2007年11月04日

連覇と復活の秋

本日、秋季大会全ての日程が終了。
あとは明治神宮大会のみです。

東海は常葉菊川が走りまくりだ(笑)。
ホームランで勝ち越した菊川が優勝。
昨年に続いて連覇。

▽決勝
中京大中京 000 102 000=3 (中)竹内、細川−田中
常葉菊川高 010 101 02X=5 (菊)萩原、戸狩−栩木

近畿は好投手佐藤擁する東洋大姫路が23年ぶり3度目の優勝。
平安は現行名最後のセンバツになりそうですね。

▽決勝
東洋大姫路 004 000 200=6 (東)佐藤−長尾
平安高校_ 000 100 000=1 (平)川口、松田、安田−児玉

広島勢が初戦敗退や鳥取旋風の中国大会でしたが、
下関商がサヨナラ勝ちで29年ぶり2度目のV。
興譲館も華陵も粘り強そうですが地域性からも興譲館に分があるかな。

▽決勝
八頭高 000 101 010 0=3 (八)平木−平井、徳長
下関商 100 020 000 1=4 (下)濱崎、島田−岡田

四国は明徳義塾が9年ぶり6度目の優勝。
小松島も一時逆転しましたが及ばず…。
寒川は負けられない一戦に大敗が痛かったなー。
新聞でも優位と見られていただけに残念。

▽決勝
小松島高 000 050 000=5 (小)鳴滝、井内−山口
明徳義塾 201 111 00X=6 (明)南野−松村

これで週末から行われる明治神宮大会の組み合わせも埋まりましたね。
改めて…。

▽第38回明治神宮野球大会 −高校の部−
東北×長野日大の勝者×駒大岩見沢
明豊×下関商の勝者×明徳義塾
横浜×関東一
常葉菊川×東洋大姫路


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。