2006年08月20日

名勝負!互いに譲らず再試合...

第88回全国高校野球選手権大会決勝。

駒大苫小牧の先発は準決勝の智辯和歌山戦に続いて菊地が先発。
対する早実はエース斉藤。

序盤は立ち上がりの悪い菊地を早実が攻める展開に。
駒苫は3回ピンチを迎えるなりエース田中に即交代。
両投手の投げ合いが続いていましたが、試合が動いたのは8回。
ここまで1安打に抑えられていた駒苫ですが三木が均衡を破るソロホームラン!

しかし早実もこのままでは終わりません。
その裏、桧垣の2塁打と中継が乱れて3塁に...
そして4番後藤のセンターへの大きな犠牲フライで同点に追いつきます!
試合は1-1のまま延長戦へ...

勝ち越しやサヨナラの場面もありましたが、両者譲らず引き分け再試合に。
緊迫する延長戦...1球たりとも見逃せない非常に中身の濃い試合になりました。

早実斉藤は15回でも147`を記録してましたね。(^^;
しっかしあの大きなイレギュラーはありえないだろー(笑)
本当に何が起こるかわからない(笑)

夏3連覇か初優勝か!


▼第88回 全国高校野球選手権大会(決勝)
駒大苫小牧 000 000 010 000 000=1 (駒)菊池、田中
早稲田実_ 000 000 010 000 000=1 (早)斉藤


posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
カミュさんこんばんは。
歴史に残る見ごたえのある投手戦でしたね。
斉藤くんは怪物投手ですね。150球超えて、あの低めに147km/hなんてプロでもそうそう出来ませんよね。
田中くんも最後球威は落ちていたように思いますが、気迫で抑え込んでいました。
明日の再試合、個人的には打ち合いの予感がしますが、どうでしょうか。

いずれにしても、甲子園の決勝が終わると夏も終り、という一抹の寂しさを毎年感じているのですが、それが一日延びたと言うのが何とも嬉しいです。
Posted by 耶麻農 at 2006年08月20日 20:56
こんばんは!
それにしてもすごい試合でしたね。
外角低目とかあれは打てない…。
すごすぎます。
終わると脱力感が(笑)
Posted by カミュ at 2006年08月22日 01:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。