2009年01月23日

明野、春制す!KB選抜青空

第2回選抜青空大会は三重代表の明野が兵庫代表報徳学園を5-1で下して初優勝!

決勝は明野が先制されたもの終始落ち着いた試合運び。
3回に逆転に成功すると8回には駄目押しの1点を追加して5-1で勝利。
地区大会では跳びぬけた選手はいませんでしたが試合毎に強くなっていった感じでした♪
永谷投手は下手投げからのコントロール重視でそれに応える打線。
長谷川から始まる打線は乙武、稲嶺といった下位打線まで当たってました。
特に桃太郎こと4番の桃田が本大会に入って一気にブレイク(笑)。

報徳も前評判は高くなかったですが里中を中心に勝負所で得点するなど、
試合巧者な面も見られて良かったです♪
またしても報徳悔しーっです(>_<)

▽決勝
報 徳 010 000 000=1 (報)里中、脇川−山之内
明 野 003 100 01X=5 (明)永谷−浜村

今大会はベスト4が全て西がやや強かったか(笑)。
投手も徳商の後や遊学館の石井らが実力通りのピッチングを披露。
熊工の白野も横手投げながら三振を多く取ってました。
ベスト8の立役者三沢の天池、松商の塩川もいい素材で夏が楽しみです。
今大会は技巧派が多く、打者も手こずる場面が多く見られましたね。

打者はベスト4に残ったチーム中心でしょうか。
明野の選手初め1年から出ていた熊工の大谷、鍵本など大きく成長したかな?(笑)。
序盤で敗れたチームの中にも光る選手もいてこちらも楽しみ。

初戦で惜敗の空想や明野に終盤までリードしていた弘道館の巻き返しも期待します♪
本大会に進めなかった学校や新しい学校らも夏は出てくると思います。
そして新球場は使われるのか?!
まだ分かりませんが夏に向けて頑張りたいです♪

http://suricogi.sakura.ne.jp/


posted by カミュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。