2006年07月17日

美佑が初優勝...

第3回センバツ青空甲子園大会は決勝。
美佑(京都)が黒潮灯台(高知)を9−3で下して春夏通じて初優勝。

前半美佑、後半黒潮の流れでしたが美佑が逃げ切りました。
序盤から久米投手を美佑打線が襲います。
1点ずつ入れると5回には打者一巡の猛攻で一挙6点。
黒潮灯台は6回まで1安打に抑えられていましたが、7回に反撃。
勢いあったのでポンポーンと5、6点取るかと思いましたが
野田投手が3失点に抑えて完投。
それにしても決勝以外全て延長戦、うちサヨナラ2試合。
まさにミラクル美佑でした♪

▼決勝
黒潮灯台9−3美佑

1回戦   美佑1−0越中灯台 <延長15回>
2回戦   美佑3−2砂ヶ丘 <延長11回>
準々決勝 美佑6−3宇部商 <延長11回>
準決勝  美佑4−3走馬学園 <延長10回>


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。