鹿寄席×仙台育英。
舞浜大会優勝校の済美は大阪桐蔭と。
昨夏優勝校の福岡第一は横浜との初戦になります。
打撃枠の尚徳館は智辯和歌山で打撃戦も期待されます。
きび枠のウトナイは弘道館、如水館は生田東との組み合わせになりました。

今回から予想大会「きびかるちょ」始まりました。
当たれば次の大会に向けた特典もついてますよ♪締め切りは木曜日まで!


−第3回大会出場32校−

【北海道】 走馬学園、ウトナイ

【東  北】 仙台育英、斗南日新館、会津日新館

【関  東】 浦和学院、横浜、弘道館、中山坂、生田東

【北信越】 富山売薬商、越中灯台、千畳敷

【東  海】 愛工大名電、明野

【近  畿】 鹿寄席、大阪桐蔭、報徳学園、美佑、智辯和歌山

【中  国】 鷲羽山、宇部商、砂ヶ丘、尚徳館、如水館

【四  国】 済美、尽誠学園、黒潮灯台

【九  州】 空想科学、福岡第一、神村学園、清峰
posted by カミュ | Comment(4) | TrackBack(0)

2006年06月18日

舞浜大会、済美が優勝...

第3回センバツ青空甲子園大会。
舞浜大会は済美が鹿寄席を下し初優勝♪
これで四国は1枠プラスで3枠になりました。

▼決勝
(近_畿)鹿寄席 000 000 020=2 (鹿)北田−村松
(四_国)済_美 000 020 001=3 (済)幸−上松

▼準決勝
(近_畿)鹿寄席 001 010 005=7 (鹿)北田、清田−村松
(中_国)鷲羽山 000 000 122=5 (鷲)水野−藤木

(北海道)走馬学園 000 000 110=2 (走)東海林−桜田
(四_国)済_美  001 030 00X=4 (済)幸−上松

▼準々決勝
(中_国)鷲羽山    000 100 010 1=3 (鷲)水野−藤木
(北信越)富山売薬商 000 200 000 0=2 (富)村山−赤田

(近_畿)鹿寄席  010 000 001 02=4 (鹿)北田−村松
(関_東)浦和学院 110 000 000 00=2 (浦)石口−殿馬

(九_州)空想科学 000 000 000=0 (空)野村−中山
(北海道)走馬学園 000 001 00X=1 (走)東海林−桜田

(東_海)愛工大名電 100 000 010=2 (愛)徳元−畠山
(四_国)済_美    200 030 01X=6 (済)幸−上松

▼1回戦
(中_国)鷲羽山  000 311 000=5 (鷲)水野−藤木
(東_北)仙台育英 001 100 020=4 (育)木原、村上−白野
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年06月16日

各地区大会が終了...

第3回センバツ青空甲子園大会。
東北大会、北信越大会、四国大会、九州大会の日程が終わりました。

東北は仙台育英が9勝1敗。斗南日新館、会津日新館が7勝3敗。秋田商、羽黒が6勝4敗。
青森、福島の常連校が苦戦、新しい高校が台頭してきています。

北信越は巻き返しを図る富山売薬商が8勝0敗で優勝。越中灯台が7勝1敗。
千畳敷が6勝2敗。佐渡ヶ島が4勝4敗。
ここは富山勢を中心に常連校が相変わらず強いです。

四国は毎年大混戦です。蒼天が予想外の苦戦したこともあり最後までもつれる展開に。
尽誠学園、済美が6勝1敗。黒潮灯台が5勝2敗。土佐が4勝3敗です。
香川の尽誠学園が常連校を次々と下しています。

九州は空想科学が10勝0敗で優勝。神村学園が7勝3敗。清峰が6勝4敗。
北谷黒糖商、伊万里商が5勝5敗。
九州勢は空想科学が2年ぶりに返り咲き。以下混戦模様を呈していきました。
福岡第一を下した神村にも注目です。

残るは関東、近畿、中国大会です。
激戦区を制するのはどこか!

追記…
激戦区の関東は浦和学院が13勝3敗。中山坂、横浜、弘道館が12勝4敗。
早稲田実、八王子野猿、生田東が10勝6敗。
これまで地区大会は苦戦していた浦和学院が初の関東制覇。
昨夏準優勝の中山坂、常勝弘道館に横浜が上位に。

同じく激戦区の近畿は鹿寄席が12勝2敗。報徳学園、大阪桐蔭が11勝3敗。
美佑、智辯和歌山が10勝4敗。海草中、郡山が9勝5敗。
結果的に実績のある高校が上位を占めましたね。

中国は鷲羽山が10勝1敗。宇部商が9勝2敗。砂ヶ丘、尚徳館が8勝3敗。如水館が7勝4敗。
常連校に対し新しい勢力が台頭してきそうな感じでしょうか。
4敗も投打にまとまっている如水館も面白い存在になりそうです。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年06月11日

北海道と東海が日程終了...

