2005年04月17日

組み合わせ決定

第一回春季選抜大会予選の組み合わせ発表されました。
開幕日の変更。予選通過枠の変更もありました。

ブロックを見るとシード校は
豊川稲荷、十字陵、札幌きたよ、智辯和歌山、相模原栄、虎城牢、舞楽館、柳川です。

愛工大名電はAブロックに済美はDブロックに組み分けされました。
BEST4にいけば予選通過できるのでそこが目標です。
展望の通り混戦になるでしょう。

愛工大名電の初戦の相手は秋田南(秋田)です。名電にとって初対戦の相手です。
済美の初戦の相手は六歌仙(南北海道)です。こちらも初対戦の相手です。
体調を整えて試合に臨んで欲しいです。
特に名電は大会第一試合なので緊張しないでがんばって欲しいです。

今日は外野の守備について自分の考えを書きたいと思います。
対戦において外野後進ですが僕はないほうが良いと思っています。
なぜならセンター前二塁打やセンターでフェンス直撃してもシングルヒットになったりし、
視覚的にもどうかと思うことを防ぐためです。
それに三塁打も増えスリリングな展開になると思います。
皆さんはどう思われますか?


posted by カミュ | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
センター前二塁打は、チャットで最近流行語に
なりつつあるワードですね(笑)
Posted by きびすけ at 2005年04月17日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。