2011年06月26日

大阪、和歌山、愛媛大会の組み合わせ

大阪大会は188校187チームが出場。
大阪高専が府大高専に校名変更。
連合チームは大和川・教育センター付。
泉鳥取が初出場。
咲洲、東商が部員不足で不参加です。
大阪の夏はシード校なしのフリー抽選。
3回戦までは南北に分け、北地区、南地区で対戦。
4、5回戦と準々決勝以降は再抽選になります。

和歌山大会は40校が出場。
春季近畿地区高校野球大会県予選で4強入りした箕島、智弁和歌山、南部、向陽がシード校。

愛媛大会は59校が出場。
中山、弓削が部員不足で不参加です。
シード校は秋季、春季大会の戦績から新田、川之江、三島、帝京五の4校。


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。