2006年02月13日

黒潮灯台が優勝!

第二回ココシミュ選手権W杯の決勝戦が行われ、黒潮灯台が弘道館を2-1で下して優勝!
黒潮灯台・久米が5回1/3を投げて0点に抑えて石黒が継投。
3回、5回とピンチがありましたが先制を許さず延長10回に2番・日野原の決勝打。
2アウトだったので一気に2者ホームインでしたね。
弘道館もその裏に1点入れさらに2死2塁の同点の好機でしたが石黒投手が踏ん張りました。
終盤にも強く、打線は宮上を中心とした黒潮打線。
尚、最優秀選手賞には久米投手が選ばれています♪


posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
ブログ更新お疲れ様です&黒潮灯台の優勝記事掲載ありがとうございます。
トーナメント戦らしく?継投が功を奏しての優勝だったと思います。
私のチームは接戦を制していくパターンが多いので、決勝は苦しかったものの会心のゲームでした。
久しぶりの優勝でしたがやはりうれしいものですね(^^)
Posted by 燈台守 at 2006年02月13日 23:08
こんばんは!燈台守さん

予選はトップ通過で一発勝負のトーナメントでも結果を出し本当に見事な優勝でした♪
接戦に強かったですよね。
準決勝、決勝での石黒投手のロングリリーフの活躍はやっぱり一番印象があります。
燈台守さんが仰るとおり投打にしっかり軸がいる守りのチーム。
決勝Tでは調子落としましたが予選での寺原君の活躍も大きかったです♪
新チームで早速結果を出すところはさすがでした。
改めておめでとうございます!
Posted by カミュ at 2006年02月19日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。