2011年10月23日

秋の北信越大会

第125回北信越地区高校野球大会は、敦賀気比が地球環境に勝利し優勝を決めました。

来春の選抜大会は、北信越地区から敦賀気比と地球環境の2校が濃厚に。
敦賀気比はもう御馴染みですが、地球環境は佐久市にある高校で、野球部は05年に創部。
監督が塚原青雲(現創造学園)で甲子園に導いた時の監督だったかな。

さて、新潟勢は県央工が初戦で不二越工に勝ち、準々決勝で敦賀気比に敗退。
県大会優勝の北越は松商学園に5回コールド負け。
明訓は金沢学院東相手に序盤で5点取ったものの終盤に逆転負けでした。

近年、良い流れできてた県勢でしたが、この悔しさが良い意味でリセットになればいいかな。
総合的に更なるレベルアップが必要ですね。
来年の活躍に期待しましょう。


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。