2007年12月29日

済美が初優勝!選抜青空

第11年度選抜青空甲子園記念大会は大会10日目。
決勝戦は済美(愛媛)が土佐(高知)を2−1で破って、初優勝を飾りました。
愛媛県勢の選抜優勝は初。四国勢の優勝は春夏合わせて4度目。

土佐の先発はここまで一人で投げ抜いてきたエース田原、済美は2年の深田。
序盤はお互い要所を締める投球で得点を許さない展開。
試合が動いたのは5回。土佐は2死2塁に1番中里の左2塁打で先制。

一方の済美は安打こそ出るもののバントミスや併殺で拙攻が目立つ内容。
9回ピンチを防いで流れを引き寄せたのかマモノがきたのか先頭の寺内が右安で出塁。
2番3番が倒れたものの4番岸原の四球で2死12塁とすると上松の左適時打で同点。
さらに朝日の右安打でランナーが帰り、土壇場逆転勝利で栄冠をつかんだ。

黒潮灯台以来、高知県勢としては3年ぶりの決勝の舞台に上がった土佐。
この試合も得点を挙げ、堅守と持ち前の野球を展開。
エース田原も一人で5試合を投げ抜いたが、勝利目前で逆転を許してしまった。

自分のを書くのは恥ずかしいですが(^^;
深田、大竹の2年生投手の踏ん張りが光りましたね。
両投手ともサイドでしたが土佐のラインナップは4人が右打者。
特に4番坊西を抑えたのが良かったのかもしれません。
それにしても最後は奇跡に近かったと思います♪

今大会は36校出場の記念大会でしたが実績校同士の対戦が多かった気がします。
大東亜学園、長門探題、浜松商、紀州学院といった高校は実力が安定してますね。
最近は帝王実も力をつけてきて弘道館を下して関東制覇するなど活躍が目覚しいです。

北海道の強豪走馬学園は延長戦2試合など熱戦を展開しベスト8へ。
耶麻農林は第1回大会以来の初戦勝利でしたでしょうか。
球琉灯台が選抜初勝利と古豪が活躍。

初出場校としては遊学館旋風でしたでしょうか。
中山準優勝と春4強入りで実力も本物。
今後は麒麟大付、弘前、名古屋星徳といった新鋭も躍進しそうです。
夏が楽しみです♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/


posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
カミュさん、こんばんは。ご無沙汰しておりました。
青空選抜優勝おめでとうございました。済美、強かったですねえ。
決勝戦は控え投手が先発ということで、これはヤバいな、と思っていたのですが一失点の好投。カミュさん仰るとおり、深田投手、大竹投手の踏ん張りがサヨナラを呼び込んだと言っても過言ではないように思います。

耶麻農林は選抜で勝ってたかな?と思いましたが、第一回は一勝しているのですね。

青空が今度の夏で最後と言うのは残念ですね。カミュさんが一番気合が入ると思われる新潟のチームを見たかったのですが・・・

では、今年もお世話になりました。よいお年を。
Posted by 耶麻農 at 2007年12月30日 02:00
明けましておめでとうございます。
遅くなりましたがありがとうございます♪

VTR見てて9回バント失敗で2アウト…。
あー終わったかなと思いましたが最後は興奮しました。(^^;
久々の優勝で舞い上がりました(笑)。

耶麻農林は初戦の大阪桐蔭戦で2-1で勝利してますね♪
地元のチームは49校の最後に作ろうと思ってました(笑)。
ちょっと残念…。
今年もよろしくお願いします。m(__)m
Posted by カミュ at 2008年01月06日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。