2006年03月14日

静岡遠征2日目...

12日、静岡市の静岡高と同校グラウンドで練習試合を行いました。
第1試合は先発・栗山で被安打8、与四死球5、失点4と投球リズムをつくれず。
打線も散発4安打と繋がらず1-6で敗退。

第2試合は横山が先発で初回に2点奪われたもののスライダー主体の投球で7奪三振。
6回以降は水落が4安打無得点に抑え、打線も石田のタイムリーを含む3連打で5-2で勝利。

監督、選手らのコメント
大井監督「打撃はまだ消極的な面があるので、もっと実戦が必要だ。」
長谷川主将「もう少し守備をよくして、打撃も振り込まないと甲子園では通用しない。」

全体的にはよい試合が組めて手応えがあったようです。
気になるのは体調に違和感を訴える選手が出始めてること...
正捕手の笹島肩の張りで病院の検査で炎症が判明。
長谷川や栗山もひじに違和感や重さを訴え少し心配です。
特に栗山は万全の状態で望んでほしいところですが...
京都外大西戦のことが思い浮かびました。(^^;
明日はいよいよ抽選会です。

▼練習試合
=第1試合=
日本文理 000 000 100=1 (日)栗山、前沢−鶴巻、田沢貴、橋本
静   岡 000 320 10X=6 (静)内田、勝又、原田−田島

<二塁打> 頓所裕(日) 杉山、大山(静)

=第2試合=
静   岡 200 000 000=2 (静)大村、富井、稲葉、吉沢−田島、山崎
日本文理 200 010 20X=5 (日)横山、水落−田沢貴

<二塁打> 海藤(日) 杉山(静)


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。