2005年10月16日

第4回青空甲子園、8強が決まる!

第4回青空甲子園は大会7日目、3回戦4試合が行われました。
前回優勝の黒潮灯台が第1試合で登場しました。

第7日(3回戦)
第1試合
江川学院(栃木)
5-2
黒潮灯台(高知)
第2試合
海浜幕張(千葉)
5-2
清峰(長崎)
第3試合
空想科学(大分)
10-2
羽黒(山形)
第4試合
蒼天義塾(徳島)
6-1
流氷灯台(北北海道)

◆江川学院、長打6本で試合決める...黒潮灯台は連覇の夢散る

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
江川学院
0
1
1
0
1
0
1
1
0
5
10
0

黒潮灯台

0
0
0
0
0
2
0
0
0
2
6
0
【戦評】
連覇を目指した黒潮灯台が3回戦で姿を消した。江川学院は2回に連続長短打で1点。
2回にも長打で2点目。5回にも江川の適時打で3-0とリードする。
これ以上はなされたくない黒潮灯台は6回裏、これまで1安打に抑えられてきた江川投手から
2番・吉田が中前安打で出ると3番・吉良がライトに2点本塁打を放ち1点差にする。
しかしこの日は片山がピリッとせず7回にも長打で1点、8回にも1点取られ8回を終え5-2。
最終回も打ち取られゲームセット。江川学院が第2回大会に続くベスト8進出を決めた。

◆海浜幕張、好機逃さず8強へ...清峰、終盤の粘りも届かずく

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
海浜幕張
0
0
0
0
0
0
0
4
1
5
10
5

清峰

0
0
0
0
0
0
0
1
1
2
6
1
【戦評】
海浜幕張が相浦好投で初の8強進出を果たした。
互いに再三のピンチを凌いで0-0で迎えた8回表、海浜幕張は1死満塁とし捕逸で1点先制。
さらに5番・宗像が右中間を破る2点適時二塁打を放ち3-0。
2死後、池辺も適時二塁打で4点目を取り4-0とリードを広げる。
清峰もその裏、敵失で1点返すが海浜幕張は9回にも福島の適時三塁打で1点取り5-1。
清峰も9回1点を返して粘ったが後が続かず3回戦で姿を消した。
海浜幕張は5失策と守備が乱れたが相浦が崩れずに最後まで粘り強い投球で完投した。

◆空想科学、13安打10得点で完勝...防戦一方の羽黒、2点がやっと

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
空想科学
0
4
0
0
0
0
0
1
5
10
13
0

羽黒

0
0
2
0
0
0
0
0
0
2
7
1
【戦評】
空想科学が終盤に突き放し10得点で完勝した。
2回表、1死満塁からスクイズで1点先制。
1塁もセーフになり、満塁で西郷のスクイズが成功し2点目。
さらに2死2,3塁で神野が2点適時二塁打を放ち序盤で4-0とリードを広げる。
8回にも2長打で1点、9回には1死満塁で城島の満塁HRが飛び出し鶴川をKOさせ試合を決めた。
羽黒は3回に2点返したものの防戦一方で打線も湿り鶴川を援護できなかった。

◆蒼天義塾、効果的に得点し8強へ...流氷灯台、継投に4安打に抑えられる

1
2
3
4
5
6
7
8
9
H
E
蒼天義塾
0
1
0
0
1
0
0
3
1
6
12
0

流氷灯台

0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
4
1
【戦評】
蒼天義塾が勝負強い打撃で前回に続き8強進出を決めた。
2回表、1死2塁から西野の適時二塁打で1点先制。
5回にも2死2塁から殿馬の中前適時打で2点目。
8回には疲れの見え始めた吉津から連続長短打やスクイズなどで3点取り試合を決めた。
流氷灯台は吉津が中盤まで好投していたが打線が湿り気で援護できず、
2番手・的野との継投リレーを許してしまった。

今日で8強が全て決定しました。
準々決勝の抽選会が行われています。
抽選会の模様は大会本部で♪


今日は時間的にちょっときつー(^^;
でもがんばります♪



posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。