2006年11月27日

第1回招待試合は弘道館が制す

第1回「Break!」開設記念招待試合は弘道館が江川学院を5−0で下し初優勝。

静かな序盤で始まった決勝戦。
試合が動いたのは両投手とも交代後でした。
弘道館の島田、江川学院の立石と2年生投手の対決に。
先制したのは弘道館。
主軸の長打攻勢で3点とると脅威の7番打者野見山の一発で突き放します。
9回にも駄目押しの1点を取るとそのまま完封。
島田投手は2被安打1四球の好投。
この日の江川学院は打線が沈黙、散発3安打と糸口が見つかりませんでした。

▽決勝
弘道館  000 003 101=5 (弘道)滝川、島田−海田
江川学院 000 000 000=0 (江川)井之上、立石−千葉

国体を思わせる強豪8校によるトーナメント戦でしたがどれもレベルの高い試合でした。
優勝した弘道館、3位の蒼天義塾は各大会の上位常連校。
江川学院は古豪復活を印象付ける準優勝。
尽誠学園はここに来て戦力に安定感が出てきた感じがします。
次回開催でも選ばれるようがんばりたいです♪

▽試合結果
優  勝 弘道館  (茨城)
準優勝 江川学院(栃木)
三  位 蒼天義塾(徳島)
四  強 尽誠学園(香川)

最優秀選手:野見山(弘道館)
特別賞   :荒谷(蒼天義塾)


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。