2009年03月21日

適正ポジション

ココシミュでの守備位置や打順を悩むのも楽しみの一つ♪
自分の育成方法としては基本的に素材を生かすやり方をしています(笑)。
人それぞれ育成方法や考え方が違うと思いますが自分なりの適正ポジションを書いてみました。

○捕手
捕手+を持ってる選手やCリードが高い選手をまず優先的に起用します。
さらに守備力が高く肩が強い選手なら尚良し(笑)。

○一塁手
主に打撃能力が高い選手を置きます。
他は気にしません♪

○二塁手
守備力が高く守備範囲(走力)が広く反応のいい選手を起用します。
肩はあった方がいいですが無くても気にしません。
送球も大事ですね(笑)。

○遊撃手
センターラインの要でもあるポジション。
守備力、走力、強肩、反応など総合力が内野手で一番高い万能選手を置きます。
この辺は大体同じですね。

○三塁手
できれば強肩、反応がいい選手を置きます。
ココシミュだとバント処理の概念が余り無いので特に重視はしないポジションです。

○左翼手
外野の中では肩や走力はそれほど重視しません。
打撃重視ですが守備力はあるに越したことは無いですね。

○中堅手
こちらも守りの要で走力が高く守備範囲が広い選手を起用します。
中継プレーで三塁打を阻止するなど肩もあったほうが良いですね。
反応がよければさらにマル。

○右翼手
どちらかというと走力より肩を重視します。
自分の場合は進塁を防ぐためですね。
ちなみに松山商×熊本工のあのシーンは何度見ても興奮します(笑)。
解説実況も含めて名シーンですね。

こんな感じで大会前などスタメン決めてます(笑)。
さて日付変わっていよいよ本日から選抜が開幕。
天気がやや心配ですが楽しみなシーズンがやっと来ました♪


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。