第3回選抜青空甲子園大会の北海道地区大会、東海地区大会の日程が終了しました。

【北海道地区大会】
走馬学園が3勝と負けなし。
ウトナイが2勝1敗で流氷灯台が1勝2敗。
北海道枠は1枠なので上位2校で争うものの走馬学園が最有力候補か。

【東海地区大会】
愛工大名電と明野が4勝1敗。
次郎長、天下布武、三つ葉高等部が2勝3敗。
東海枠は2枠なので上位2校が有力候補かな。

試合見てると面白い試合が多いです。
地区によっては最後までもつれて大混戦になりそうな予感♪
posted by カミュ | Comment(1) | TrackBack(0)

2006年06月03日

枠数決定...

第3回選抜青空甲子園大会の枠数が決まりました。
通常枠は前回と比べると関東・東京が1枠減、きび枠が1つ増えた形になりました。

同一県より3校以上は選抜されません。
1都道府県に複数できてきてライバル関係も出来そうですね(^^;
各地区でのさらなる激戦が予想されます♪
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2006年03月23日

富山売薬商が初優勝!

第2回選抜青空甲子園大会は富山売薬商が越中灯台を5-0で下して初優勝!

初の富山対決になった決勝戦ですが見事な投手リレーで完封しました。
お互い同県で知り尽くしてる相手だけにやりにくかったと思いますが(^^;
富山売薬商が紫紺の大旗を持ち帰りました。
初戦、準々決勝、そして大阪桐蔭戦で土壇場逆転、逆転の富売商、すごかった♪

今回は投手の調子を□以下にした大会でしたがやはり得点がアップしてますね。
総得点が200点の大台に乗って、結構いい感じになりつつあるのかな。

第2回青空甲子園大会
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年03月21日

決勝は富山決戦!

準決勝、富山売薬商が大阪桐蔭を3-2、越中灯台が7-4で慶應を下し決勝へ。
初の富山県同士の決勝戦になりました。

2年連続2回目の富山売薬商に対し初出場の越中灯台ですが、
地区大会では6-2で富山売薬商が勝っています。
中でも4番・高浪には4打数4安打で相性が良く中軸が強力です。
対する越中灯台も攻守にまとまっていて調子も上がってきました。
継投も鍵を握りそうですが諸隈、半田両投手がどこで出てくるか。
富山決戦を制するのはどちらか!いよいよ決勝です。

▼第11日(決勝)
第1試合 富山売薬商×越中灯台
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年03月20日

4強決定!

準々決勝が行われて4強が決まりました。
大阪桐蔭は辻本投手いいですね。
富山売薬商は相変わらず打線が好調。
5、6点勝負になるのかな。激しい試合になりそうな気もしますが。

第2試合は越中灯台と慶應の初出場同士。
粘り強い越中灯台に慶應がどう対処するか。
坂下、船田、両校の4番にも注目です。

▼10日目(準決勝)
第1試合 大阪桐蔭×富山売薬商
第2試合 越中灯台×慶應
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年03月19日

8強揃う!

2回戦を終えて8強が決まりました。
小比類巻一はやはり砂子投手が安定した投球で勝ち上がっています。
大阪桐蔭は平田、澤田、中田でしょうか。
辻本投手も安定してますが2試合連続延長戦ですのでやや気になります。
しかしサヨナラで勢いもあるので果たして。

海草中は見た感じ一番いい野球してます。
打線も中軸がいいし浦和学院戦も内容が非常に良かったです。
富山売薬商も打線が好調で投打にバランスが非常に良いです。
いい試合になりそうな気がします♪

仙台育英と越中灯台は初出場同士の対戦。
強打の仙台育英に越中灯台・松藤がとう投げるか。
両校共に打線の破壊力もあるので打撃戦もありそうな…

慶應も投打に柱がしっかりしていて初出場として勢いも感じます。
打線は繋がりもよく、当たっています。試合展開も面白い。
名電は徳元が安定しているので諏訪投手を攻略できるかが鍵。
両校共に強豪を下しての一戦はどうなるか。

▼第9日(準々決勝)
第1試合 小比類巻一×大阪桐蔭
第2試合 富山売薬商×海草中
第3試合 仙台育英×越中灯台
第4試合 慶應×愛工大名電
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年03月16日

8強一番乗りは...

