2005年11月14日

最強決定戦、混戦のまま最終日へ...

最強決定戦は第8節を終え、残るは最終日。
混戦のリーグ戦、どこが抜け出すか?!

第7節、Aリーグは豊川西武、十字陵、明和第一の上位陣が共に勝っています。
千畳敷が敗退し、一歩後退。
筑紫はサヨナラ勝ちでリーグ戦初勝利。
優勝争いはまだまだこれから♪
上位と対戦する高校にも注目です。

Bリーグはいわき東が終盤に追いついて逆転サヨナラ。
浦和学院も浅田短大付に追いつかれたもののサヨナラで上位についています。
同志社が連勝で投打がかみ合ってきました。
大阪桐光は快勝で首位キープ。
こちらも上位陣が譲らず混戦のまま終盤へ。

最強決定戦戦 Aリーグ
第7節
豊川西武(愛知)
2-0
智辯和歌山(和歌山)
第7節
千畳敷(長野)
1-3
十字陵(福井)
第7節
海浜幕張(千葉)
0-5
明和第一(東東京)
第7節
立命館慶祥(南北海道)
5-6x
筑紫(福岡)

最強決定戦戦 Bリーグ
第7節
タカシ学園(神奈川)
5-6x
いわき東(福島)
第7節
海底学園(高知)
0-13
大阪桐光(大阪)
第7節
浅田短大附(秋田)
5-6x
浦和学院(埼玉)
第7節
同志社(京都)
4-1
湘南学院(神奈川)

第8節は豊川西武が9回に貴重な1点を入れて完封勝利。
千畳敷は惜しくも優勝争いから脱落。
智辯和歌山が海浜幕張を2-1で下しています。
明和第一は打線が爆発し34安打22得点で快勝。
立命館慶祥が延長戦を制して3勝目。
この結果、豊川西武、十字陵、明和第一が6勝1敗で並びました。
最終日は豊川西武と十字陵が対戦するのでどちらかが残り、明和第一がしんきろうに
負ければ勝ったほうが優勝。明和第一が勝てば得失点差になるという大混戦になりました♪

Bリーグはいわき東が6連勝で大阪桐光に6勝1敗で並び、
得失点差も同じで総得点で逆転して首位に立ちました。
タカシ学園が20安打8得点で浦和学院に快勝。
浅田短大附と同志社の一戦は延長15回に及ぶ大熱戦の末、同志社がサヨナラ勝ち。
湘南学院が逆転勝ちで4勝4敗の五分に戻しました。
優勝争いはいわき東、大阪桐光の2校に絞られ、いよいよ最終日に2校が激突!
同志社とタカシ学園、海底学園と浦和学院、浅田短大付と甲子園の組み合わせも注目です。

最強決定戦戦 Aリーグ
第8節
豊川西武(愛知)
1-0
千畳敷(長野)
第8節
海浜幕張(千葉)
1-2
智辯和歌山(和歌山)
第8節
筑紫(福岡)
1-22
明和第一(東東京)
第8節
立命館慶祥(南北海道)
3-2
しんきろう(富山)

最強決定戦戦 Bリーグ
第8節
いわき東(福島)
7-0
海底学園(高知)
第8節
タカシ学園(神奈川)
8-3
浦和学院(埼玉)
第8節
浅田短大附(秋田)
2-3x
同志社(京都)
第8節
甲子園(兵庫)
1-4
湘南学院(神奈川)


posted by カミュ | Comment(3) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
最強決定戦は明日(時刻上今日)が最終日。
今までやった7試合の中で、3試合(負けた2試合・勝った1試合)を除いてほぼ僅差の勝負なんです。
今日の試合なんか、特に悔しかったです。
デフォルトに近い値でやってますが、残りは勝てる運だけです。

それにしても、Bリーグの最終戦が凄い組み合わせだ。
ゆーれーもんばんさん曰く、「図ってない」だそうです♪

勝てば8位で負けたら9位と崖っぷちで戦いたいと思います。それでは。
Posted by 浅田幸一 at 2005年11月15日 01:34
高岡商業はスコア的によかったですが、残念ながら苫小牧を倒せず。
倒せたら優勝してたかもしれませんね。(笑)

連チャンになりました。
ごめんなさい。
Posted by 浅田幸一 at 2005年11月15日 01:40
最終節は打線が...
これまで接戦が多かっただけにちょっと残念でした。
しかし最終節はすごい試合が多かった。(^^;

駒大苫小牧が優勝。
田中投手がでれば簡単には打てないでしょうね。
これからどう強化していけるかかな...
ミスに付け込む野球、粘っていくしかないか...

連チャン構いませんよ♪(^^;
Posted by カミュ at 2005年11月15日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。