2013年08月29日

堀之内高校

早いところでは秋季大会の予選が始まってますね。
秋の大会って各都道府県で組み合わせ方式が違うので、とても興味がそそられるんですよね。
ホームページのほうでもその辺を作りたいのですが、なかなか時間が取れなくて放置状態(^^;

新潟はというと、2010年の秋から組み合わせ方式が変わったんですよ。
それまでは、ココシミュにあるように、上、中、下越と新潟地区に分かれてのトーナメント。
それぞれのブロックを勝ち上がったチームで再抽選し、県大会を行うという形でした。

2010年からは決勝までの櫓が決められていて、2回戦までは4地区に分かれてだったかな。
2011年からは南北の2支部制になって、今度は2回戦までは同じ支部同士での対戦だったような。
ただ、南北といってもピンとこないんですよね(笑)。
簡単にいえば、加盟校を北と南に分けただけなんですけれど、これがプラスになってるのかどうか。
少なくとも短かった新潟バブルは弾けてるぞ(笑)。

そして、今年からまた変わったみたい。
北支部と南支部に分かれて、3回戦まで各ブロックに分かれての支部予選。
3回戦に勝利した北、南支部の8チームずつが再抽選を行い、県大会を行う方式になったようです。
高野連にある空トーナメントを見ると、県大会の抽選も初戦は北vs南の図式になってる模様。
南北色をより強くしたのかな?ただ迷走してるだけのような(笑)。

さて、もうひとつの話題。
2002年の夏を最後に公式戦に出場してなかった堀之内が松代との連合チームで出場するんです。
むむ!どんなユニフォームなのか興味津々♪
ぜひ取材して写真などを撮って欲しいな。
お願いしますよ(笑)。


posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
少し前に始まりましたが、石川県の場合、秋季大会も全県抽選となります。
ただ、シード8校は甲子園出場校+7チームです。

7チームの決め方は、夏に行われる「シード決め大会」というミニトーナメントで枠ごと(加賀・能登地区…各2枠、金沢地区…3枠)のブロックに分けられ、各ブロック優勝チームがそのままシードとなります。
と言っても、現在は約50チームなので、1枠平均7チーム。3回勝てばシードです。

P.S.
連合チームとはいえ、2002年以来の出場とは凄い。
5年は出場していないはずの内灘、今後はどうなるんだろうな〜。
Posted by 浅田幸一 at 2013年09月16日 01:16
浅田さん、こんばんは。

石川はシード決め大会があるんですね。

堀之内ですが、記事がどこにもないっす。
学校のホームページにチラッとあったけど、試合の写真もなし。

内灘が出場してないことは知ってます(笑)。
夏は2005年からですよね。
連合チームという形でも無理なんでしょうかね。
Posted by カミュ at 2013年09月20日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。