2006年07月15日

決勝に進んだのは...

第3回センバツ青空選手権大会は準決勝。

第1試合は黒潮灯台が終盤の好機を逃さずに逆転。
第3回夏に続いて2回目の優勝を狙います。
敗退したものの会津日新館はベスト4の好成績。

第2試合は両方共に好機に点を取る持ち味が出た感じの試合。
美佑が肥田のサヨナラ適時打で初の決勝進出。野田投手は完投。
走馬学園は道大会を制して本大会もベスト4。
今大会は新興勢力が台頭してきました。

決勝は黒潮灯台(高知)×美佑(京都)になりました。
黒潮は矢谷、宮上、寺原が打撃好調
そして9番ながら5割とあたっている久米が投打に鍵を握りそう。

一方美佑は野田投手が黒潮打線をいかに抑えるかが鍵。
5番の岡本の前にランナーをためたいです。
サヨナラの勢いもあるので面白い試合になりそうです。

▼準決勝
黒潮灯台4−1会津日新館
美_佑_4−3走馬学園 <延長10回>

▼決勝
黒潮灯台×美佑


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。