2009年08月07日

優勝校は!夏のビョーク杯

第4回ビョーク杯争奪全国高等学校野球選手権。
怪物なしの部と怪物ありの部の決勝と3位決定戦が行われました♪

■怪物なしの部
大会展望で2強の遊学館、片貝報徳が初戦で激突するなどで始まった今大会。
強力打線の片貝報徳が制しました。

片貝報徳は上位から下位までムラのない打線が魅力。
特に新井、平松、佐坂の中軸は勝負強かったです。

常葉菊川は打でも非凡な線を持つ工藤を中心とした堅守で勝ち上がってきました。
バッテリーを組む2年生の4番吉本も活躍しました。

3位決定戦は桐蔭学園が3-1で砂ヶ丘を下してます。
こちらも捕手がそれぞれ2年生と1年生です♪

今回は決勝の2校以外にも桐蔭奥浜、PL馬場、佐久碇、
遊学館石川、青森山田池田ら好投手が多かったですね。

福井商、大阪青道は投手力を鍛えてまた挑戦したいですね。
片貝に敗れはしたものの沖縄水産も好チームでした。

▽決勝
常葉菊川 000 000 000=0 (常)工藤−吉本
片貝報徳 011 100 00X=3 (片)新垣−朝倉

▽3位決定戦
桐蔭学園 000 200 010=3 (桐)奥平−長川
砂ケ丘高 000 010 000=1 (砂)菅原−中田

■怪物ありの部
投打に勝る国立が東北を下し初優勝です。

初戦の国立、砂ヶ丘の三木、一ノ関の投げ合いが見ものでしたが、
国立の方が打線は上だったでしょうか。
まさに総合力の勝利でした。
3位決定戦は樹徳が2-1で砂ヶ丘を下しています。

初めて挑戦しましたが東北は健闘♪
終盤まで同点でしたので惜しかった(^^;

▽決勝
東北 000 000 000=0 (東)小橋−富坂
国立 000 000 03X=3 (国)三木−福田

▽3位決定戦
砂ケ丘 100 000 000=1 (砂)一ノ関−山崎
樹徳高 000 200 00X=2 (樹)桃田−石井

http://bjork2005.hp.infoseek.co.jp/kokosim.html


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。