2007年12月26日

第11年度選抜青空、決勝に進んだのは...

第11年度選抜青空甲子園大会は大会8日準決勝。
いよいよ頂点へあと1試合です。

まずは前日の準々決勝、第2試合の幕切れがすごかった。(^^;
2−3で1点を追う長門が9回1、2塁からまず適時打で同点。
そして染田の打席ですが浜商永末が低め、真ん中、そして再び低め。
捕手が後ろに逸らして劇的なサヨナラ。
サヨナラには色々とドラマが…。
ココシミュにはボークはありませんが(笑)。
確か豊田大谷×宇部商でありましたよね。

さて済美(愛媛)、長門探題(山口)、土佐(高知)、遊学館(石川)が4強進出。
今年も8強は西日本勢が優勢でした。

第1試合は済美は2年連続8強入りの長門との試合でしたがこの日も打線が好調。
初回に三崎のHRで先制すると打線が繋がり、中盤で突き放して7−0で勝利。

第2試合は好投手同士の対戦でしたが土佐の得点はいずれも長打攻勢。
勝俣のランニングHRもでましたが守っても遊学館打線に絞らせずに3−0の完封勝利。

そして決勝戦は済美(愛媛)と土佐(高知)の四国対決に。
2校は四国大会準決勝でたいせんしてますが、その時は土佐が1−0で勝利。
今回果たしてどんな試合になるのか楽しみです。

というわけで済美の決勝進出きたー♪
高校は違いますが第2回大会、報徳以来の決勝戦になります。
あの時は日南学園(宮崎)相手に0−5から4点挙げて9回2死3塁。
同点のチャンスでしたが2番手大海投手に抑えられて涙…。
あれから9年ぶり…。
再び青空甲子園の決勝の舞台に立つので大いに楽しみたいと思います♪

http://www81.sakura.ne.jp/~kibisuke/koko/


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。