2006年03月21日

決勝は富山決戦!

準決勝、富山売薬商が大阪桐蔭を3-2、越中灯台が7-4で慶應を下し決勝へ。
初の富山県同士の決勝戦になりました。

2年連続2回目の富山売薬商に対し初出場の越中灯台ですが、
地区大会では6-2で富山売薬商が勝っています。
中でも4番・高浪には4打数4安打で相性が良く中軸が強力です。
対する越中灯台も攻守にまとまっていて調子も上がってきました。
継投も鍵を握りそうですが諸隈、半田両投手がどこで出てくるか。
富山決戦を制するのはどちらか!いよいよ決勝です。

▼第11日(決勝)
第1試合 富山売薬商×越中灯台


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。