2009年03月30日

清峰戦の感想

文理は静かに初戦敗退。
一言で言えば完敗(笑)。
守備力の差がもろに出ちゃいましたね。
大舞台ではやはり弱点が出る・・・。

本来サードの中村主将が先発を外れ(結局出ましたが)切手選手がセカンドからサードへ。
セカンドには平野選手が入りました。
1点目は仕方ないにしろ2点目が響いたかなー。
やはり大井監督は途中で守備交代したのですが交代直後に中村主将も弾いて(記録は安打)
結局得点圏に進められてタイムリー。
采配も裏目な感じでした。

投手陣は伊藤投手が昨秋よりは安定感が増した感じ。
普通に全国でも勝てる投手だと思うんだけどなー。
夏に向けて更なるアップを期待。
本間投手は良かったですね。秋も良かったし一番成長してると思います。
松田投手は初登板かな?見たことありませんでしたが、
失点はしたものの崩れず大きな経験になったと思います。

打撃陣ですが前半ストレートや変化球を捉えてヒットは出るもののチャンスで一本でず・・・。
中盤以降は今村投手に楽に投げさせてしまいましたね。
力が上の相手に力勝負では敵うはずもなく揺さぶったりしてほしかったなー。
正攻法だけだとちと厳しい…。
毎年のことですがこれが文理野球というなら今後も変わらんでしょう。
まだまだ差は大きい・・・。

富山商も早実に破れ北信越勢は姿を消しました(T_T)。
さて選抜は8強が揃っていよいよ準々決勝。

花巻東の菊池投手の評判がいいので見ましたがすごい左腕。
この時期であの球威に制球力もあるので相手にとっては厳しい。
打線の援護があればもしかするといけるか!?
PLを下した南陽工・岩本投手との投手戦も面白そうですね♪

利府は習志野を9回サヨナラで下してベスト8強入り。
それにしても習志野のブラバンはさすがに迫力あったなー(笑)。


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。