2008年10月12日

北信越大会、開幕!

北信越大会も今日から開幕。
航空二を見たかったので雨で1日ずれたのが幸い(笑)。

今日は少し肌寒かったですが日差しが出て秋らしい日になりました。
第1試合は東海大三×日本文理の試合。
東海大三の熱い応援!
東海大三の先発は背番号1の百瀬投手。
文理は背番号1の伊藤投手です。
試合は伊藤投手が東海大三打線に付け入るすきを与えず見事な投球。
球のキレもあり今日の4校の中では最も安定感が抜群でした。
守りも大きなミスがなく守りの勝利と言ってもいい程の出来でした。

打線のほうは長打に犠飛などで得点を重ねて計5得点。
だったものの…今日はバントが一つも成功しなかったような気が…。
数自体も少ないですがちょっと厳しすぎる(笑)。
後はお決まりのポップフライの連続。(^^;
これだとせっかく押していても拙攻で流れを失うパターンになるので、
単調にならないようにしてほしいなー。
東海大三のエース百瀬投手!
東海大三の百瀬投手はセットからでしたが今日は四死球も多く制球力が悪かったです。
引っ掛けさせる感じで低目を意識してた感じでしたが補逸で失点するなど守備の乱れも…。
それ以外はほとんどミスがなく中堅守に一つファインプレーはすごかった!
9回から登板した左腕の鈴木投手は大型で球威はまだまだも今後が楽しみな存在と思います♪

▽第1試合
東海大三 000 000 000=0 (東)百瀬、鈴木−功刀
日本文理 002 021 00X=5 (日)伊藤−若林

さて第2試合にはいる前に新潟商が星稜に勝利したとのアナウンスが!!!
途中経過でも観客から拍手やどよめきがあったのですが嬉しかったですね♪
まさかチョ〜苦手の石川勢、しかもあの星稜に勝つとは…。

興奮冷めやらぬまま第2試合(笑)。
今日のお待ちかね長野日大×航空二です。
シートノック開始!時間は7分間です(笑)。
航空二の観客席を見るとなんとブラバンにチアが大挙!!!
演奏も甲子園のアルプスに負けないくらいの演奏力で最高でした♪
あの制服を着てる人もいて予想通り楽しめました♪
航空二、応援盛り上がったよー♪
先発は日大が本格派右腕、背番号1の加藤投手。
航空二は背番号10のサイドスロー浜田投手です。
サイドスローの浜田投手!
日大先制もブラバン効果か(笑)航空二もすぐに逆転。
両者共にバントをしっかりやり得点圏に進める堅実な野球。
中盤まで粘りの投球で好ゲームになりました。
1年生エースが要所をおさえ完投!
日大はなんといっても機動力!
少し隙があったり外野手の捕球が遅れると次の塁を奪う走塁は圧倒。
そういうのが力の差となって中盤以降に点差を広げました。
航空二も5点取られてエースに投手交代したのですが(やや遅かったか)、
その田中投手は上背があり球威もあってここで負けるのはもったいない投手でした。
日大の加藤投手は制球に少し乱れがありましたが要所をおさえての完投。
相手にしたらなんとも嫌なチームだと思います。

▽第2試合
長野日大  011 003 001=6 (長)加藤−小林
日本航空二 020 000 000=2 (日)浜田、田中−岡本

その他、富山商が7回コールドで2回戦進出。
先ほど書いた新潟商も星稜に競り勝って初戦を突破しました。

▽1回戦
富山商 001 024 0=7 (富)村上−木戸
大 野 000 000 0=0 (大)宮口了、荒川、田中翔、増田−笹川

新潟商 401 001 000=6 (新)栗林、小柳−村山
星 稜 020 101 000=4 (星)宮本、川口、高田、冨田−糸畑

http://www2.ocn.ne.jp/~kouyaren/


posted by カミュ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
お久しぶりです。
うーん、石川勢の調子はいまいちですな…。
来年の春も諦めます。

P.S.
新潟県高野連のサイトを見ようとして、大会結果をクリックしたら、「そのページは見つかりません」と出てきた。
思わず笑ってしまいました。(爆)

P.P.S.
大会サイトを更新する時間は、今のところありません。(汗)
Posted by 浅田幸一 at 2008年10月13日 00:33
こんばんはー浅田さん。
航空二は負けましたがいい試合をしてました。
サイドスロー浜田投手はいいです。
今後が楽しみですね。

高野連そんなことが(笑)。
前もあったような…。

大会は了解しました。
お休みでいいのかな?
Posted by カミュ at 2008年10月14日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。