2006年11月18日

明治神宮大会、高知が初優勝!

雨で一日延びて開催された第37回明治神宮野球大会。
決勝は打撃に勝る高知が報徳学園を10−5で振り切り初優勝。
國尾、森田と2人の好投手を揃えた高知。
この試合は近田投手は投げませんでしたが報徳相手に10得点。
特に主軸の山本選手は準決勝3ラン、決勝2ランと強烈なインパクト。
前評判の高かった報徳学園もしっかり決勝まで上がって来るところはさすがでした。
これで明治神宮枠は四国へ。
室戸、徳島商が有力ですが、地域性、地力がありそうなのは徳島商か。
でも準決勝の内容が悪いのでどうかな…。
県大会でも、四国大会でも高知にしか負けていない室戸の初選出がくるかどうか。

初戦の好カード、報徳学園と仙台育英は意外に大差がつきましたね。
プロ注目の佐藤由投手ですがこの日は147`をマーク。
配球やコントロールミス、調子でも悪かったのでしょうか...
記事には立ち上がりの悪さが課題とありましたが…。
それでも打ち込む報徳打線は恐ろしい。(^^;

日本文理は千葉経大付との対戦でしたが残念ながら初戦負け。
やはり全国の壁は厚いですね。
特に俊足好打のリードオフマン松本選手には3安打3打点。(T_T)

打撃面、4番の樋口は1打席で交代?したのは怪我でもしてるんでしょうか…。
よく分かりませんが、かなりマイナスになったと思うので残念。
でも全体的に経大付の丸投手相手に8安打とまずまず良かったんじゃないかなー。

投手面ではエース栗山が8回3失点9奪三振。
ただ四球6個とやはり制球力が悪かったみたい。
スライダーは全国でも通用すると思うので課題の制球力に磨きをかければいけるかな?
前澤は制球力は良いほうなのですが1回で4被安打四球2個と厳しい内容。
ちょっと心配です。一年生が台頭してくるかどうか…。

甘いかもしれませんが出場できただけでも大きな事、少しずつ少しずつ。(笑)
色々収穫があった大会だと思うので今後に活かして欲しいです。

これで今年の高校野球も終了。
高校野球ファンには辛い時期ですが、しばらくお休みです。
選手たちが一冬越してどう変わってくるのか楽しみにしています。


posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
おはようございます(^o^)/
さてさて2年後の夏の全国高校野球は北京オリンピックとの混乱を避けるため,8月2日開幕のようです。これは大会史上最も早い開幕だそうです。また抽選は従来の抽選会とは違って,地方大会の決勝の場所で行うみたいです。そして,さらに第90回の選手権大会なので記念として神奈川からは2校選ばれるようです。90回大会は大会期間も長いようなので楽しみです♪

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20061124&a=20061124-00000095-jij-spo
Posted by タカシ at 2006年11月25日 09:25
記念大会ですね。
全部で55校、神奈川から2校。
80回大会では平塚学園も出場でしたね。
横浜は優勝。
川崎の桐光は無論、百合丘、横須賀の久里浜、
西湘の光明相模原、西湘の立花学園...
虎視眈々と狙ってますね。
Posted by カミュ at 2006年11月26日 01:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。