2011年06月30日

岩手、秋田、山形、滋賀大会の組み合わせ

岩手大会は74校が出場。
福岡浄法寺が部員不足で不参加です。
シード校は春のベスト8。

第1‐2シード校:花巻東、水沢
第3‐4シード校:盛岡一、一関学院
第5‐8シード校:水沢工、釜石商工、久慈、大東

秋田大会は50校が出場。
統合校の秋田北鷹、秋田翔北は初出場。
春季県大会ベスト8の大曲工、本荘、大館鳳鳴、秋田商、能代、金足農、秋田北鷹、秋田工がシード校。

山形大会は54校が出場。
蔵王が山形明正に校名変更。
金山、真室川が部員不足で不参加です。
第1〜7シードは春季県大会4強の酒南、日大、山形工、山形中央に加え、昨秋以降の公式戦成績により鶴岡東、酒田工、北村山に。
第8シードは、鶴岡工と東海大山形がくじ引きし、鶴岡工が権利を得ました。

滋賀大会は54校が出場。
春季県大会の4強の近江、北大津、綾羽、八幡商がシード校。


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。