第2回選抜青空甲子園大会は第6日。
小比類巻一がほうとを4-1で下し、8強一番のりを決めました。
大阪桐蔭も延長戦の末、振徳堂を3-2でサヨナラ勝ちして準々決勝進出。
第1試合では千畳敷が25安打19得点の大会記録を作っています♪

ここまで見ると1点差試合が18試合中11試合と結構多いですね。
見てるほうもドキドキした試合展開でしょうか。
8強入りをかけた熱戦が期待されます。
だいぶ日程が進んじゃいましたが組み合わせなど…(^^;

第2回青空甲子園大会
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年03月09日

出場校、組み合わせが決定...

第2回選抜青空甲子園大会の出場校が決定し組み合わせも決まりました。
四国は難航だったと思いますが最後は成績が左右したのかな。
後は順当で、打撃枠に次郎長(静岡)、きび枠に大阪桐光(大阪)が選出されました。
初出場は12校。富山、大阪が2校ずつ選出されています。

さらに組み合わせも決定。
同一都道府県は決勝まで、同一地区は、準々決勝までは当たらないようになっています♪

どの試合も面白そうですがピックアップすると...
いきなり舞浜大会出場校同士となったのは大阪桐蔭×流氷灯台、愛工大名電×弘道館。
江川学院×蒼天義塾は第4回青空選手権の決勝戦の再現ですね。
前回優勝校の浦和学院は九州王者の球琉灯台と。
選手権優勝の耶麻農林は神奈川県勢初勝利に燃える慶應と。
初出場ながら人気の高い仙台育英は済美と。特別枠の次郎長、大阪桐光にも注目ですね。
選手宣誓を経て、いよいよセンバツ開幕です♪
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年03月05日

第2回舞浜大会は弘道館が初V...

各地区代表9校が戦う第2回舞浜大会が行われて弘道館が千畳敷を9-4で下し初優勝しました。
今大会から名実ともに秋の日本一を決める大会になっています♪

その結果、関東・東京枠が「1枠」増えて計7枠になりました。
今回も予想などをアップしてました。
後、自分も参加者の一人なので公平を規す為に誤解されないように一応断っておきますが、
あくまで好きに予想していて本大会の選考には影響しませんのでよろしくお願いします。(^^;

出場有力校予想
posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)

2006年03月04日

地区大会...

第2回選抜青空甲子園大会の地区大会が各地で終了。
残るは近畿地区、中国地区、九州地区になりました。
これからまた出かけるので間に合えばいつもの予想とかしてみたいです。(^^;
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年03月02日

北海道でも開幕...

第2回選抜青空甲子園大会の地区大会は北海道でも開幕しこれで全ての地区で開幕しました。
道大会は流氷灯台が初戦のウトナイ戦を制して1歩リード。
駒苫との試合が注目されますね。
各地区共に最後の椅子の争いが熾烈を極めそうな予感がします♪
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年02月26日

地区大会始まる...

第2回選抜青空甲子園大会の代表校を決める地区大会が近畿大会を皮切りに順次始まりました。
センバツ切符を手にするのはどの高校か♪
posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)

2006年02月25日

大会参加...

第2回選抜青空甲子園に参加しました。
打順変えたり投手変えたりしたものもありますがデータ的には同じで。
そろそろ気分的にも変えたいところなんですけどね(^^;
センバツに向けがんばりたいです♪

地方予選がもうすぐ始まりますが今回から変更された点(予定含)がいくつかあるようです。

@一般選考枠
北海道・東北地区(4)→北海道(1)東北(3)
関東・東京地区(6)→関東(4)東京(1)関東+東京(1)
北信越・東海地区(5)→北信越(3)東海(2)
近畿地区(4)→変更なし
中国・四国地区(6)→中国(3)四国(3)
九州地区(3)→変更なし

A舞浜枠   
各地区準々決勝以下→各地区優勝校によるトーナメント戦。
優勝校の所属地区に、一般選考枠に加えて「1枠」を与える。

B投手の調子
□(黄色)以下で試合をする。

選考枠は細分化されたことで地域や選抜色がより強くなるんじゃないかと楽しみです♪
舞浜枠は優勝校だけということで明治神宮大会の位置づけになりますね。
同じ地域の代表を応援してみてもいいかもしれません。(^^;
投手の調子は劇的には変わらないと思いますがやや打撃戦が多くなりそうです。
ゲームではありますが郷土の応援という高校野球の基本の様なものがあって楽しみです。
posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。