2010年04月03日

興南、日大三降し初優勝!

今年のセンバツは興南が延長12回に5点を奪って日大三を降し、春夏通じて初めての栄冠。
沖縄勢としては08年春の沖縄尚学以来3回目の優勝。

流れが行ったりきたりで面白かったですね(笑)。
やはり高校野球は守備の乱れや四球など精神的な部分が大きいな。

序盤は島袋投手にキレもなくて守備に乱れもあって一方的な試合になりそうな感じでしたが、
同点、逆転してから徐々に本来の投球を取り戻しましたね。
たたみかける攻撃も面白かったなー。

まぁしかし島袋投手は200球近く投げたんですね。
個人的はどうかと思いますが・・・
山崎投手も170球近くですか。
夏に向けて無理はしないで欲しいですね。

日大三は39年ぶりの春の全国制覇はなりませんでしたが持ち前の豪打を発揮。
山崎投手は打つほうでも凄かったですね。
チーム大会通算最多塁打も00年の智弁和歌山を抜いて大会新でした。

応援団賞の最優秀校には21世紀枠で初出場した川島。

第82回 選抜高校野球大会(決勝)
興南高 000 014 000 005=10 (興)島袋−山川
日大三 021 002 000 000= 5 (日)山崎、吉澤−鈴木


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。