2005年10月20日

第4回青空甲子園、決勝戦...江川学院vs蒼天義塾

第4回青空甲子園は大会10日目を向かえ、いよいよ決勝戦です。
どちらが優勝しても初となる決勝の組み合わせは
江川学院(栃木)と蒼天義塾(徳島)の組み合わせになりました。
江川学院は江川投手を中心とした守りのチームで、準決勝ではサヨナラ勝ちし、
チームのムードも高まっています。
対する蒼天義塾は打線が好調。前回準優勝校の弘道館を下し、こちらも勢いがあり、
荒谷投手の調子も上がってきています。

第10日(決勝)
第1試合
江川学院(栃木)
1-4
蒼天義塾(徳島)

◆蒼天義塾9安打5点、荒谷力投!好機に1本でなかった江川学院

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
江川学院
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
7
0

蒼天義塾

0
0
0
0
0
2
2
0
X
4
9
0
【戦評】
蒼天義塾が9安打4得点の効率の良い攻めと2番手の的野の力投で初優勝を決めた。
互いに両投手共に要所を締める投げ合いが続いて0-0で迎えた6回裏、
2死2,3塁で諏訪が3塁後方に落ちるヒットを放ち2点先制。
7回には3本の長打で2点入れ4-0とリードを広げます。
結局9回に1点返されたものの荒谷、的野の継投で4-1で逃げ切って初優勝を遂げた。
江川学院は好機を作るものの後一本でず、9回に具志堅の適時二塁打で粘ったが
後続が押さえられた。

第4回青空甲子園、優勝校は蒼天義塾!!!
優勝おめでとうございます♪


全大会やるのは正直きつい(^^;
少し短縮するかどうか...



posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。